Iこの記事で

によって

Anna Churakova

常に世界について新しいことを学ぶことに貪欲で、外国語を学ぶのが好きな私は、技術翻訳者、フィンテック製品のテクニカルライター、コピーライターとして働きながら、さまざまな分野の文章を経験しました 

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

売買立会:取引に最適な時間を決める

Easy
Reading time

世界市場の拡大により、多くの個人が他国の株式やその他の資産を取引できるようになりました。現在のFX取引は24時間利用可能ですが、売買立会が異なるために資産は特定の時間に取引する必要があります。これらのセッションの背後にある主なアイデアを理解することで、自身の取引に最適な時間や資産の決定材料に大きなメリットをもたらすことができます。

この記事では売買立会とは何かという質問に対する回答や、各セッションの主な種類について説明していきます。

重要なポイント

  1. 売買立会とは様々な証券を取引するために証券取引所が開いている時間を指します。
  2. 売買立会には時間外や時間前などのいくつかの種類があります。
  3. 取引における4つの主要な期間はニューヨーク、東京、シドニー、ロンドンの重要な金融市場にちなんで名付けられています。

売買立会とは何ですか?

売買立会とは証券取引所が開いているアクティブな取引時間を指しています。トレーダーはそこで株式、債券、商品などの有価証券を売買することができます。

株式、先物、債券、外国為替の市場が持つそれぞれの特性は異なる場所やセッションの定義によって変わってきます。取引期間のタイミングと種類によって個人の投資の意思決定、戦略、市場パフォーマンスなどが大きく左右されます。

What is a trading session?

一般的な売買立会は開始前、継続中、終了などの3つのフェーズによって構成されています。簡単にまとめると、開始前フェーズでは注文の入力と修正が可能で継続中フェーズではほとんどの取引が行われて終了フェーズでは最終注文が処理されます。では、実際に売買立会はどれほど続いているのでしょう?その答えとしては、地元の金融市場の開始ベルから終了ベルが鳴るまでの1日です。

資産クラスの取引時間は世界中で異なるため、トレーダーは自身の取引時間を計画するためにこれらのスケジュールを事前に把握しておく必要があります。

世界中のほとんどの市場営業時間は月曜から金曜で週末は閉まっています。では、年間の取引可能日数は何日なのでしょう?その正確な数は市場や国によって異なります。米国の取引可能日は252日ですが、クリスマスなどの大型連休を除けば祝日が同じ曜日にあるために安定した優位性を持っています。

他の国には米国のようなメリットがないため、取引可能日数は国ごとに個別に計算する必要があります。

資産や証券の価格はビジネスニュースや発表がトレーダーの取引戦略の枠組みとなるために市場の開始または終了に応じて変動します。

例えば、非常に変化しやすいFX市場は2つ以上のセッションが重なる時間枠での通貨ペアの取引が優位となります。

トレーダーはサポート、レジスタンス、ブレイクアウト戦略などを利用することで重複セッションでも為替の恩恵を受けることが可能となります。様々な取引セッションはさまざまなレベルのボラティリティを示し、たとえば平均取引セッション毎のピップの動きなど各セッションが持つ様々な特性に大きな影響を与える可能性があります。

An example of an average pip movement during a trading session

売買立会に影響を与える要因

FXでの売買立会は多くの要因の影響を受ける可能性がありますが、その中で最も顕著な要因は以下の通りです:

経済や政治的出来事

雇用統計を含む経済データ、GDP、中央銀行の決定は市場動向に大きな影響を与える可能性があることから、投資家はボラティリティを避けるためにも常に経済ニュースを確認して予想されるリリースを待つ必要があります。

政治的出来事や政策変更も取引のボラティリティを高める可能性があるため、トレーダーはこれらの出来事を常に監視して潜在的な市場の動きを綿密に予測する必要があります。

重複した市場

重複した市場とは2つの主要市場が同時に開いている事を指していることから取引活動、流動性、ボラティリティが高まる傾向にあります。ある市場のセンチメントが別の市場に影響を与える可能性もあることから、ポジションをエントリーする前に市場センチメントが落ち着くのを待つことでコストを節約することができます。

Factors that impact trading sessions

ソーシャルメディア

インターネットも投資に大きな影響を与える要因であることから、投資家は市場を動かす記事について主要なニュースを常に監視することが重要です。ただし、企業の株価に影響を与える可能性があるために個人株に基づいた銘柄推奨を提供するサイトは避けましょう。

金曜日の取引

多くの個人トレーダーや機関投資家は、週末までポジションを保持したりリスクを避けるために金曜日の午後に株式を清算する事が多く見られます。これはトレーダーが帳簿上にポジションを持ちたくない場合に取引の最後の数時間で株式が売却される可能性があることを意味することから、株式ポジションへのエントリーまたはエグジットを行う際には当日の曜日も考慮すべき重要な要素となります。

売買立会の種類

市場時間にはレギュラー、アフターアワー、オフトレーディング、プレマーケットなどの様々な種類があります。以下では、それぞれの種類を詳しく見ていきましょう。

Types of trading sessions

レギュラー

“売買立会の核”とも呼ばれるレギュラーは、NYSEやNASDAQなどの世界中の主要な取引所によって認められている主要な取引期間で東部標準時間の午前9時30分~午後4時を指します。

アフターアワー

アフターアワー立会 (延長取引立会とも呼ばれる) とは証券取引所の取引日の後に行われて株の売買時間を指しており、この方法によって投資家は通常の取引時間を超えて様々なニュースやイベントに反応できます。決算発表やニュースによって価格が大きく変動する可能性が見られる場合にアh、株式を迅速に売買するに時間外取引を行う必要があります。

米国での典型的なアフターアワー立会は東部標準時間の午後4時~午後8時を指します。

プレマーケット

プレオープンはボラティリティを最小限に抑えて始値を決定するための証券の毎日の市場開始手順を指しています。通常であれば東部標準時の午前8時~午前9時30分の間に行われる立会を指しており、そこではリミット注文および成行注文を発注することができます。注文の収集ウィンドウは午前9時7分~午前9時8分の間に終了する可能性が高く、注文の照会および確認はウィンドウが閉じた後に行われます。

オフトレード

オフトレードとは通常の立会終了後の取引期間の延長を意味しており、主に機関投資家や外国投資家がポジションを調整して共通立会中に実行された取引のカバーを行います。オフトレードはランダムな終了時間に開始されますが、17:00には終了して指定された取引レポートのトランザクションのみが記録されます。

主要な立会

取引時間は重要となる金融都市のタイムゾーンに基づいておりそれらはロンドン、ニューヨーク、シドニー、東京の4都市が挙げられます。これらの都市では大手銀行や企業による大規模な取引が行われるため、これら4つの立会時間は最高レベルの市場活動であると言えるでしょう。

4 major trading sessions

米国の売買立会 (ニューヨーク)

ニューヨークセッションとしても知られる米国の売買立会は、世界の外国為替市場の重要な部分であり世界の外国為替取引高の16%を占めています。アジアセッションの終了後および欧州セッションの取引の最中となる東部標準時間の午前8時~午後5時に開始されます。ニューヨークセッションは最後に開始されるセッションであり、特に開始時間と終了時間に高い取引量とボラティリティが発生することが多く見られます。

欧州の売買立会 (ロンドン)

ロンドンは金融および銀行セクターにおける卓越した地位で知られる大都市であり、世界最大手の銀行がいくつか存在しています。1日の取引高の34%がFXであり、ロンドンセッションは世界的に最も重要かつ大規模な取引セッションとみなされています。

正式な取引時間はGMT時間の午前7時30分~午後3時30分までであり、ドイツやフランスなどの他の資本市場の存在により期間が拡大されます。 ロンドンセッションはアジアや米国セッションと同時開催されることから価格が大きく変動することで広く知られています。

アジアの売買立会 (東京)

東京セッションとしても知られるアジアセッションは全市場における取引時間の始まりであり、市場参加者はそれを利用してそれぞれ戦略を考案します。午後11時から始まるアジアセッションは市場の開始を意味しており、ニュージーランドまたはオーストラリアからの経済発表の影響を受ける可能性があります。

オーストラリアの売買立会 (シドニー)

オーストラリアセッションは月曜から金曜の午後3時に開催されて東部標準時間の正午に閉まります。流動性は薄いですが通貨ペア取引は広く行われており、最大の取引は初期段階で発生します。トレーダーはポジション取引スイングトレードスキャルピングデイトレードなどの様々な戦略を使用することができます。

先物取引立会

先物取引立会には従来の市場時間外でも24時間取引できるなどその他の資産タイプに比べて多くのメリットがあります。先物市場は東部標準時間の日曜午後6時から金曜の午後5時までほぼ年中無休で24時間稼働しています。これによって取引の柔軟性が向上することから、トレーダーはいつでもポジションを自由に操作できるようになります。

先物取引では日和見的なセッションを特定する必要があることから、トレーダーは取引する時間、エリア、特定の時間帯を避ける必要があります。先物市場の規模によっては先物取引に最適な時間を見つけるのは難しい場合がありますが、ここでの最適な時間帯は流動性が高く価格のボラティリティ見られる時間帯です。

米国の先物取引は24時間取引アクセスを提供していることから農業、原油、エネルギー、株価指数、金利、金属、不動産、気象などの様々な分野における世界中のトレーダーを魅了しています。市場は透明で規制されていることから豊富な取引機会が提供されています。

まとめ

売買立会は世界中の株式の流動性や価格に対して大きな影響を与えるため、ビジネスと金融の分野における重要性を過小評価することはできません。各市場がどのように機能するかを事前に理解しておくことで、売買立会に関する謎や不明点を事前に明らかにしておくことが非常に大切となります。これにより、トレーダーは自身の取引の成功に大きく関係してくるそれぞれのセッションがどのように役立つかをより深く理解できるようになります。

によって

Anna Churakova

常に世界について新しいことを学ぶことに貪欲で、外国語を学ぶのが好きな私は、技術翻訳者、フィンテック製品のテクニカルライター、コピーライターとして働きながら、さまざまな分野の文章を経験しました 

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア