ゼロから為替仲介業者を始めるには? - 初心者ガイド

Author: Rosemary Barnes
22.11.2021

為替業界は取引の人気が急増する中、多くのビジネスオーナーを引きつける存在になり続けています。論理的に言うと、業務内容はとても簡単です。会社を経営し、初期集客活動を実施して業界の利益を獲得するという流れになります。実用的な部分に関しては、数多くの落とし穴やハードルに直面することがあります。

為替関連の詐欺が急増する中、トレーダーの要求はさらに増えます。熟知した初心者は市場の基礎を十分理解して個人目標を立てた上で参入することが多いです。FXのビジネスオーナーはクライアント以外に法的な問題、技術、外部との接続状況など数多くの要素を配慮しなければなりません。

FX仲介業を始める準備ができましたか?それではまず以下のガイドをぜひ参考にしながら多くある間違がないように進めましょう。

FX仲介業の理論:市場分析から始めよう

FX仲介業を始めるには?資格がある専門家はまず理論的な問題を説明します。参入する業界の特性を理解しましょう。一部のメカニズムを理解しないとのちに後悔します。

主要な定義、取引戦略、ツール、ビジネスモデルなどの特性を理解しましょう。次のステップは対象クライアントを分析することです。対象クライアントのプロフィールを想像してみましょう:年齢層、住所、経験、目的など。平均のトレーダーはどのような人なのかといった統計も重要であり、このようなプロセスは将来のマーケティング戦略において非常に重要です。

FX理論はクリアしましたか?それでは仲介業者を始めるに当たって次のステップを踏まえましょう。このプロセスに次の手順が含まれます。

  • ビジネスモデルの内容を考えます

  • 地元の法律に適合していることを確認します

  • ビジネスをカスタマイズしましょう

  • 一流ソフトやプラットフォームを使いましょう

  • クライアントに高度なテクニカルサポートを提供します

各ステップが明確、合理的、理解しやすくなる反面、各段階において間違えやすい点が潜んでいるため、初心者にとっては難関になり得ることが考えられます。

イ)ビジネスモデルの内容を考えます

FX市場に参入する際、どの役割があなたの目標とニーズに最も適しているか十分理解しなければなりません。まず仲介業はおおむね以下の2通りのカテゴリーに分けられます。

  • A-ブックモデル

  • B-ブックモデル

2つのモデルの相違点として、A-ブックモデルは初心者に多く採用され、クライアントが少なくてもある程度の利益が確保できます。市場に参加する投資家がなければ仲介業者として成り立ちません。リクイディティプロバイダーは仲介業者に流動性プールを紹介する一方、買いや売り注文は投資家によって実現します。

A-ブックモデルに基づいて運営している仲介業者はSTPとECNタイプに分類されます。STP業者はプールからリクイディティプロバイダーを選択することができますが、ECN(電子証券取引ネットワーク)はリクイディティ・ハブとして機能するため、選択が制限されます。リクイディティプロバイダーを求める中、プライム・オブ・プライムのものはニーズ問わず、様々な可能性を秘めたプールを提供します。

B-ブックモデルの場合、取引デスクブローカーという形態で運用します。自社の流動性を頼りにしてクライアントの買いや売り注文に合わせるため、リクイディティプロバイダーとつながっていません。数多くのクライアントが登録していて取引量が数十億ドルにおよぶ場合、このモデルが適しています。

デジタルアセットの関心が急激に高まっていることは否定できません。仮想通貨市場の資本化において記録が更新され続けるさなか、大勢のトレーダーは市場の変動性が生む利益に目をつけています。

この仲介業のビジネスはさらに3つのタイプに分類されます:

  • FX仲介業。トレーダーはフィアット通貨のペアのみアクセスします。

  • 仮想通貨仲介業。トレーダーは仮想通貨で取引が可能です。

  • 複合モデル。業者はクライアントにフィアット通貨と仮想通貨を両方ともアクセスすることを可能にします。

仮想通貨ビジネスを始めるには?手順は似ていますが法律上の問題に焦点を当てる必要があります。

自分に合ったビジネスモデルを理解する理由とは?ビジネスモデルはあなたのビジネススタイルを決める要因となり、ふさわしい専門家を雇わなければなりません。例えば、仮想通貨の仲介業者はその法律の背景や動向に詳しい弁護士を雇う必要があります。

ロ)法的な観点を理解しましょう:どこで業者登録するのか調べること

FX関連のビジネスは20カ国で禁じられています。そのためビジネスオーナーは100カ国で登録することが可能です。そんな状況の中、初心者は「無難な領域」を求めてFXにやさしくて競争に最適な法的要件を持った国に注目します。ではどこでFX仲介ビジネスを始めた方が良いのでしょうか?

FXにやさしい国は5つのカテゴリーに分類され、AからEに格付けされます。Aは最も厳しい用件を持っている一方、Eは最もゆるい用件を持っています:

  • A分類の国(スイス、米国)

  • B分類の国(オーストラリア、英国)

  • C分類の国(キプロス、エストニア)

  • D分類の国(ベリーズ、バヌアツ)

  • E分類の国(セーシェル、セントビンセント及びグレナディーン諸島)

専門家は中央のC分類をビジネスオーナーにおすすめしています。C分類の国が最も適しています。

FX仲介業者として始める手順は?

1. 会社を登録

登録する国の規制当局に申請書を提出します。申請に伴うすべての費用を払ったら事務所を設けましょう(ほとんどの国では事務所の設立を用件に含めています)。

2. 法人口座を開く

どの国も仲介業者に対してある程度の資金を保有することを前提条件として求めます。地元の銀行で口座を開いて資金を預けましょう。

3. 業許可の申請

許可されたFX仲介業者のみトレーダーに金融サービスを提供することが認められます。申請に必要な書類をすべて揃えましょう。特別な用件がある場合にはご注意ください。例えば一部の国では最低1年の実務経験を持ったスタッフしか業務を管理できないという法律があります。申請手続きは通常3〜18カ月かかります。

4. 金融規制当局にレポートを提出しよう

業許可を得て市場に参入した場合、法的用件を忘れてはなりません。金融規制当局に毎月、四半期ごと、または毎年レポートを提出する義務が発生します。

ハ)ブランディングと社風 - イメージは重視されます

FX市場は非常に競争が激しい業界であるため、自社ブランディングとカスタマイズはあなたのイメージを左右する基本的な要素です。独特なスタイルを基礎にして仲介業者を始めるには?

あなたは自社のイメージを重視していることをトレーダーに訴えなければなりません。そのため機能が充実した使い勝手の良いウェブサイトを作成して会社のイメージに合ったデザインとインターフェースを採用しましょう。ウェブサイトは次の条件を満たすと良いでしょう;最高の機能性、最新のデザイン、使いやすいインターフェース。

二)一流システムなどを採用

いよいよ法的用件をすべてクリアし、いつでもFX業界に参入できる準備が万端ですね。ただしトレーダーは機能性を重視することを忘れてはいけません。仲介業者が採用する主なシステムとは何でしょう?

1. 取引プラットーフォームはあなたのビジネスの心臓

取引や申請はすべてプラットフォーム上で処理される中、一連のツールや機能が含まれています:チャート、分析ツール、ロボット、情報など。

市場動向を見るとMetaTrader 4と5はトレーダーの間で一般的に好まれることがわかります。それらのソリューションは一番幅広い機能性を備えているとは限りませんが、ほとんどのチュートリアルや教材は両者に基づいています。そのため多くのトレーダーはそのようなプラットフォームを好みます。MetaTrader商品を使ってFX仲介業を始めることは可能なのでしょうか?

ライセンスされたソリューションは10万ドル以上する場合があり、このようなコストは初心者ビジネスオーターにとっては厳しい出費となります。White Label版は費用を1/10に抑えるが可能であり、この一流プラットフォームの利用を手ごろに利用できます。

2. CRMシステム、オールインワン型コントロール

FX市場のニーズに合ったCRMは過小評価される傾向があります。新規参入した仲介業者はそのようなシステムは自社ビジネスに大した影響を与えないと誤認する傾向が良くあります。

目につくCRMソフトはビジネスオーナーがすべての処理や申請を簡単な操作で一元管理する監視センターです。操作画面以外にFXのCRMソリューションは一連の便利な機能が内蔵されています。一流システムはビジネスオーナーがセキュリティ設定、KYC認証ツール、決済業者など、外部のシステムに接続できるようにします。何よりも重要なのは、資格を持った専門家がこのような環境設定をします。

CRMシステムはコスト最適化という観点では不可欠なオプションであり、このようなソリューションはすべての処理を自動化させて運用コストを最小限に抑えます。

3. 投資プラットフォームでクライアント層を拡大

初心者の仲介業者の観点で言うと、投資プラットフォームは必須です。一方、将来の展開を希望するオーナーは常にビジネスを発展させる余地を考えています。

このようなプラットフォームは経営者のAPIのおかげでつながっており、取引プラットフォームの動きに影響を与える心配はありません。同ソリューションはコピー取引、MAM、PAMMアカウントを実現してクライアントのオプションをさらに増やします。コピー取引戦略の需要は今後増えると見込まれます。

さらに一流投資プラットフォームは仮想通貨取引をサポートします。マスターと投資アカウントはいずれともフィアットとデジタルアセットで開けます。そのため、最初から投資プラットフォームでFX仲介業を開始することも可能です。

ホ)テクニカルサポートの重要性

会社を登録して許可を取得した上、信頼できるリクイディティプロバイダーを選んで必要な技術的な準備が整うと、トレーダーと取引はいつでも開始できます。しかし初心者は未経験に伴う問題がつきものであることは忘れてはいけません。

仲介業のビジネスにおいてテクニカルサポートは非常に重要です。複数の言語で対応できるサポート窓口をあらかじめ設定して顧客トレーダーの問題解決に取り組みましょう。ただし、そればかりに捉われてはいけません。問い合わせの70%はチャットボットによって解決されます。コストを抑えるために最新技術を駆使しましょう。

White Labelソリューション - ターンキー仲介業サービスの主なメリット

ここで説明したステップが複雑過ぎる場合、信頼できるプロバイダーの技術をおすすめします。困難を避けてWhite LabelのFXビジネスを始めましょう。資格を持った専門家が代行で会社を登録、免許取得、必要な設定をすべて実施するため、ビジネスオーナーが市場参入して利益をもたらすためにソリューションを取得するだけでOKです。

ターンキー仲介業の主なメリットとは?

  • 依頼主のビジネスオーナーは失敗やハードルに直面することはありません。

  • BaaS(仲介業サービス)ソリューションはコスト削減を実現します。

  • テクノロジープロバイダーはあなたのビジネスを強化する高度かつ変革的なソリューションを提供します。

  • プロバイダーにとってセキュリティ問題は最も優先順位が高いため、目につくセキュリティやKYCツールが一体化したサービスを提供します。

  • ビジネスオーナーの特性に合ったオーダーメイド・ソリューションが提供されます。

メリットについて言うと、導入する理由は思う以上にあります。そのため新規参入する仲介業者の60%はFX仲介業を始める場合、White Labelが最適なソリューションであることを理解しています。

したがって、仲介業のビジネスをゼロから始める最適な方法とは?

簡単に言うと、仲介業はむしろ複雑な手順です。初心者は最初にどのモデルを選ぶか迷うため、この段階でプロのアドバイスを聞くことをおすすめします。

B2Brokerは複雑な問題を解決する最高のソリューションです。世界的に著名なリクイディティとテクノロジーのプロバイダーはビジネスオーナーにターンキー仲介業サービスを提供します。FX、仮想通貨、複合タイプの仲介業者が市場参入するには最適なチャンスです。サービスパッケージにはWhite Labelの取引プラットフォーム(MT4またはMT5)、プライム・オブ・プライム・リクイディティ、新世代のCRMシステムであるB2Coreが含まれています。他のオプションも別途用意いたします。

B2Brokerはあらゆるビジネスに型破りのソリューションを提供して夢を実現させることに使命を感じています。最新のイノベーションを備えて長年の経験を積んだ専門家が対応します。

もっと読む
もっと読む
Industry News
19.01.2022
A Step-by-step Approach to Starting a Forex Brokerage Company
Despite the fact that it has not been immune to the effects ...
もっと読む
Industry News
18.01.2022
Bank of America And Wells Fargo Are Killing Fees For Bounced Checks
Overdraft and non-sufficient funds fees and policies have be...
もっと読む
Industry News
18.01.2022
StanChart Fined $61.5 Million For Misreporting Liquidity Position
The Prudential Regulation Authority (PRA), which is part of ...