Iこの記事で

シェア

Forex Email Marketing – Forex Marketing Tips

記事

Reading time

1日当たり送受信されるメール件数は数十億通に達しており、その大半はビジネス関連です。メールマーケティングは企業にとって不可欠なコミュニケーション手段であり、FX業界においてこのツールはいかにも重要であることは過言ではありません。

メールマーケティングは新規クライアントの獲得と既存クライアントの継続利用を促すことでとても便利です。集客効果に最適なツールであるだけではなく、コスト的にもお手ごろです。あなたの 仲介業CRM にメール機能がついている場合、比較的に簡単にメール配信が可能です。FXメールマーケティングを有効に活用する方法を教えします。

メール文作成

魅力的なメール内容で集客することは思うほど難しいものではありません。メール内容の趣旨に焦点を当てて、各観点を一つずつ対応することがコツです。受信者にとって読みやすいように内容を短くかつ簡潔にまとめることがとても重要です。このようなスキルがあればとても有利ですが基本的なライティングスキルがあれば集客力があるメール文をさらにまとめやすくなります。大抵のFX仲介業者は良いCRMソリューションを持っており、マーケティングメールを作成するタスクを安易にして、別な社員がそのまま利用できます。

差出人メールアドレスと題名

集客に向けて数多くのクライアントに配信する際、[email protected]のような返信不可のメールアドレスの利用を避けて、適切な設定をすることを心がけましょう。また、迷惑メールの印象を与えないため、[email protected]のように名前を含めたメールアドレスまたは[email protected]のような部署名を含めることをお勧めします。

題名を魅力的な内容にすると開封を促す可能性があるため、目をひくキーワードなどを使いましょう。

題名はメール内容を明確に指して長文は避けましょう。題名を少ない字数で短くまとめると開封される可能性が高まります。特にFX業界では真実とは異なる内容を書いてはいけません。大げさに表現など、やたらと相手の期待を高めるような内容は避けて、必ず明確な内容で事実を正確に伝えましょう。

メール本文

メール本文には主要メッセージと関連する画像を添付しましょう。単にあなたの企業が提供する主なサービスを紹介するのではなく、取引することによって得られるメリットを強調しながら親近感が満ちた表現を使うと良いでしょう。

モバイル機器に配信する場合、段落は最大3行で短くまとめましょう。試験的に送受信してどのような内容で受信されるか事前に確認することをお勧めします。配色や画像の工夫によてメールの視覚的な魅力を高められる上、デザインが優れたテンプレートはクリック率も高めます。

行動喚起(CTA)はマーケティングメールにおいて最も重要な要素です。これは受信者にぜひ起こしていただきたい行動であり、それを実行するためにボタンまたはクリックするリンクを貼ると良いでしょう。なお、CTAは簡単にまとめるだけではなく、読者がリンクをクリックすることによって何を得るのかなどについて明確に伝えなければなりません。

その他  

メールマーケティングにおいて成果を挙げるチャンスを高める方法は他にもあります。良いCRMは顧客グループの作成を実現することにより、あなたの取引プラットフォームの基本情報の紹介など、特定客層に合わせたキャンペーン企画もできます。同じ顧客グループに1・2週間後により詳しい情報でフォローアップするとさらに効果的です。

受信者の名前をメール文に含めるなど、各受信者に合わせた内容にすると、送信リストやボットによって配信されたのではなく、実際の人間から配信された印象を与えます。

Mailchimp、ActiveCampaign、 SendGridなど、マーケティングに特化したプラットフォームが複数あることを特記するべきであり、既存や有望なクライアントの管理や対応、登録確認、ニュースレター管理の他にメール配信も可能です。マーケティング業務の自動化によってFXメールマーケティング手順の簡素化を実現できます。

集客方法

メーリングリストを有料で入手するよりも自分で作成した方が効果的であることは過言ではありません。例えば、自社ウェブサイトにフォームの設置、体験用アカウントの提供、エキスポの出展やオンラインセミナーを開催することにより、FXに感心ある方のメールアドレスを集めることが可能です。 

マーケティングメールは集客に最も有効であり、クライアントを引きつけるツールとして最適です。 

メールマーケティング機能がある FX CRM をお探し、または FX仲介業者ターンキー仮想通貨ブローカー・ターンキーをリリースすることをご検討中の場合、いずれとも幅広いマーケティングツールを利用するチャンスがあり、あなたの希望に沿うソリューションを提供いたします。ぜひご連絡ください。

シェア