Iこの記事で

によって

Hazem Alhalabi

Web3、FinTech、暗号、その他現代的なトピックなど、幅広いコンセプトのライターです。自分の学んだ知識を分かち合いたいという情熱から、様々な読者に向けて魅力的なコンテンツを作ることに専念しています。日々学ぶことに努め、複雑な概念を誰もが恩恵を受けられるような理解しやすいコンテンツにすることを目指しています。

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

フォーチュン 500企業とは何でそこに名を連ねるには何が必要ですか?

Easy
Reading time

株取引愛好家や投資家が優良企業の株を購入する際にはよく”フォーチュン 500企業”という用語を見かけることでしょう。

フォーチュン 500にはAmazon、Apple、Walmartなどの様々な業種における世界最高峰の企業が名を連ねています。

このランキングをさらに詳しく見ていくことで、フォーチュン 500企業が実際に何を意味しているのかを見てみましょう。

重要なポイント

  1. フォーチュン 500企業は米国での年間売上高をもとに構成されています。
  2. 同リストに名を連ねる企業は最低でも3四半期の米国での事業を通した完全な財務諸表を政府機関に提供する必要があります。
  3. フォーチュン 500は1955年以来毎年発表されていますが、1995年には大きな変化として新たにサービス部門が追加されています。

フォーチュン 500の定義

ニューヨークに拠点を置くメディア会社であるFortune Media Group Holdingsはグローバルビジネス、投資トレンド、取引や金融などの多くのビジネスに関連した雑誌フォーチュンを発行しています。

同誌はBloomberg Businessweekの雑誌フォーブスの競合他社でもあります。

フォーチュン 500社は1955年から年収に基づいて米国のトップ企業をリストする年次出版物を発行し始めました。フォーチュン 500企業にはテクノロジー、ヘルスケア、金融、サプライチェーンなどの様々な業界の企業が含まれています。

フォーチュン 500リストに名を連ねることで、その企業は世界的に見て際立った名声や地位を得た証明にもなるのです。

Fortune 500 companies

フォーチュン 500の歴史

米国の大恐慌時代である1929年に創刊されたフォーチュン誌はすぐに主要なビジネス雑誌としての確固たる地位を確立しており、1955年には同誌の副編集長であるエドガー P. スミスがフォーチュン 500という米国における企業のトップ 500をまとめたリストを発行しました。

この雑誌の主な目的としては米国の影響力を世間に紹介することであり、特に世界経済を襲った大恐慌の後に産業が繁栄していた時代の民間企業や公開企業は世界中で大活躍していました。

当初のリストにはExxon Mobil、General Motors、US Steelのような限定された製造、鉱業、石油・ガス産業などの最も影響力のあるセクターのみがフォーチュン 500の上位を占めていました。

しかし、1995年に同リストへの最も重要な変更がサービス部門の追加によって行われることで新たに290以上の新しい事業体がランキングに追加されるようになりました。そして現在では、WalmartやAT&Tのようなサービス企業がそれぞれ4位と5位にランクインしています。

US and Chinese Fortune 500 companies

フォーチュン 500のランキングの付け方

基本的にフォーチュン 500企業は前年の年間収益に基づいてランク付けされており、例えば2024年のリストには2023年度の会計数値が含まれています。

同リストに名を連ねる企業は米国国境内で活動しており、政府機関への登録が行われている必要があります。さらに、企業は3四半期以上の会計書類がないとどんなに巨大企業であってもリストに名を連ねることは出来ません。

これらの基準は財務諸表や取引株式を公開している上場企業および貸借対照表と文書を政府に独占的に提出する民間企業を対象としています。

雑誌の調査方法としては、監査人および会計士のチームがフォーチュン 500の収益計算書の確認および検証を行う事で登録企業を正しくランク付けしています。

Fortune 500 companies profits

フォーチュン 500にリストインする方法

その企業は米国内に運営的かつ物理的に存在することに加え、非営利団体は含まれず企業は営利目的として登録されていなければなりません。

さらに、企業は連結子会社および中止された製品またはサービスからの債権を含む財務諸表を提出する必要があります。そして同リストにランクインするには、米国の税引後収入が米国内に存在する企業のトップ500に入る必要があります。

フォーチュン 500とS&P 500

フォーチュン 500とS&P 500の上場企業の集計方法及びランキング基準はそれぞれ異なります。

S&P 500のリストはS&P Dow Jones Indices LLCによって管理されており、米国企業のみを含む上場企業の株式評価 によってリストされています。

fortune 500 vs S&P 500

ここでは財務情報開示や企業の年間収益は考慮されていませんが、その代わりにS&Pは株価指数と全体の指数に占める各企業の比重に重きを置いています。

一方で、フォーチュン 500では各会計年度の収益源と財務文書を確認するより簡単な方法で企業をリストしています。

例えば、2023年のフォーチュン 500によればWalmartがトップにランクインしていますが、株式評価に関しては指数全体に占める比重が低いためにS&P 500では15位にランクインしています。

フォーチュン 500に名を連ねるトップ企業

フォーチュン誌は年間を通じて“最も革新的な企業”や“最も働きやすい職場”などの複数のリストを発行しています。

オフトレードとは通常の立会終了後の取引期間の延長を意味しており、主に機関投資家や外国投資家がポジションを調整して共通立会中に実行された取引のカバーを行います。オフトレードはランダムな終了時間に開始されますが、17:00には終了して指定された取引レポートのトランザクションのみが記録されます。

2023 Fortune 500 list
  1. Walmart: 利益は14.6%減少しているにもかかわらず実現収益が6億1,100万ドルを超えるWalmartは、現在200万人以上の従業員を抱える世界最大の雇用主と見なされています。
  2. Saudi Aramco: 前年の6位から大いに躍進したSaudi Aramcoは+50%という驚異的な売上成長を達成して税引後の利益を6億300万ドルとしました。
  3. State Grid: 中国の国営電力供給会社であるState Gridは、収益5億3,000万ドルとして3位にランクインしました。
  4. Amazon: 有名なテクノロジーおよび電子商取引企業であるAmazonですが、108%の利益を失いつつ5億1,300万ドルの収益上げて前回2位から4位に転落しました。
  5. China National Petroleum: 国営ガス・石油エネルギー供給会社のChina National Petroleumは、4億8,300万ドルの収入で118%の利益成長を記録したにもかかわらず前回から順位を1つ下げました。
  6. Sinopec Group: 中国の石油化学複合企業は4億7,100万ドルの収益を記録して16%もの利益増加を実現しました。
  7. Exxon Mobil: 時価総額で世界をリードするガス・石油会社のExxon Mobilは、141%の利益成長率を達成して4億1,300万ドルもの収益をあげて前回12位から順位を上げました。
  8. Apple: 有名なモバイルおよびテクノロジーのメーカーのAppleは売上高3億9,400万ドルで利益の5%強増加を見せました。
  9. strong>Shell: 英国の石油・ガス会社のShellは今回で29回目の年間リストインであり、利益を110%増加させて3億8,600万ドルの収益を上げたことから前回よりもランキングが6つ上がりました。
  10. UnitedHealth Group: 米国の健康保険およびサービス提供会社であるUnitedHealth Groupは、3億2,400万ドルの収益をあげて利益が16.4%増加したために見事トップ10を果たしました。

まとめ

主にフォーチュン誌は株式、投資、トレーディング、経済などの起業家が興味を持つ様々なトピックを扱うビジネス雑誌です。

フォーチュン 500企業の定義としては、一企業が数千社を超える年間収益を記録して世界のトップ 500の企業に名を連ねるということです。

同リストに名を連ねるには、企業は米国で合法的に活動して実現した収益と財務諸表を政府機関に登録する必要があります。これらの記録はフォーチュン誌の専門家による厳正なチェックを経て毎年企業のトップ 500のリストが発表されています。

によって

Hazem Alhalabi

Web3、FinTech、暗号、その他現代的なトピックなど、幅広いコンセプトのライターです。自分の学んだ知識を分かち合いたいという情熱から、様々な読者に向けて魅力的なコンテンツを作ることに専念しています。日々学ぶことに努め、複雑な概念を誰もが恩恵を受けられるような理解しやすいコンテンツにすることを目指しています。

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア