Iこの記事で

によって

Constantine Belov

勤勉で目標志向の豊かな人間として、私はどのような仕事でも常に質の高い仕事をするよう努力しています。人生で困難な仕事に直面したとき、私は合理的かつ創造的に考えて問題を解決する習慣を身につけました。

もっと読むLinkedin

アレクサンダー・シシカノフは暗号およびフィンテック業界で数年の経験を持ち、ブロックチェーン技術の探求に情熱を注いでいます。暗号通貨、フィンテック・ソリューション、取引戦略、ブロックチェーン開発などのトピックについて執筆しています。彼の使命は、安全で効率的かつ透明性の高い金融システムを構築するために、この新しい技術をどのように利用できるかについて、個人を教育することです。

もっと読むLinkedin

Seasoned copywriter with a focused expertise in crypto and fintech, adept at translating complex industry jargon into clear, engaging content. Driven by my mission to illuminate the intricacies of the crypto and fintech industries, my commitment is to create and deliver content that educates, engages, and empowers. I strive to foster understanding, inspire confidence, and catalyze growth in these dynamic sectors, contributing to the forward momentum of our digital financial future.

もっと読むLinkedin
シェア

ストップ注文とは何か、そしてそれはどのように機能するのか?

記事

Reading time

投資家の皆さんは、ストップオーダーという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、暗号トレーディングの世界では、ストップロスとしてより一般的に知られています。このストップオーダーは、損失を限定し、利益を保護するために使用されます。しかしストップオーダーとは一体何なのでしょうか、そしてどのように機能するのでしょうか?

この記事では、ストップオーダーについて知っておく必要があることをすべて説明します。逆指値とは何か、どのように機能するのか、そしてなぜ逆指値がトレーダーや投資家にとって重要なのか、リスクを最大限に管理したいと考えるあなたにとって、正確に学ぶことができるでしょう

逆指値とは何ですか?

ストップ注文とは、資産や証券の価格が “ストップ価格(stop price)”と呼ばれる一定のポイントに達したら、それを購入/売却するための公開市場リクエストのことです。

トレーダーや投資家は、特定の価格で特定の投資を売却することにより、リスクを軽減するためにストップオーダーを使用します。これは、潜在的な損失を制限するため、または儲けた利益が特定の価格で引き出されることを保証するために行います。

株や クリプト資産を所有しているが、その価値が下がるのではないかと心配している場合、ストップ注文を使えば、特定の価格で売却することができるので、(1)損失を最小限に抑える、または(2)利益を取り出すことができます。

ストップオーダーが有効な状態で、資産の値段が特定の価格帯まで下がれば、自動的に売却されるので、損失は限定されます。

一方、価値が上がっている株を持っているとします。ある特定の価格帯で逆指値注文を出しておけば、急に価値が下がった場合、その価格帯で自動的に売却されるので、確実に利益を獲得することができます。

逆指値注文によって、トレーダーや投資家は、常にマーケットを見たり追いかけたりしなくても、売買ができるようになります。取引戦略の中で利用することで、トレードの自動化、ミスの回避、リスクの抑制に大きく貢献することができるのです。もしあなたが、常にマーケットをチェックしたり、いつ売買しなければならないかを気にしたりするタイプのトレーダーでないなら、ストップオーダーはそのプロセスを自動化するための完璧なツールです。

損失の限定や利益の確保など、ストップオーダーはまさにあなたの取引戦略に必要なものです。

ストップオーダーはどのように機能するのか?

How Does a Stop Order Work?

逆指値注文を設定するには、まず特定の資産に対して目標価格を設定しておく必要があります。逆指値注文はトリガー価格を設定し、市場に到達するとmarket またはlimit 注文を起動します。

  • 成行注文は、最も近くにある利用可能な価格で成就されます。
  • 指値注文では、特定の(またはより良い)価格で発動されます。

例えば、20,000米ドルで購入した1ビットコインを所有しているとします。現在24,000円で、取引されていますが、価格が下がるかもしれないと心配しているようです。

あなたは22,000ドルにストップオーダーを設定しました。ビットコインの価格がその22,000ドルのターゲット価格まで下がれば、注文は自動的に成立し、その価格であなたのビットコインを売却します。

価格が驚くほど急激に下落した場合、より低い価格で売却される可能性もありますが、ストップオーダーは基本的に目標価格までの利益を保証するものです。

例えば、20,000ドルで購入した1ビットコインを保有し、現在の価値が18,000ドルである場合、価格が17,000ドルに下がったら売るというストップオーダーを実施することで、市場がそのポイントより下がった場合に損失を最小限に抑えることができます。このように、ビットコインの価値が急落した場合でも、投資家は潜在的な損失を抑えることができるのです。

ここで重要なのは、逆指値注文は設定された正確な逆指値価格での執行を保証するものではない、ということです。市場の流動性や急激な価格変動などの要因により、当初の計画通りに注文が成立しない場合があります。

ストップオーダーの種類

Types of Stop Orders

トレーダーが状況に応じて採用するストップオーダーには、さまざまな種類があります。暗号取引の世界では、人気の暗号通貨取引所の種類が豊富なため、ストップオーダーを活用するのは簡単です。代表的なものをいくつか紹介します。

ストップロス注文の場合

最も一般的な逆指値注文の種類の1つはストップロス注文で、投資家が市場を積極的に監視していないときに損失を限定するための貴重なツールです。トレーダーはこの注文を、特定の証券の現在の市場価値よりも低い価格で発注し、その証券の価格があらかじめ決められたレベルまで下がると発動されることになります。

逆指値注文について

逆指値注文は、指値注文と逆指値注文の両方の特徴を併せ持つハイブリッド注文タイプです。このタイプの注文は、特定の逆指値でトリガーされると、価格が指値に達した場合、または場合によっては設定された指値よりも良い価格に達した場合に発動されます。

トレーリングストップ注文について

トレーリングストップ注文は、投資した資産が正しい方向に動いている間に利益を確定させるために使用するストップ注文の一種です。このタイプの注文は、現在の価格より何%か低い金額で開設されるため、当然、株価が上昇すれば、ストップ価格は新しい市場価格を反映して上方修正されます。

セル・ストップ注文の場合

このタイプの注文は、資産のロングポジションを終了するためによく使用されます。このタイプの注文は、現在の市場価格よりも低い位置に置かれ、資産価格が目標価格まで下落した場合に自動的にトリガーされます。

なぜストップオーダーはリスク管理上重要なのか?

トレーダーや投資家にとって最も重要な目標の1つは、リスクを軽減すること、あるいは少なくともリスクをよりよく理解することです。

ストップオーダーは、一定の価格帯で利益を確保し、状況が悪くなった場合の損失を限定することで、より理性的で冷静な投資家になり、計算されたリスクを取るようになるために大いに役立ちます。

言うまでもなく、トレードにおけるリスクの大部分は、欲や恐怖に基づく意思決定によるものです。

逆指値注文があれば、意思決定から多くの感情を取り除くことができるので、誤った衝動的な意思決定で損失を被ることを避けることができます。

トレーディングや投資でストップオーダーを使用する際の潜在的なリスクについて。

逆指値注文は正しく使用し、リスクを管理することが可能ですが、時には逆指値注文を開くことによって生じる潜在的なリスクにも直面する可能性があります。ここでいう主なリスクとは、短期的な価格の変動によってストップロスが発動し、損失を被る可能性があることです。

例えば、株価が下落し、その後すぐに回復した場合、ストップオーダーはその短い時間枠の中で作動し、当初想定していたよりも低い価格で売却することになるかもしれません。

逆指値注文に関する主な潜在的な問題は、それが完全なものではないということです。特に暗号化市場のような混沌とした不安定な市場では、ストップ注文が、意図した価格と異なった価格で発動されることがあります。これは “スリッページ “とも呼ばれています。

ストップ・オーダーを実際に使ってみる:ストリート・オーダーは実際にはどのように見えるのでしょうか?

ストップオーダーが実際にどのように機能するかを説明するために、次のような例を挙げます。

あなたは、ある大企業の株を保有しており、現在その株価は1株50ドルです。

そこで、1株$40でストップロス注文を設定しました。つまり、この株の価格が40 ドル以下に下がると、あなたの注文が自動的に発動し、あなたの株が売られるのです。これで損失が限定され、株価のさらなる下落を回避することができます。

あるいは、「買い」の逆指値注文を使用し、株価の上昇傾向を利用することもできます。例えば、あなたの銘柄の価格が60米ドルまで上昇すると考えている場合、60米ドル地点に買い逆指値注文を出すかもしれません。資産価格の35ドルに到達すれば注文が発動し、自動で株を購入することになります。このように、リスクを抑えながら価格の上昇を利用することができるのです。

ストップオーダーはどのようにあなたのトレーディングの旅を助けることができますか?

結論から言うと、ストップオーダーは、利益を確保してリスクを軽減したいトレーダーや インベスターにとって、強力な武器となるものです。ストップオーダーを使用して、資産の売買を行う特定の価格帯を設定することで、取引プロセス全体の自動化が可能になり、意思決定から感情を完全に排除することができます。

ストップオーダーには、ロスカットやストップリミット、トレーリングストップなど、さまざまな形やサイズがあります。トレーディング戦略におけるそれぞれの役割を見極めることで、特定の目標を達成し、トレーダーや投資家としての効率を最大化するために利用することができます。

とはいえ、ストップ注文は、スリッページや市場の状況、流動性の欠如に左右される可能性があるなど、完全無欠ではないことを常に覚えておいてください。他の取引戦略同様、ストップオーダーを使用する前に、必ずご自身で調査を行うようにしてください。

によって

Constantine Belov

勤勉で目標志向の豊かな人間として、私はどのような仕事でも常に質の高い仕事をするよう努力しています。人生で困難な仕事に直面したとき、私は合理的かつ創造的に考えて問題を解決する習慣を身につけました。

もっと読むLinkedin

アレクサンダー・シシカノフは暗号およびフィンテック業界で数年の経験を持ち、ブロックチェーン技術の探求に情熱を注いでいます。暗号通貨、フィンテック・ソリューション、取引戦略、ブロックチェーン開発などのトピックについて執筆しています。彼の使命は、安全で効率的かつ透明性の高い金融システムを構築するために、この新しい技術をどのように利用できるかについて、個人を教育することです。

もっと読むLinkedin

Seasoned copywriter with a focused expertise in crypto and fintech, adept at translating complex industry jargon into clear, engaging content. Driven by my mission to illuminate the intricacies of the crypto and fintech industries, my commitment is to create and deliver content that educates, engages, and empowers. I strive to foster understanding, inspire confidence, and catalyze growth in these dynamic sectors, contributing to the forward momentum of our digital financial future.

もっと読むLinkedin
シェア