レバレッジをかけた仮想通貨取引

仮想通貨取引市場についての簡単な概要。FOREXマージン取引を背景にして、レバレッジをかけた仮想通貨取引がいかに今日では人気になっているか。
Author: Rosemary Barnes
Time to reading: 5 minutes
18.09.2020

レバレッジをかけた仮想通貨取引

仮想通貨を取引したいが資金が限られている場合は、仮想通貨取引において最近人気のマージン取引を検討する価値は十分にあります。マージン取引では、仮想通貨取引所や証券会社からお金を借りることで購買力を高め、より大きな利益を得る可能性を持ちます。

マージン取引は、経験豊富なトレーダーにとって理想的な取引ツールであり、他の方法では手に入らないような、より多くの利益を生む可能性のあるポジションを開くことができます。マージン取引は、最近まで外国為替市場では一般的でしたが、ボラティリティの高い仮想通貨市場で利用するにはリスクが高すぎると考えられていました。しかし、レバレッジはリスクを高め、実際に仮想通貨は株式や外国為替市場よりもボラティリティが高いですが、仮想通貨トレーダーはこの魅力的な取引戦略を用いて、利益の可能性を高めようとするようになってきました。

潜在的なリスクはありますが、トレーダーは仮想通貨のボラティリティをうまく利用することで、投資した資金のわずかな割合で、はるかに短い時間で大きな利益を得ることができます。

マージンとレバレッジがどのように機能するかを例を挙げて説明します。マージンは、レバレッジを利用して保有するポジションの合計に比例して取引に投資される資本の量です。例えば、あるトレーダーが200ドルの口座残高で200倍または1:200のレバレッジを利用すると決めた場合、トレーダーのポジションはわずか1%のマージンで20,000ドルに増加することになります。したがって、利益もすべて200倍になります。これほど有益な取引をするためにトレーダーは200ドルの資金だけにリスクを負っていたことを考えると、これはかなり高い報酬だといえます。また、取引に失敗した場合、損失はレバレッジに乗算されないことも注目に値します。この場合、損失し得る最大の額は、レバレッジが適用される前の初期投資額です。

    仮想通貨マージン取引レバレッジをかけた仮想通貨取引、仮想通貨取引プラットフォームマージン取引プラットフォーム仮想通貨取引ソフトウェア
バック
もっと読む
もっと読む
Industry News
19.01.2022
A Step-by-step Approach to Starting a Forex Brokerage Company
Despite the fact that it has not been immune to the effects ...
もっと読む
Industry News
18.01.2022
Bank of America And Wells Fargo Are Killing Fees For Bounced Checks
Overdraft and non-sufficient funds fees and policies have be...
もっと読む
Industry News
18.01.2022
StanChart Fined $61.5 Million For Misreporting Liquidity Position
The Prudential Regulation Authority (PRA), which is part of ...