B2Brokerについて
プライムマルチアセット流動性および先進的なホワイトラベルソリューションプロバイダーのリーディングプライム。2014.年に設立されました。
主な製品
当社の主な製品は、FX /暗号/証券ブローカーおよびスポット/マージン取引所に新世代のソリューションを提供するため、専任のエンジニアチームが主導しています。
クリプトプロセス
私たちはホワイトラベルのクリプトプロセスソリューションを含む、ブロックチェーン決済の専門家であり、業界の有力プロバイダーの1つとして認められています。
マネーマネジメント
投資または取引目的で実績のある資金管理ソリューションの選択肢を、クライアントに提供できるようにするさまざまな製品を提供しています。
流動性
FX、金属、暗号、CFD向けの最も深い流動性プールの1つを提供します。 100以上の取引ペアによる市場調査による、主要な暗号CFD流動性のプロバイダーです。
ターンキーソリューション
ブローカー、エクスチェンジ、ウォレットなど、必要とされるあらゆる種類の金融ビジネス構造に向けて設計された、幅広いオーダーメイドのソリューションからお選びください。

大規模な暗号通貨の採用について

2020年は、暗号通貨セクターに何をもたらしたでしょうか?デジタル資産は他の投資手段との競争力が確実にあり、個人投資家と機関投資家の両方の注目を集めています。
Author: Rosemary Barnes
29.12.2020

暗号通貨の採用

2020年は株式、債券、さらには金など、よく使われているとされる資産にとって非常に困難な年となりました。その間、ビットコインと他の暗号通貨は投資に頻繁に利用されるようになり、昨年3月以来信じられないほどの成長を示しました。世界は大規模な暗号通貨の採用の準備ができていますが、2021年どの暗号に投資するか興味を示す機関投資家が多くいます。

法定通貨は常に債務を履行しますか?

暗号懐疑論者は、デジタル資産の理論について何にも裏付けられていないという事実に基づく声明を発表しました。その間、人々はお金の価値を蒸発させるインフレについて不平を投げかけます。米ドルの価値は過去6年間で10%下落しました。他の国に注目している間、インフレ率は50%に達することもあります。そして人々は資金を節約するため、2021年に投資するのに最適な暗号を探しています。

ビットコイン、イーサリアム、およびその他のトップクラスのデジタル資産は、投資収益率が非常に高く(9000%以上)、これらの資産はセーフハーバーの機能を果たしています。最初の暗号通貨が発売されて以来、ビットコインは全日(24時間)の98%で利益を上げていました。

危機は落とし穴ではありません。危機ははしごとなるのです。

今年度はイノベーションに向けて移行する時期が来ていることを示しているでしょう。機関投資家はトップの暗号通貨を選択しますが、株式やその他の伝統的な資産はあまり人気がありません。グレイスケール投資調査の調査によると、米国市民の55%が暗号通貨の購入を望んでいます。同量の米国市民は株式への投資を好みます(2006年から8%減少)。 S&P 500指数は2020年に13.37%増加しました。DJI指数の成長は1年以内に3.3%とされ、ビットコインの価格は164.47%急上昇、12月1日の時価総額(3,680億ドル)の過去最高を記録しました。他の暗号通貨はさらに印象的な結果を示しています:ETH(358%の成長)、XRP(215%の成長)、XLM(313%の成長)など。

さまざまな計算によればビットコインを受け入れるビジネスは拡大しており、その数は約4,000万〜1億社です。グローバル企業でさえ、暗号通貨に投資することが期待されています。イーサリアムの調査は、大口の投資家がアップル、IBM、マイクロソフト、および他の世界的に有名な企業に関連していることを示しました。

ステーブルコインとDeFiが暗号通貨市場をハッピーエンドへと導く

最初の暗号通貨が発売されて以来、デジタル資産と従来の金融の間にはギャップが生まれました。双方には支持者と嫌悪者がいて、ステーブルコインは2つの対立する当事者を調和させる最初の資産でした。欧州委員会は、ステーブルコインを従来の金融システムに対する脅威とさえ呼んでいます。安定したコインが新しい取引記録を打ち立てるため、USDTは暗号通貨2020と呼ばれることがあります。 11月17日、24時間テザーの取引高は1,960億ドル(USDT時価総額の1010%)に達しました。

DeFiセクターは、暗号通貨と従来の金融の間の次の架け橋となるでしょう。 DeFiプロジェクトは、以前は不可能と思われていた暗号関連の「貸し借り」の概念を作ります。

国会議員は恐れ抱いていても勇敢に前へ進むことができますか?

政府はもはやデジタル資産の力の高まりを無視できないため、暗号法は今年の緊急のトピックの1つとなるでしょう。デジタル資産が禁止されている国はまだいくつかありますが、そのような立法コースは過去の遺物としてより理解されています。先進国は、暗号通貨が将来の経済学のエンジンになろうとしているという事実を受け入れなければなりません。

米国、英国、日本、オーストラリア、スイス、およびその他の立法トレンドセッターは、ビットコインおよびその他のデジタル資産を支払い手段として使用することを許可しています。アムステルダム、ブエノスアイレス、プラハ、チューリッヒ、および他の多くの都市に関しては、人が法定紙幣を使用する必要なしにそこに住むことができるとも言えます。

欧州連合は、ビットコインが完全に合法である国々に参加する準備ができています。 2022年までに「暗号資産の市場」が発効する予定です。

もっと読む
もっと読む
Articles
17.06.2021
Who Are Liquidity Providers: Their Working Principles?
The Forex market is the most liquid world’s trading platform...
もっと読む
記事
09.06.2021
ETF リクイディティ・プロバイダー:その選び方は?
金融市場に新しく参加したプレイヤーはいくつかの重要なことを誤解しがちですが、ETFは理解するのが最も難しい手段の一つです...
もっと読む
製品アップデート
08.06.2021
B2Traderアドミンのリリース:いくつかのアップデートと改善点
B2Brokerは、B2Traderのアドミンパネルに含まれる一連の新たなるアップデートと改善点が含まれることを喜んで発...