Iこの記事で

シェア

New Survey Reveals 83% of Millennial Millionaires Now Own Crypto

業界ニュース

Reading time

CNBCの新たな調査によると、ミレニアル世代の富裕層の大半が多くの資産を仮想通貨に投資しており、2022年も継続する意欲を表示していることが分かりました。同調査は100万ドル以上の資産を持った投資家を対象としており、富裕層の83%以上が仮想通貨に投資したと述べている。

調査に応えた53%の過半数がポートフォリオの半分以上が仮想通貨であると述べています。調査に回答した約3人に1人が資産全体の75%以上を仮想通貨に投資していることが判明。調査結果に驚く人もいるなか、2021年の仮想通貨バブルを追った人はTikTok投資家がミーム通貨で数百万ドルを得たことを思い出すでしょう。

CNBC調査は投資の観点で年齢層による違いを指摘しています。ミレニアル世代の50%が資産の半分まで仮想通貨に投資する一方、上の世代のわずか4%しか投資しておらず、さらにX世代の間では25%を推移しています。

CNBCの調査を実施したSpectrum Groupの社長、ジョージ・ワルパー氏によると、まだ発展地上の仮想通貨市場に対する若い世代の関心は富裕層向け資産管理会社にとって問題になる可能性があります。従来の資産管理会社はこのような新たな投資家への対応を再検討しなければならないと述べました。

調査は若い世代が従来の市場よりも仮想通貨に対して投資する姿勢を示していることを明らかにしました。ミレニアル世代の富裕層の48%が翌年に仮想通貨への投資を増やす姿勢を見せるなか、38%が保留にする一方、わずか6%が仮想通貨への関わりを最小限に留めることが調査で分かりました。

シェア