Iこの記事で

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

オール・オア・ノン(AON)注文とは何でどのように使用できますか?

Medium
Reading time

現在では時間指値注文はデジタル取引においてその地位を確立しており、それらによって投資家は熱心な意思決定を行いながら取引の結果をより効率的に管理して不利な取引となる確率を最大限排除することができます。

その中でもオール・オア・ノン(AON)注文は最も頻繁に利用される時間指値注文メカニズムの1つであり、トレーダーはより長い時間枠で希望の取引を獲得できることから成功の可能性を高めることができます。この記事ではオール・オア・ノン(AON)注文の説明とその他の時間指値注文との違いを含めた各ツール毎の最適な状況を詳しく説明していきます。

重要なポイント

  1. オール・オア・ノン(AON)注文とは、トレーダーが希望する資産量を入力できるようにする自動注文マッチングシステムです。
  2. オール・オア・ノン注文には価格と数量の事前設定が必要となります。AONは注文全体を満たす必要があるためにボリュームのプリセットが厳しい唯一の制約となります。
  3. AON注文は資産数量がより希少で履行が困難な非流動性のような不安定な市場において顕著な働きを見せます。

時間指値注文の説明

AON注文の詳しい説明を行う前に、まずは時間指値注文における様々なタイプについて簡単に復習しておきましょう。これらの自動注文は手動取引執行の複雑さを解決するために作成されました。

これまでであれば、トレーダーは手動で取引を操作してポジションを開いたり閉じたりする必要がありました。一部の取引ではそれらの処理は比較的簡単でしたが、アクティブな投資家は不利なポジションを決済しないという間違いに頻繁に遭遇していました。

Time-in-Force Order Subtypes

これまでのトレーダーは希望の価格を逃したり価格変動に悩まされたりポートフォリオの損失に繋がるような取引を取得する可能性があり、さらには指定された価格を求めて市場を徹底的に調査することはあまりにも効率的とは言えませんでした。

しかし、買い注文または売り注文に前提条件を設定する必要がある時間指値注文を用いることで上記のようなプロセスが全て自動化されることになりました。

これらの自動化ツールを使用することで、トレーダーはデイトレードアクティビティにおいて注文全体の市場価格や数量が自動的に選択されることで取引執行に関する不安が極端に減ります。

この記事のメインであるオール・オア・ノン注文の他にもイミディエイト・オア・キャンセル、フィル・オア・キル、グッド・ティル・キャンセルなどの時間指値注文におけるいくつかの一般的なサブタイプが取引市場全体で頻繁に使用されます。

AONの定義

オール・オア・ノン(AON)注文は時間指値注文のグループに属しており、それらのツールはトレーダーに優れた柔軟性を提供します。このツールを使用することで価格と出来高の前提条件を設定できますが、実行時間枠は必ずしも即時であるとは限りません。トレーダーは取引を実行するスケジュールを指定したり、取引が市場で一致しない場合はキャンセルを選択する事も可能です。

The Primary Functions of AON

ほとんどの場合においてAON注文では数営業日以内に照合またはクローズされることから、AON注文はその他の時間指値注文の中では数秒で取引を終了するのではなく市場の提案をより徹底的に分析することができます。その結果、指定された価格と数量に一致するまでの時間が長くなるためにAON注文の実行確率が大幅に高くなります。

しかし実際には、規制当局からは経験の浅いトレーダーがAON注文やその他の時間指値注文を多用するのは控えるよう警告しています。さらに、証券取引委員会は不適切に実施された取引戦略によって多くの不幸な取引が見られているとの声明を出しています。

AONの事前条件の設定

AONのソフト制限である価格設定には2つのオプションがあります。トレーダーはリミット注文を利用してリミット価格を設定するか、公開市場の相場に厳密に一致する成行注文を設定する事が出来ます。前者では価格が正確に一致する必要がありますが、後者では現在の市場状況に応じたより緩やかな要件となります。

オール・オア・ノン(AON)注文のメリット

上記でも説明したように、AON注文には時間指値注文における独自のメリットがいくつかあります。AON注文は主に流動性のある市場条件と非流動性の市場条件の両方に最も適した選択肢となります。

取引市場の流動性が低い場合には、十分な資産量を確保するのにAON注文を使用することができます。流動性の低い市場においては、トレーダーのニーズを満たす十分な資産を提供するのに苦労することが多いことから十分な取引量がなければ投資戦略が機能しない場合もあります。AON注文では取引が実行されるか非アクティブな状態が保証されます。

Unique Advantages of AON

一方で一部の流動性の高い市場エアタイトマージンを持った通貨ペアが存在しています。

このような環境下のトレーダーは意味のある利益を上げるために多額の通貨に投資する必要があることから、AON注文を使用することで市場でのボリュームが常に一致することが保証されます。

オール・オア・ノン注文とフィル・オア・キル注文

ここまで読んだ方の中にはすでにお気付きの方もいるかもしれませんが、時間指値注文の様々なタイプの中でもフィル・オア・キル (FOK) 注文はAON注文と非常に良く似ていると思うかもしれません。実際に両者は非常に似た機能を持っていますが、両者の最も大きな違いは実行の時間枠です。

FOK注文も同じ様に価格と数量全体が一致する取引を探すように設計されていますが、FOK注文とAON注文はどちらも部分的なフィルの可能性を排除されています。AON注文では特定の時間枠を持つ代わりに、FOK注文では即座実行が行われます。

当然のことながら、一致するものを見つけるための簡潔なウィンドウがある自動マッチングシステムによってFOK注文が実行される可能性は大幅に低くなります。ただし、FOK注文には流動性が低く不安定な市場において独自の用途がある為に、このような状況下では数時間の待機でも市場価格の悪化に繋がり取引が不利になる可能性があります。

一方、AON注文では取引が一致するまでに数日または数週間かかる可能性があるためにトレーダーのダウンタイムが長引く可能性があります。動きの速い市場ではこれらの時間枠では利益が得られない可能性があるためにFOK注文の方が優れた選択肢と言えるでしょう。ただし、不安定かつ流動性が低い市場状況ではAON注文の方が成功の可能性が高まるためにより優れた選択肢となるでしょう。

オール・オア・ノン(AON)注文は市場の状況によってFOK注文と交互に使用可能であり、流動性とボラティリティの指標が重要と見られる場合には投資家はFOKモデルに上手く切り替えています。

基本概要

オール・オア・ノン(AON)注文の例

投資家Xが流動性が不足している不安定な市場で取引していると仮定します。投資家Xはデジタル取引戦略においてAON注文を選択し、暗号通貨Yを1単位あたり$2,000で200ユニット購入したいと考えていたとします。

投資家Xが自身が設定した前提条件を満たすことで、AON注文が開始されて公開市場に送られます。その後の結果は市場のオファー次第であり、例えば暗号通貨Yが$2,000で販売されているが190ユニットしか提供されていない場合にはその取引は実行されません。

AON Orders in Action

次は$2,005で総ユニット数が200の別の製品が登場したとします。この場合、AON注文の実行は投資家Xが希望する購入のリミット価格と市場価格のどちらを指定したかによって異なってきます。前者の場合の取引は未解決のままですが、後者の市場価格によっては取引はすぐに実行へと移ります。

したがって、AON注文は資産量を優先するもののすぐに取引を実行する必要はない投資家にとっては非常に重宝されるツールです。ただし、もちろんAON注文には依然として相応のマイナス面もあります。最も顕著なデメリットとしては、トレーダーが迅速に取引を実行する必要がある特定のシナリオにおいては市場の待ち時間が長くなることが挙げられます。

まとめ

オール・オア・ノン(AON)注文は時間指値注文の中核となるサブタイプの1つであり、それを使用することでトレーダーが高い成功率で希望の数量を取得できるようになります。自動化された機能を取り入れることで取引量が不十分な状態で取引を購入する可能性が排除され、流動性の低い市場や流動性の高い市場においても優れた選択肢となり得ます。ただし、この強力なツールを使いこなすには多少の知識や経験が必要です。

ある程度の知識や経験がないと、発注された注文が長期的な取引戦略に悪影響を与える可能性があります。したがって、実際にAONを取り入れる前にまずは関連する全ての詳細を調査して実際の市場例を分析することを強くお勧めします。

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア