仮想通貨マージン取引

レバレッジを活用したマージン取引は、保有資金の何倍もの額で特定資産のトレーディングを可能にします。マージンとレバレッジという単語は同義で使われることが多いですが、実際にはマージンとは、トレーダーがより大きな額で取引ができるように、取引口座の資金を担保に仮想通貨取引所や金融機関が貸し出すローンのことであり、これに金利を付けて返済する必要があります。
Author: Rosemary Barnes
Time to reading: 12 minutes
18.09.2020

トレーダーはマージンを使ってレバレッジをかけ、口座にある自己資金だけでは取引できないような大きなポジションをもって取引することを可能にします。レバレッジは5:1といったように、比率で表わされます。500倍のレバレッジをかけたマージントレーダーは利益を500倍にすることができます。もちろん、その分リスクも高くなりますが、ほとんどの場合、リスクの増加はレバレッジと同等ではなく、比例しません。

マージン取引はFXのように変動があまり激しくない市場でとても人気がありますが、最近は仮想通貨市場でも人気を得ています。

How Does Cryptocurrency Margin Trading Differ to Spot Trading?

仮想通貨でのマージン取引の場合も同じコンセプトが適用されます。レバレッジをかけるため、仮想通貨取引所や金融機関から借りた資金で仮想通貨取引を行います。

仮想通貨でマージン取引を行うには、ポジションをオープンするための証拠金の入金が必要になります。これをイニシャル・マージン(当初証拠金)と言います。また、トレーダーはポジションを維持するために特定の資金を口座に残しておく必要があり、これをメンテナンス・マージン(維持証拠金)と言います。

仮想通貨取引所や金融機関によってかけられるレバレッジが違ってきます。例えば200倍のレバレッジを提供した場合、トレーダーは当初証拠金の200倍の額のポジションをオープンすることができます。 20倍を限度としたり、100倍まで提供できたりと、仮想通貨取引所や金融機関によって様々です。

仮想通貨取引所や金融機関でマージンアカウントを開く場合、入金される証拠金が担保となります。マージン取引でかけられるレバレッジとその額は、取引を行うプラットフォームの規定で定められ、当初証拠金の額にもよります。

仮想通貨の取引を行う場合、通常、自己資金で取引所の仮想通貨を売買します。売買時の価格でコインやトークンを購入し、価格が上昇するまで短期的あるいは長期的に保有し、上昇したら売却して利益を確保します。

    トレーディグ業界に新風を巻き起こした新しいトレンドとレバレッジを優位に活用する方法について説明します本記事ではFXでのマージン取引の人気と仮想通貨業界へ人気のクロスオーバーについて説明します
バック
もっと読む
もっと読む
Industry News
19.01.2022
A Step-by-step Approach to Starting a Forex Brokerage Company
Despite the fact that it has not been immune to the effects ...
もっと読む
Industry News
18.01.2022
Bank of America And Wells Fargo Are Killing Fees For Bounced Checks
Overdraft and non-sufficient funds fees and policies have be...
もっと読む
Industry News
18.01.2022
StanChart Fined $61.5 Million For Misreporting Liquidity Position
The Prudential Regulation Authority (PRA), which is part of ...