Iこの記事で

シェア

三年間に及ぶ禁止法の後にデジタル通貨が合法化されるラオス

業界ニュース

Reading time

政府がビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどの仮想通貨に焦点を当て始めたため、ラオスで三年間も行われていた仮想通貨取り扱い禁止が終了しました。Laotian TimesによるとWDTL、PRB、SCCL、Joint Development Bankおよびその他の二つの企業を含めた六社がラオスでの仮想通貨のパイオニアになることでしょう。

現在のところ、デジタル資産の明確な規制はありません。ラオスの技術通信省は他の政府機関や中央銀行と一緒に業界を規制する最善の方法を表す一連のパネルディスカッションを始める予定です。

Financial Timesのアナリストは、このような変化によって中国のマイナーたちに新たな視野を広げることを強調しています。地元の水力発電所によって生成された余分な電力とこのようなラオス政府の新たな取り組みこそが変更される理由です。

専門家によれば、パンデミックは観光業界に大きな影響を与えて州の歳入が減少したことで、ラオス当局はそれらに代わる勧誘方法を探し始めたのです。仮想通貨市場は世界的に見ても人気があって増加の傾向にあるので、これこそがラオス政府が以前までの禁止行為を撤回をする決意を表明しました。

この禁止法は2018年にラオス政府によって導入され、マイニングやトレーディングを含めた仮想通貨に関連する全ての活動を禁じました。

シェア