仮想通貨の流動性とリクィディティー・

プロバイダーの選び方
具体的な条件に合致した仮想通貨のリクィティー・プロバイダーの選び方について。仮想通貨の流動性についても詳しく説明しています。
Author: Author: Rosemary Barnes
Time to reading: 8 minutes
18.09.2020

仮想通貨の流動性について

流動性という言葉は一般的に金融市場で使用される言葉で、資産の現金化の容易さを指しています。仮想通貨に関して言えば、流動性とはコインの現金化や他のコインへの交換の容易さを指しています。

仮想通貨を含む全ての売買可能な資産にとって流動性はとても重要です。流動性が低いと市場の変動が大きく、仮想通貨価格が急上昇する要因となります。一方で、流動性が高いと市場は安定し、価格の変動も小さくなります。

このため、流動性の高い市場の方が仮想通貨を売買しやすく、マーケット参加者も多いため早く約定することができます。よってスピードが早い仮想通貨市場においてスピーディーな取引が可能となります。

仮想通貨の取引を行うにあたって流動性という概念を理解することは大事です。流動性の定義とは資産の現金化の容易さやスピードを指します。仮想通貨の流動性に関して言えば、 コインの現金化や他のコインへの交換の容易さを指しています。



流動性の重要性について

高い流動性を確保している取引市場は、参加者が多い事によって適正な価格での取引を可能にし、理想的な取引環境となります。取引が活発に行われている市場は全ての参加者に受け入れられやすい均衡を保ったマーケット価格を形成する傾向があります。

高い流動性は価格の安定性を確保し、大きなトレードによる急激な価格変動やマーケットリスクの影響を受けません。流動的な取引市場には参加者が多数存在するため、大きなトレードが行われてもそれを吸収し、価格を安定させることができます。

高い流動性があるとテクニカル分析の精度は上がります。これは流動性が高い市場に基づく価格のチャート形成はより成熟しており、正確なためです。



流動性に影響を与える要因

仮想通貨市場の流動性に影響を与える主な要因は取引量です。どの仮想通貨時価総額ランキングサイトを見ても、1日の取引量を確認することができます。取引量が高ければより多くの人がそのコインを売買していることになります。当局による知識不足や曖昧なガイドラインのせいで仮想通貨の取引は今まで主に愛好家に限られていたのですが、最近は一般の人でもビットコインや仮想通貨取引に興味を持ち、取引を始めています。

仮想通貨の取引所が多ければ多いほど人々にコイン取引の機会を多く与えることになりますが、近年まさに取引所の数が増えてきました。取引量と頻度が多くなればなるほど流動性は高まります。

使い勝手の良さも流動性に影響を与える要因です。支払い方法としての仮想通貨の利用が増えれば、その分流動性が高まります。そのためには、仮想通貨を支払い手段として受け入れるお店や業者が増えることが大事で、増えることによって仮想通貨の取引を促進することができます。

最後に、規制は大事な役割を果たします。国によって仮想通貨に対するスタンスは様々で、禁止されている国もあれば、許可されている国もあり、紛争中の国もあります。各国の状況はどうあれ、仮想通貨は速いペースで伸びているので、当局が消費者保護や税金に対するスタンスを明確にし、より多くの人々に参加してもらうことによって 、流動性を高めることができます。

一番良いリクィディティー・プロバイダーを選ぶためには、ブローカーは自分たちの具体的なニーズを把握し、いくつかの要因を考慮した選択をする必要があります。



リクィディティー・プロバイダーを選ぶ際のポイント

一番良いリクィディティー・プロバイダーを選ぶためには、ブローカーは自分たちの具体的なニーズを把握し、いくつかの要因について考える必要があります。

何が提供されているのか。 ブローカーは主に、リクィティー・プロバイダーが扱っている資産や流動性の供給のタイプ等、提供されているパッケージを全体的に分析する必要があります。多様な資産の流動性の供給とFIXプロトコルや過去データへのアクセスが必須となります。更に、通貨ごとの指定口座のオプションがあることや、全ての主要なステーブルトークンやコインの入出金が可能であることが理想です。

市場の深さ。 市場の深さもまた大事な要因です。これは特定の通貨の流動性や深さの指標になります。各価格帯での売買注文の数が多ければ多いほど市場が深いことを意味します。

取引執行速度。 リクィディティー・プロバイダーはリクオートやスリッページが起きた際の速い取引執行機能を有する必要があり、 インパクトの強いマーケットニュースが出ているときは特に必要となります。

Pricing. A liquidity provider’s price offering must include spreads which are competitive as well as low commissions and swaps with no compromise either side.

データ・フィード。 リクィディティー・プロバイダーは安定的で信頼性のあるデータ・フィードを提供する必要があります。価格フィードは全ての関連する取引所やFXのインターバンクマーケットからのリアル・タイム価格を反映する必要があります。価格データ 供給の遅れはギャップにつながる可能性があります。

信頼性。 リクィディティー・プロバイダーはブローカーと同じように規制されるべきで、業界のベストプラクティスを用いて運営し、プライムブローカーのバックアップがあることが大事です。

報告書作成機能。 リクィディティー・プロバイダーは各種規制に対応する自動で確実なレポーティングシステムを有すべきです。よくあるレポートには、取引レポート、FIXブリッジレポート、スワップおよびロールオーバーレポート等があり、オーダーブックへのアクセスが必須となります。

ソフトウェア。リクィディティー・プロバイダーはFIXプロトコルや他のAPI、MT4/MT5 ブリッジ、FIXブリッジを実装すべきです。



仮想通貨の流動性を供給するB2Broker

仮想通貨取引の人気上昇に伴い、流動性に対する需要が明らかになり、多くのブローカーはこの新しいニッチ産業に便乗しようとしています。そんな中、B2Brokerは仮想通貨の流動性供給者の業界リーダーの一員として多くのメジャーまたは小さなFXブローカーと、複数の取引所に流動性を供給しています。

B2Brokerが提供する仮想通貨の流動性のサービスはブローカーにとって頼もしく、簡単に実施できるソリューションとなります。B2Brokerはベスト・ビッド・オファー(BBO)を実施しており、マッチングしない注文を複数の仮想通貨取引所やリクィディティー・プロバイダーへと分散し、スリッページを最小限に抑えます。このため、スプレッドの縮小、手数料の低下 、マーケット執行スピードの向上、レジェクションがなくなる 、強力なマッチングエンジンで1秒に何万もの注文を処理することができるなどのメリットがあります。

B2BrokerはMT4、MT5、 One Zero、 Prime XM、 Integral、 B2Traderの6つの取引所と繋がっており、FIX API, Rest API, Socket APIを通じてどのシステムにも繋がることができます。どんなトレーディング・システムに対しても流動性を供給できます。CFDの流動性、現物の流動性、現物取引、そしてOTC取引を供給します。

さらに、B2Brokerは米ドルとユーロだけでなく、BTC, XRP, ETHといった仮想通貨の指定口座も供給しています。B2Brokerはまた、 主要なステーブルトークンや仮想通貨の入手金を可能にすることによって遅れを最小化し、銀行等の第三者機関を不要とします。米ドルと1対1で連動しているステーブルコインであれば速い入出金が可能となります。

最後に、ブローカーは私たちのリクィディティー・プールに5分でつなぐことができます。私たちのリクィディティー・サービスについてはこちらまで。

    cryptocurrency liquiditycryptocurrency marketsbest liquidity providermarket depthmatching engine
バック
もっと読む
もっと読む
Product Updates
07.07.2022
B2Broker Announces Latest B2Core Update Including New Features and Integrations — July 2022
B2Broker is delighted to announce the latest release of the ...
もっと読む
Articoli
07.07.2022
How Do Liquidity Pools Work in Crypto?
This article discusses the definition of a liquidity pool, i...
もっと読む
Articoli
07.07.2022
Why is the Forex Market so Liquid? – Volume & Liquidity
Foreign exchange, or Forex, is the biggest financial market ...