Bank of AmericaとWells Fargoが不渡小切手の費用をカット

Author: Iskander Ziyanurov
18.01.2022

借り越しや預金不足に対する費用や方針は2大銀行によって見直されました。

今週、Bank of AmericaとWells Fargoは借り越しサービスを見直して費用を下げました。5月からBank of Americaは借り越しペナルティを35ドルから10ドルに値下げすることと同時に、借り越し保護の送金費用を廃止します。

1月11日付の記者会見で同行は2月から「預金不足」ペナリティと呼ばれる不渡小切手に対する費用を廃止することを発表しました。

Wells Fargoも同様に3月から預金不足費用と借り越しから保護する費用を廃止すると発表しました。これに伴って消費者は借り越し費用が発生するまで24時間与えられ、今までよりも2日間前に入金した資金を引き出すことが可能になります。

Wells Fargoの消費者・小規模ビジネスバンキング部門の代表取締役社長、メアリー・マック氏によると、この改善点は顧客のニーズを満たすうえで選択肢と柔軟性をもたらすとのことです。

もっと読む
もっと読む
Industry News
13.05.2022
Big Banks Invest In Institutional-Grade Crypto Trading Platform Talos
Following a $105 million Series B funding round, Talos, an i...
もっと読む
Industry News
02.05.2022
Financial Coalition To Trial Faster Cross-Border Payments Between Europe And The US
With bank support on both sides of the Atlantic, EBA Clearin...
もっと読む
Product Updates
29.04.2022
B2Core Releases New Update With Currency Configuration, Payment Providers, and Event Calendar
Have you ever wished you could just schedule your life? Well...