Iこの記事で

シェア

Dubai to approve the first Bitcoin ETF in the Middle East

業界ニュース

Reading time

中東初のBTCベースのETFが導入されました。Dubaiの金融統制局がビットコインファンドのNasdaqDubai上場申請を承認しました。

同ETFファンドは2021年4月に31Q DAMがリリースしました。開発者はビットコインファンドの拠点としてトロントを選択し、同投資機関はNasdaq上でQBTCというティッカー名でファンドを発行しています。この記事を編集する時点で取引価格が77.45CAD(62.6米ドル)を推移していました。

3iQは仮想通貨の投資業界ではカナダの先駆け企業であり、同社の代表者は大がかりな拡張計画を公開しました。

Dubai金融サービス機構が申請を承認することにより、ビットコインファンドがNasdaqDubaiの上場を果たすきっかけとなって中東の主要プレーヤーに対して新たな投資チャンスをアピールする可能性を実現しました。

Dubai金融サービス機構が申請を承認することにより、ビットコインファンドがNasdaqDubaiの上場を果たすきっかけとなって中東の主要プレーヤーに対して新たな投資チャンスをアピールする可能性を実現しました。

3iQのCEO、フレデリック・パイ氏は業界を変化させるイベントについて次のように述べました。「Dubai金融サービス機構に承認されることは我々にとって非常に嬉しい限りです。NasdaqDubaiの上場を果たすことによって中東の機関投資家の意欲に影響を与えることに間違いないでしょう。さらに大きな取引ニーズに対応するチャンスがあるため、ここから仮想通貨の拡大に向けた新たなフェーズが始まります」

同投資企業は自社の仮想通貨ビジネスを発展させる上で中東が最も適している地域であることを理解しています。

Dubaiは独自のイノベーションで知られており、同市は大多数の業界でブロックチェーン技術を採用することを検討しています。18歳以上のアラブ首長国連邦住民の73%は、仮想通貨資産は将来性のある投資先であることを理解しています。その理由で中東で投資を開始する拠点として選択されました。

シェア