Iこの記事で

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

校正者

Tamta Suladze

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

想定元本とは何で、ブローカーはどのようにそれを計算しているのでしょうか?

アドバンス
Reading time

現在の世界中の投資家やトレーダーにとってスポット取引はもはや推奨される最選択肢ではなく、インターネットの活発化によって貿易業界の障壁が低くなり多くの人が気軽にアクセスできるようになってからはレバレッジを活用した取引戦略の開発がこれまで以上に必要不可欠となっています。投資家がレバレッジを活用する事で倍増の取引ポジションを獲得できることから、限られた予算でもしっかりと利益をあげることができるようになります。

ただし、レバレッジ取引の実践は非常に複雑である事から技術的な詳細と複雑さをしっかりと理解する必要があります。そうでないと、あなたのマージン口座でマージンコールが発生してしまい、あなたのポートフォリオ全体への証券会社の差し押さえが起きてしまいます。この記事では想定元本とは何でどのような計算方法が使用されているのかや、この概念を市場リスクヘッジの為にどのように利用できるかなどを学ぶことが出来ます。

重要なポイント

  1. 想定元本とは契約に含まれる契約価値とは異なる原資産の合計価値を表しています。
  2. 想定元本を知る事は、投資取引中の潜在的な利益と市場エクスポージャーリスクを理解する上で非常に重要です。
  3. 想定元本は先物、スワップ、その他多くの商品などのデリバティブ契約で特徴付けられています。

レバレッジ取引とは何ですか?

想定元本の概念について説明する前に、まずは現代の取引に欠かせないレバレッジについて説明させてください。現代における投資業界はもはや裕福な個人、ヘッジファンド、その他の大規模機関だけがアクセスできるものではなくなったために、多くの証券会社や取引所は個人取引の顧客に強力な力を与えるための新しいメカニズムとしてレバレッジを策定しました。

How Leveraged Trading Works

レバレッジ取引は別名信用取引とも呼ばれており、トレーダーはこれを使用して投資戦略から得られる潜在的な利益の総額を増やすことができます。例えば、あなたは投資家として現在$5,000の持ち金があるとします。NVIDIAの現在の市場価格は今後数ヶ月で2倍に上昇する見込みであり、Nvidiaの予想される成長は非常に有望ですがこの投資資金として使用できるのは$5,000のみとします。

そこで、トレーダーは証券口座を作成してNvidia株のデリバティブ契約の契約規模を増やすことができます。先物契約を取得する事で、初期投資額と実績に応じて2~50倍のレバレッジ比率を得ることができます。

これは実際に原資産の所有権を取得することなく、Nvidia株を購入して特定の日に売却できることを意味しています。その結果、あなたが予測した動きからより多くの金額を引き出すことができるようになるのです。

Nvidiaの例に従うと、5:1のレバレッジ比率を取得した際の収益は$5,000ではなく$25,000になります。当然のことながら約定までポジションを維持するには金利を支払う必要がありますが、この費用は通常資産を所有することに比べて比較的手頃な金額になります。

実際の財務能力を超えた取引

上ですでに説明しましたが、レバレッジを利用する事で限られた予算でも利益を倍増させることができます。レバレッジを獲得した際の取引戦略は長期的にはより有望になりますが、もちろんリスクも高くなります。

つまり、レバレッジ取引は通常よりもリスクが増大するために初心者向けではありません。スポット取引の練習が上手くいかず、ポートフォリオで損失が多すぎる場合にはアカウントには仲介ビジネスの差し押さえが発生する可能性もあります。

しかし、経験豊富なトレーダーにとって信用取引は自身の成功への道を促進する可能性があります。投資家はレバレッジを活用して取引予算を迅速に増やすことで多くの取引量にアクセスでき、さらに十分な専門知識があればクロスマージンまたは分離マージンを採用して特定の戦略に基づいたリスク統合または分割によるマージン取引の全体的なリスクの軽減を行うことが出来ます。

信用取引によって多くの個人トレーダーが多額の富を蓄積できるようになったことから、この取引手法は2024年に最も人気のある取引の1つになりました。

基本概要

ブローカーは想定元本をどのように計算しますか?

想定元本はレバレッジ取引商品において重要な役割を果たすと共にポジションの潜在的な合計価値も示しています。簡単な例として、あなたは市場額面の最高値で売却するためにNvidia株を今日購入しようとしており、現在のNvidia株の価格はおよそ$880です。あなたは100株を購入したいと考えていますが、あなたがここで利用できるのは$22,000のみです。

Notional Value in Margin Trading

この場合の原資産の想定元本の価値は$88,000であり、この想定上の出来高で取引を実行するには4:1のレバレッジ比率が必要になります。証券プラットフォームがこのレバレッジ比率を設定する事で、個人トレーダーがより簡単に取引を実行できるようになります。

したがって、想定元本を理解することは市場エクスポージャーを把握したい個人投資家や企業にとって非常に重要になるのです。想定元本がどのように使われるのかを知らなければ、どれだけのリスクに直面しているのかや約定が成功した後にトレーダーがどれだけの潜在的な収入を得ることができるのかを知らずに取引に臨むことになります。

上記の想定元本$88,000を使用した例は莫大な利益の可能性を示していますが、もちろん大きなリスクも潜んでいます。しかし、デリバティブ契約やリスク軽減戦略を活用する投資家や企業にとってはどちらの指標も非常に重要なものになります。

想定元本と公称値

想定元本の意味を理解したところで、取引における公称値と想定元本の差を評価してみましょう。契約の名目値は契約の基礎となる市場価格とも呼ばれていますが、Nvidiaの例における名目値または市場価格はトレーダーが取得した先物契約の価格になります。

Notional Value vs. Market Value

たとえば、将来Nvidiaを100株購入したい場合にはこの契約の市場価値は想定元本である$88,000よりも大幅に低くなります。各株の先物契約が$10であると仮定した場合には契約価格全体が$1,000にしかならないことを意味していますが、これらの価値は株式のパフォーマンスや原資産に応じて変化する可能性があります。

逆に想定元本は契約合意ではなく資産の市場価格に基づいて計算されることから、両方の数値を常に把握しておくことでしっかりと取引ポジションを理解することができるようになるのです。

例えば、自分の利益のためにポジションを実行するよりも取得した契約を売却する方が収益性が高い可能性があるケースの分析を行うには、想定元本で得られる潜在的な利益と比較して契約がどのように評価されているかを知る必要があります。

様々なセクターでの想定元本の適用

想定元本は様々な取引分野にわたる多くのシナリオ下で非常に役立ちます。しかし、レバレッジ取引が全ての主要な投資セクターで普及して以来、取引環境において想定元本の値がこれほど顕著になったことはありません。 以下では主なセクターをご紹介します。

外国為替

外国為替の想定元本はデリバティブ契約を作成する2人の当事者によって決定されます。FXではデリバティブが主に使用されていて特定の日付と固定金額で通貨の取引を行いますが、この際の想定元本は両当事者が合意した主要な交換通貨として表されます。

外国為替業界の狭い利益率を考慮すると、外国為替デリバティブでは想定元本が非常に重要です。為替市場で人気のある通貨は非常に飽和状態にあり、その結果個人トレーダーの利益は最小限に抑えられています。したがって、トレーダーが市場エクスポージャのリスクを引き受ける意思がある場合には、レバレッジを利かせたポジションを取得して利益を倍増させることが非常に有力な戦略となります。

スワップ

スワップは業界全体の様々な資産クラスで適用されています。しかし、スワップが持つその人気とユニークな使用法によって金利スワップやトータルリターンスワップから通貨、商品、株式などの様々な方法による財務基盤の変換に役立っています。

Interest Rate Swaps

金利スワップは投資家や主に組織が受取利息を相互に交換するための魅力的なオプションになります。さらにトータルリターンスワップでは事前に決定された資産量のキャピタルゲインと引き換えに、一方の当事者が特定の料金を支払う契約を作成できるようにします。ここでも公称値は両方の契約において非常に重要であり、契約の総額と根拠を決定して当事者が潜在的な収入レベルを決定できるようにしてくれます。

リスクヘッジで想定元本を使用する方法

想定元本は個人の利益を最大化するだけでなく、リスクヘッジにも非常に役立ちます。あなたのポートフォリオに資産Xがあり、それがまもなく過小評価に向かう可能性があることが分かったと仮定した場合、市場エクスポージャーを軽減するためにも固定レートにて先物契約を購入することができます。

先物契約を使用する事で資産の固定販売価格を設定できるため、資産価値の下落に対するリスクヘッジに繋がります。その結果、想定元本と市場価値が不利になった場合でも資産を優先価格で売却できるチャンスが得られるのです。

先物契約の端数価格を考慮すると、この戦略下におけるリスクヘッジは投資家または代理店としての長期的な支払能力として周りに受け止められます。

まとめ

想定元本は様々な業界やセクターにわたるレバレッジ取引の重要な部分を占めており、個人や企業の市場エクスポージャーや購買力に従って信用取引やデリバティブを扱う際には、役割や責任に関係なくまずはしっかりと想定元本を理解することが非常に重要になります。

この単純な数字によって、投資家が利益を得ることができるかどうかやブローカーがデリバティブ契約から多額の利益を得るのに十分なレバレッジ比率を提供するかどうかなどが決まります。さらに、想定元本は契約の継続的なリスクを評価する際にも重要であることから、必要に応じては戦略の調整が行えるようになります。

つまり、新しい契約やレバレッジを利かせたポジションをとる前にまずは契約の想定元本を必ず確認するよう心掛けて欲しいです。

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

校正者

Tamta Suladze

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア