Iこの記事で

によって

Nato Maisuradze

With a Bachelor's Degree in International Journalism, my career has taken me through diverse industries. I began in the banking sector, gaining valuable insights into finance over five years.

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

マーケットメーカーとは何でなぜ市場で必要とされているのでしょう?

Easy
Reading time

金融市場のこれまでの進化においては、その起源と発展にまで遡り非公式の集まりから組織的な取引へと発展してきました。市場がトレーダーが物理的にやりとりするオープンな抗議システムからプロセスを合理化し効率を高める電子取引プラットフォームに移行するにつれて市場力学における取引のスピード、アクセスしやすさ、自動化の向上の促進に繋がりました。

マーケットメーカー (MM) は流動性と継続的な取引機会を確保するために現代の進化の中心となってきています。この記事ではマーケットメーカーの役割や市場での主な役割について説明していきます。

重要なポイント

  1. マーケットメーカーとは相場価格での証券を売買に積極的に関与する組織を指しています。
  2. 流動性の提供と買値と売値のスプレッドから利益を得ることがMM (マーケットメーカー) の中核的な機能となっています。
  3. マーケットメーカーの主なタイプには自動マーケットメーカー、指定マーケットメーカー、暗号マーケットメーカーの3つが挙げられます。
  4. マーケットメイキングの未来は技術の進歩、世界市場の統合、進化する規制環境の克服などに大きくかかっています。

マーケットメーカーの定義

Who are Market Makers?

現代のマーケットメーカーは流動性を提供して相場で資産を売買することで金融商品の取引を容易にする金融仲介者または金融機関であり、流動性を高めて買値と売値のスプレッドを縮小することで金融市場において価格効率を促進して市場全体の安定に貢献する重要な役割を果たしています。MMは証券の売買に積極的に参加することで、価格を継続的に提示して市場が円滑で秩序あるものになるようにします。

主な機能

Market Maker's

マーケットメーカーの主な役割や機能を見ていきましょう:

流動性の提供

金融市場に流動性を提供する上で重要な役割を果たす金融機関であるマーケットメーカーですが、マーケットメーカーは流動性を提供することで価格に大きな影響を与えることなく資産を売買できる容易さを指します。さらに、MMは金融商品を相場価格で売買することを提案することでスムーズな取引の促進に繋がります。

買値と売値のスプレッドの設定

入札価格は買い手が証券に対して支払う意思のある最大金額であり、提示価格は売り手が受け入れる意思のある最低金額です。買値と売値のスプレッドはこれら2つの価格の差でありマーケットメーカーの利益率も表しています。

一般的にマーケットメーカーは資産のボラティリティ、取引量、市場の競争レベルなどの様々な要因に基づいて買値と買値のスプレッドを決定します。

注文フローの管理

MMは市場における買い注文と売り注文の継続的なフローを管理することから、主にマーケットメーカーは仲介者として買い手と売り手をマッチングしたりその逆も行ったりします。マーケットメーカーは市場の状況に応じて買値と売値を調整することで需要と供給の安定したバランスを目指しています。

マーケットメーカーは注文の流れを積極的に監視して在庫を調整することで、大きな価格変動を防ぎ安定した市場状況を維持するのに役立ちます。注文フローの管理におけるこの積極的な役割は市場全体の安定性と投資家の信頼にとって非常に重要となります。

現代のマーケットメーカーとその役割について

Modern Market Makers

現代では自動マーケットメーカー (AMM)、指定マーケットメーカー (DMM)、暗号マーケットメーカー (CMM)の3種類のMMが人気を集めています。以下では、各マーケットメーカーをそれぞれ詳しく見ていきましょう。

AMM

取引所などの従来の仲介業者を必要とせずにデジタル資産の取引を容易にする分散型金融プロトコルである自動マーケットメーカー (AMM)ですが、AMMはブロックチェーンプラットフォーム上で動作してスマートコントラクトを採用して流動性の提供と資産交換のプロセスの自動化に努めます。

従来のオーダーブックベースのシステムとは異なり、AMMではユーザーが資産を預けることができる流動性プールを使用して様々な取引ペアに対する流動性を提供します。これらのプールはアルゴリズムで管理されており、価格は数式 (多くの場合において一定の製品の式) に基づいて決定されます。ユーザーはプールに対して直接取引でき、スマートコントラクトはバランスを維持するために価格を自動的に調整します。

分散型金融 (DeFi) プラットフォームによって普及したAMMにより、世界中のユーザーが許可不要でアクセス可能な取引を可能にすることで金融サービスの民主化に大いに貢献してきました。

DMM

指定マーケットメーカー (DMM) は特定の証券取引を促進を行うマーケットメーカーであり、市場の流動性を維持するために証券取引所によって任命された専門の個人または企業を指しています。

一般的なMMとは異なり、DMMは市場の安定性を高めることで継続的な入札を提供することで割り当てられた株式の相場を尋ねます。これらはオーダーブックを積極的に管理して買値と買値のスプレッドを縮小することでボラティリティの軽減に繋がり、トレーダーの価格発見において重要な役割を果たします。

DMMは買い手と売り手の間の仲介者および公正で秩序ある市場の確保に役立ちます。この概念は従来の証券取引所で一般的に採用されており、DMMは市場の円滑な機能に貢献することで投資家の信頼を醸成します。

CMM

暗号マーケットメーカーは従来の金融市場と同様に機能しますが、分散型であることからほぼ24時間年中無休のデジタル資産の世界内で上手に機能します。

様々な暗号通貨の売買価格を継続的に提示することでトレーダーがすぐに利用できる市場を確保します。CMMは集中型取引所で動作することでオーダーブックへの貢献、DeFi環境、自動マーケットメーカープロトコルへの参加などが行われます。

作動原理と戦略

How market makers

上記で説明したような機能を使って利益を上げるために、マーケットメーカーは日常の作動において様々な戦略を導入しています。

裁定取引の機会

裁定取引には異なる市場または異なる時点での同じ資産の価格差を利用することが含まれていることから、マーケットメーカーは価格設定の非効率性から利益を得るために裁定取引を行います。

彼らは様々な市場や取引所での買い値と売り値の間の差異を特定することから、一時的な価格の不均衡を利用して安く買って高く売る取引を実行します。この戦略は市場全体で価格を調整するのに役立ち市場の効率化に貢献します。

リスクの管理

MMは取引活動に関連するリスクを積極的に評価および管理します。これには市場のボラティリティの監視、在庫レベルの調整、潜在的な損失を相殺するためのヘッジ戦略の採用などが含まれます。財務の安定を維持するためには、リスクを特定して軽減することは非常に重要となります。

マーケットメーカーのリスク管理において、高度な技術ツールやアルゴリズムは非常に重要となります。自動化システムは市場の状況をリアルタイムでの監視や状況の変化に迅速に対応できることから、これらのテクノロジーは取引の実行、ポジションヘッジ、リスク軽減戦略の迅速かつ効率的な実施などに役立ちます。

トレンドに逆らった取引 – 逆張り戦略

MMは一般的な市場トレンドに逆らって取引する逆張り戦略を採用することがよくありますが、それを取り入れることでトレンドからの短期的な逸脱を利用して下降トレンド中の買いや上昇トレンド中の売りが発生します。

この逆張りアプローチはトレンドに逆らって取引することで市場を安定させる役割も果たすことから、市場が長期的な軌道から一時的に逸脱した場合でも利益を獲得することができます。

マーケットメーカーが利益を得るには

一般的にマーケットメーカーは証券の買い値と売り値の差を利用して利益を生み出します。さらに、特定の証券を保有することで価値が下落する可能性があるリスクを負う際に発生する報酬を受け取ることができます。

Apple株の買値が$60であるのに対し売値が$60.10であったとしたら、マーケットメーカーがApple株を$60で買って現在$60.10で売却しているために$0.10の利益が得られたことを示しています。

Citadel Securities LLCは世界最大のマーケットメーカーの1つでマイアミに本社を置いており、現在では50ヵ国以上で活動しています。

基本概要

マーケットメーカーとその他の市場参加者

Market Participants

財政市場の複雑さを克服するには市場参加者が持つ特有の役割を深く理解することが重要です。主な市場参加者の比較は次の通りです:

ブローカーやディーラーとの違い

金融市場においてマーケットメーカー、ブローカー、ディーラーはそれぞれが異なる存在であり、主にMMは流動性を提供して買値と買値を継続的に提示することで取引を容易にしてくれる役割を果たしています。

一方でブローカーは仲介者として機能して有価証券の在庫を持たずに買い手と売り手を結びつけ、ディーラーは自分の口座で証券を売買することで取引を行う人を指しています。

まとめると、マーケットメーカーは流動性の促進が主でブローカーは取引の促進が主でディーラーは自らの利益のために取引を行う人を指しています。

流動性プロバイダーと市場トレーダー

金融市場においては、流動性プロバイダーが資産の売買注文を出すことで市場の厚みに貢献します。マーケットメーカーとは買い値と売り値のスプレッドから利益を得るために市場の両側で積極的に価格を提示する特定の種類の流動性プロバイダーを指しています。

全てのマーケットメーカーは流動性プロバイダーとなりますが、全ての流動性プロバイダーがマーケットメーカーとして機能する訳ではありません。どちらの役割もMMによる市場の流動性の強化において重要な役割を果たす継続的な引用やスプレッド管理に重点を置いています。

機関投資家との交流

投資信託やヘッジファンドなどの機関投資家との対話において、マーケットメーカーは重要な役割を果たします。機関投資家は大規模な取引を実行することが多いことから、MMは市場価格に大きな影響を与えることなくこれらの取引を吸収するために必要な流動性を提供します。

相対取引とオーダーブックの管理者であるMMは、市場への影響を最小限に抑えながら効率的に取引を実行できるように機関投資家をサポートします。

市場規制と監視

規制の枠組みは公正かつ透明な市場運営を確保するためにも金融業界の規制当局によって確立されています。

当局は投資家を確実に保護する為に、市場操作を防止して市場全体の健全性を維持するために様々なルールを設定することがよくあります。基本的にマーケットメーカーは定期的な報告、財務情報の開示、一定レベルの自己資本の維持など特定のコンプライアンス要件を遵守する必要があります。

コンプライアンスには利益相反の回避や全ての市場参加者の公平な扱いの確保などの倫理的配慮も含まれていることから、MMが合法的かつ責任を持って活動するにはこれらの要件を満たすことが非常に重要となります。

直面する様々な課題

Market Maker's

現在のマーケットメーカーはボラティリティの増大と市場の不確実性に対処するという課題に直面しています。突然の価格変動や予測不可能な市場状況は、秩序ある市場を維持する能力に影響を及ぼしリスクの増大や潜在的な取引損失に繋がる高い可能性があります。

また、技術的な課題についても言及する必要があります。株式市場のペースは非常に速く流れるために常に進化するテクノロジーに継続的に適応し続ける為にも注文執行、リスク管理、市場分析のための堅牢かつ効率的なシステムなどが必要になります。

技術的な不具合や障害が発生すると業務が中断されることから、適時に流動性を提供する能力などに何らかの影響が出る可能性があります。

これからのマーケットメーカーのトレンド

マーケットメーカーの未来はこれからの技術の進歩と市場のグローバル化に大きく作用されます。さらなる人工知能や機械学習の影響を受けることで高度の予測分析やリスク管理が可能になります。

さらに、高頻度な取引は迅速な実行のための高度なアルゴリズムを活用することでマーケットメーカーに大きな影響を与え続けています。

進行中の規制変更が市場形成の将来を形成することでコンプライアンス戦略や運用慣行に大きな影響を与えます。

マーケットメーカーの実例

XYZ株の取引に携わるマーケットメーカーが関与するシナリオを考えてみましょう。マーケットメーカーが100×500の数量で$10.00~$10.05の見積もりを提示したとします。これに関連して、マーケットメーカーが入札価格$10.00で100株を購入すると同時に提示価格$10.05で500株を売却する予定とします。

その後に市場のその他の参加者は$10.05でオファーを受け入れてマーケットメーカーから買う (オファーを上げる) か、入札価格$10.00でマーケット メーカーに売る (入札に達する) かを選択できます。この動きは取引を促進して買値と買値のスプレッドを確立する上でのマーケット メーカーの役割を分かりやすく示しています。

賢い人は他人の失敗から学びます。以下では、マーケットメイクにおける注目すべき失敗や学ぶべき教訓を見ていきましょう。

2012年にはKnight Capitalの取引アルゴリズムの不具合により多額の損失が発生しました。このバグによってシステムは大混乱に陥り電光石火のスピードで株が売買された結果、わずか45分で数百万ドルの損失を被ることになりました。

Knight Capital Groupが気付いた時には4億4,000万ドルの損失を被っていました。この事件はアルゴリズム取引に関連するリスクと堅牢なリスク管理システムの重要性を世間に浮き彫りにしました。

この訴訟はマーケットメーカー企業の成功または失敗におけるテクノロジー、リスク管理、コンプライアンスが持つ重要な役割を強調しています。

成功した企業はイノベーションと適応性の利点を示しますが、失敗は慎重なリスク管理の重要性と業務上の欠陥による潜在的な影響を強調します。

現在注目すべきマーケットメーカー

Global Exchanges

マーケットメーカーは投資家に取引サービスを提供して世界の証券市場の流動性を高める上で重要な役割を果たしています。以下では、様々な取引所で注目すべきものをまとめました:

NYSEとNasdaq (米国): NYSEはリードマーケットメーカーを“ETP保有者または登録企業”と定義しており、Nasdaqではマーケットメーカーを“表示価格で証券を売買する会員企業”と認定しています。著名なニューヨーク証券取引所のマーケットメーカーにはCredit Suisse、Deutsche Bank、Goldman Sachs、KCG Americas、Timber Hillなどが挙げられます。

フランクフルト証券取引所 (ドイツ): ドイツの証券取引所が運営するフランクフルト証券取引所はマーケットメーカーを“指定スポンサー”と呼んでいます。Xetraプラットフォームの主要企業にはBerenberg、JPMorgan、Morgan Stanley、Optiver、UBS Europeなどが含まれます。

ロンドン証券取引所グループ (英国): ロンドン証券取引所は巨大なロンドン証券取引所グループの一部です。ロンドンの著名なMMにはBNP Paribas、GMP Securities Europe、Liberium Capital、Mediobanca、Standard Charteredなどが挙げられます。

東京取引所グループ (日本): 東京証券取引所と大阪証券取引所が統合して誕生した東京取引所グループは信頼できる取引の場を確保を目指しています。JPXによると、注目のMMにはABN AMRO クリアリング、日産証券、野村證券、フィリップ証券、Societe Generaleなどが挙げられます。

トロント証券取引所 (カナダ): カナダの金融の中心地であるトロントにはTMXグループが所有する最大の取引所であるトロント証券取引所 (TSX) があります。TSXに上場されているマーケットメーカーにはBMO Nesbitt Burns、Integral Wealth Solutions、Questrade、Scotia Capital、TD Securitiesなどが挙げられます。

まとめ

MMは流動性を提供して秩序ある市場を維持することで買い値と売り値を提示することで効率的な取引を促進します。これらは金融市場の流動性、安定性、全体的な機能を促進する上で極めて重要な役割を果たし、堅牢で効率的な取引エコシステムの基盤に貢献します。マーケットメーカーの明るい未来はこれからの技術の進歩、世界市場の統合、進化する規制状況に大きく左右されます。

よくある質問

マーケットメーカーは何をする人ですか?

マーケットメーカーは投資家に取引サービスを提供して市場の流動性を高めることで、市場規模に加えて特定の証券の入札やオファーを具体的に提供してくれます。

マーケットメーカーは違法ですか?

ブローカー、ブローカー/ディーラー、金融機関、マーケットメーカーは違法な利益を得る目的での株式や、その他の有価証券の価格や市場の動きを人為的に変更しようとすると重大な責任を問われる可能性があります。

マーケットメーカーでは多くのお金を稼ぐことができますか?

マーケットメーカーは主に2つの方法で利益を得ることができます。買いと売り間のスプレッドを収集することで利益を上げることができます。この際のスプレッドは通常1株あたりわずか¢1ほどですが、1日にこれを数十万株または数百万株を取引することで大きな金額へと積み重なっていきます。

によって

Nato Maisuradze

With a Bachelor's Degree in International Journalism, my career has taken me through diverse industries. I began in the banking sector, gaining valuable insights into finance over five years.

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア