Iこの記事で

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

IOC注文とは何ですか?

Medium
Reading time

取引の世界では多くの場合において敏感かつ迅速な執行が必要となります。多くの取引は一つ一つの取引自体が非常に素晴らしいものですが、最高の機会を過ぎてしまうと利益が得られなくなる可能性もあります。そのような機会の逸失を防ぐためにも、トレーダーには自動的に制限時間内に注文を設定して不利な取引の実行を制御できるようなツールが利用可能なのです。

指値注文を自動的に設定する最良の取引メカニズムの1つであるIOC注文によって、トレーダーは効果的に指値を決めて進化し続ける取引環境で安心感を得ることができます。この記事ではIOC注文がどのように機能するかの説明と、実際の取引におけるIOC注文の最適な適用方法の説明を行っていきます。

重要なポイント

  1. IOC注文とは特定の前提条件を持ついくつかの自動取引注文の1つです。
  2. IOC注文は全量または部分量で即座に実行されますが、一部でも条件を満たしていない注文はキャンセルとなります。
  3. IOC注文では希望の価格を指定できますが、選択した資産の需要が高い場合はIOCマーカー注文も実行されます。

即時注文または注文キャンセルの概念を理解する

Characteristics of IOC Orders

IOCとは”Immediate or Cancel (IOC) ” の頭文字を取ったものであり、つまりここでは即時またはキャンセル注文を表しています。この自動化された条件によってトレーダーは自らが希望する取引をすぐに実行できますが、それ以外の場合では注文がすぐにキャンセルされます。この前提条件により、市場エクスポージャーのリスクが軽減されることでトレーダーは指定された日にのみ資産を購入できるようになります。IOC注文は注文照合エンジンにリンクされていることで市場で利用可能なオファーを迅速に特定します。

IOC注文はフィル・オア・キル、オール・オア・ノーン、グッド・ティル・キャンセルなどの時間に敏感な広範な注文から派生しています。その他のほとんどのメカニズムが注文全体を実行するか完全にキャンセルすることを目的としていますが、IOC注文ではそれらを部分的に実行することが可能です。

上記のような全か無かの原則を回避しつつ希望する取引の少なくとも一部を保持し、部分的な執行であっても取引を完了させたいトレーダーにとってIOC注文は非常に適した選択肢となります。

指値注文と成行注文

IOC注文は主に指値注文と成行注文に分類可能です。前者はトレーダーが取引を完了したい価格を指定できるのに対し、後者は可能な限り最良の市場価格で資産を回収することを目的としています。IOCの指値注文では指値価格を設定するためのより高い選択肢が与えられますが、IOCの成行注文は迅速に執行される可能性がはるかに高くなります。

どちらのオプションがより優れているかに対する明確な答えはないことから、どのオプションを選択するかを決定する際のトレーダーは自らの状況を深く考慮する必要があります。

Limit Order and Market Order Differences

IOC注文を使用するのに最も適したタイミングはいつですか?

より重要な取引を期限までに履行したい場合にIOC注文は非常に便利となります。どの取引市場でも買い手と売り手の両方が指定された価格で戦略を実行したいと考えており、ほとんどの市場では価格が自然に変動することからIOC注文を適用することで望まない価格での株式の売却や購入の可能性が制限されます。

例えば、トレーダーXがApple Inc.の10,000株を特定の価格で購入したい場合にはIOC注文によって全ての株式がその正確な価格で購入されることが保証されますが、それ以外の場合では注文の一部または場合によっては注文全体がキャンセルされます。こうすることで、トレーダーは取引時間中の資産価値の変動による損失を被る必要がなくなります。

日中に資産価格が変動することは珍しいことではないことから、IOC注文がなければトレーダーは資産を過大評価された価格で所有したり過小評価された価格で売却したりすることになるかもしれない。IOC注文を採用することで、このような不幸なシナリオが防止されてトレーダーに対してある程度の戦略を実行する機会が与えられます。

最後に、IOC注文はアクティブトレーダーが毎日の取引セッション中に自動的に「リマインダー」を設定できるようになっています。トレーダーXが複数の市場で20株を売買する戦略を持っているとします。 手動執行の場合には望ましくない注文のキャンセルを忘れたりそれを探せない可能性がありますが、IOC注文ではこの作業をサポートできることから取引における人的エラーのリスク軽減に繋がります。

取引市場のボラティリティに比例してIOC注文の人気も高まってきています。当然のことながら、IOC注文は固有の価格変動のために暗号通貨でも一番の人気を誇っています。

基本概要

実際のIOC注文の適用例

IOCの指値注文と成行注文の2つを利用したシナリオを想像してみましょう。最初のシナリオではApple Inc.の株を取引した際に$200で10,000株の指値注文を行うとします。現在の市場がApple Inc.の500株の売り出し価格を$202の評価額で提示しているとした場合の自動指値注文ではその価格差により注文全体がキャンセルされます。

一方、成行注文で取引してその他の条件は全て同じにした場合にはApple Inc.の500株が購入されて残りの注文はすぐに約定しない限りキャンセルされます。価格は若干異なりますが、IOCの成行注文では需要の高い価格での株式の購入または売却が優先されます。

Best Applications for Limit and Market Orders

上記のパターンを踏まえた上で、あなたの取引部門に最も当てはまるものはどれになりますか?例えば株式市場、特に確立された株式を含むニッチな市場では成行注文の方がより重宝されています。

これらの企業の株式資産は価格変動が小さいため、市場価格が当初の希望よりもわずかに高い場合でも一般的には購入による利益が得られます。そして、これと同じことが流動性が非常に高い外国為替市場 にも当てはまります。

一方で、低下した流動性とボラティリティの高い市場では資産価格が劇的に変動する可能性があります。特に暗号通貨市場では10%以上の価格変動が見られることも珍しくはありません。このような場合にはたとえ最善の取引を進めたとしても大きな損失に繋がる可能性があるため、そのような状況では指値注文の方がはるかに適していると言えるでしょう。

フィル・オア・キルと即時即時またはキャンセル

上で説明したように、IOC注文は時間に敏感なトランザクションメカニズムの大規模な組み分けにある1つのオプションにすぎません。フィル・オア・キル (Fill-or-Kill) 注文はIOC注文と置き換えられることが多いもう1つの一般的な戦略で両者とも即時に実行されるという点では類似していますが、IOC注文とは異なりFOKではキャンセルを避けるために注文が完全に満たされる必要があります。

FOK Order Characteristics

FOKは狭いスプレッド、価格変動、大量の売買によって最大の利益が得られるために全か無かのアプローチを採用しているトレーダー、または大量の資産の取引を活用しているトレーダーに適したアプローチ方法となります。

このような状況では、少額の株式を購入しても大きな利益にはつながらないためあまり意味がありません。ただし、FOK注文では注文キャンセルの理由がより詳細に指定されるためにIOC注文と比較した際には約定の可能性が大幅に減少します。

まとめ

トレーダーのツールボックスにある便利なツールであるIOC注文によって、多くのトレーダーが予測不可能な価格変動や市場変動の影響から救われる場面はこれまでに多く見られました。IOC注文を最大限に活用するには特定の取引ニーズと市場状況を理解することが重要であり、成行注文や指値注文のような注文にはそれぞれ特定の用途があることからその他の取引概念と同じようにまずはそれらの違いをしっかりと知ることが大切です。

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア