Iこの記事で

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

ストップ注文とリミット注文:これら二つの考慮すべき主な違い

Reading time

現在の取引分野は以前の様な手動のやり取りが主な物理的なトレーダールームから大きく進歩しており、今では各小売トレーダーは世界中の投資シーンを簡単に利用できるようになったことで業界全体がよりアクセスしやすく便利になりました。

自動注文と取引メカニズムは最近のデジタル取引革命の大きな部分を占めており、それらによって投資家は希望の価格を選択して好みに応じて市場をナビゲートできるようになっています。この記事ではストップ注文とリミット注文の説明、さらにそれら2つを組み合わせた“ストップリミット注文”を含む3つの取引メカニズムについて説明していきます。

重要なポイント

  1. トレーダーがリミット注文を使用することで、自信が希望する取引に特定の価格を設定できて価格が一致した際には自動的に取引を実行することができます。
  2. ストップ注文価格とは、資産が特定の値を超えたときに資産を売買するためのしきい値を表しています。
  3. リミット注文は主に正確な取引ツールとして設計されていますが、ストップ注文はより市場指向に向けられて設計されています。
  4. これらのツールを組み合わせて使用することで、様々な取引状況下において有益となる可能性があります。

リミット注文(指値注文)とは何ですか?

リミット注文とは、トレーダーが計画している資産に対する購入または販売希望の価格相場を設定できる便利な取引メカニズムです。

ありがたいことに、このメカニズムによって公正市場価格を超える価格設定が防止されます。例えば、トレーダーが特定の取引可能な資産に対して$105でリミット注文を出すことにした際の市場価格が$102に過ぎない注文は認められません。

how limit orders work

これは非常に不測の事態のように思えますが、単一の取引セッション内で無秩序な価格変化が見られるボラティリティの高い市場にとっては有益となることから、指定されたリミット価格は常に現在の市場価格以下である必要があります。

リミット注文は市場で目に見える異なる明確な希望価格の指標であり、トレーダーが売りリミット注文を出す場合も同じ法律が適用されることから市場が提示する現在の価格よりも低い売り注文を設定することは不可能となります。

リミット価格と市場価格

リミット注文には2つの異なるバリエーションがあります。1つ目はリミット価格における指定された価格に対する厳しい制約となりますが、これは正確な価格が公開市場で一致する場合にのみトレーダーが注文タイプの制限を設定した際に取引が実行されることを意味しています。一方、トレーダーが成行注文を使用することで価格の制限を緩和することができます。

Limit Price vs. Market Price Differences

優先見積もりが選択されていても、価格が正確に一致する必要はありません。その代わりに、自身が選択した資産に対する市場の需要が急増している際には非常に高い可能性で一致する場合があります。

この需要の急増を理解して購入を実行する為に注文照合システムが使用されます。当然のことながら、需要の急増はまぐれで最終的には投資家の損失に繋がる可能性があるために不安定な市場ではこのアプローチは危険となる場合があります。

ストップ注文について

ストップ注文とは特定の状況において指値注文に代わる優れた代替手段であり、リミット注文と同様にストップ注文もカスタム価格を念頭に置いて設定可能です。

ただし、ストップ注文はリミット注文とは異なり特定の価格に達することで執行が行われる訳ではありません。反対に、希望価格に達するか超過することでトップ注文の機能が有効になります。

つまり、ストップ注文は特定のしきい値を超える資産を購入するように設計されていることから、投資家は急増する資産タイプへの自動化された投資戦略を構築することが可能となります。

それは資産の売却についても同じで価格が特定のしきい値を下回った場合にのみ取引が市場で有効になります。どちらのケースもリスク管理および機会投資に非常に適しています。

ストップ注文を利用する際に考慮すべき重要な戦略の変更や破棄には価格差が非常に重要です。マイナスの価格差は資産価格が予想外に下落することを意味していることから、販売ストップ注文により希望の売り価格と実際の売り価格の間にかなりの差が生じる可能性があります。

ストップリミット注文の仕組み

それら2つの注文は相互に優れた代替手段として機能しますが、最後は両方のメカニズムを組み合わせたストップリミット注文も利用可能です。ここではトレーダーは希望する購入または売却価格の下限と上限を効果的に設定できることから、トレーダーは許容可能な資産の売買間隔を設定することができるようになります。

How Stop Limit Orders Function

例えば、$100から$105の範囲内で特定の資産を購入したいトレーダーはストップ価格を$105、リミット価格を$100に設定することができます。ここでは株価が$105を下回ると取引が有効となり$100のしきい値を超えるとキャンセルされますが、トレーリングストップリミット注文では問題の資産が指定された間隔を超えても下回っても購入されないようにすることができます。

その結果、トレーダーは健全な評価枠を獲得した上で資産を取得できる可能性が高くなります。価格の間隔は正確な価格よりも一致する可能性がはるかに高くなることから、ストップリミット注文は各注文のそれぞれの長所を組み合わせた優れたメカニズムとなり得ます。ただし、このツールを使いこなして最大限の収益を得るために活用するにはある程度の練習や経験が必要となるでしょう。

レバレッジ取引シナリオにおいてストップ注文とリミット注文は人気であり、それらを上手く用いることで投資家が一度に複数のポジションをより詳細に制御できるようになります。

基本概要

それぞれの注文に最適な状況は何ですか?

上記で説明したように、ストップ注文とリミット注文は両方とも公開市場内での取引結果を制御するように設計されています。これら2つのシステムの最も大きな違いはリミット注文が正確であるのに対してストップ注文を実行するには一般的な市場価格アンカーが必要であることから、それぞれの注文タイプを効果的に利用できるかどうかは特定の市場状況に応じて異なってきます。

さらにリミット注文は市場の特定の目標を達成するように設計されていることから、トレーダーが正確な価格相場に依存するカスタム戦略を持っている場合に最もよく利用されています。つまり、リミット注文は利益率が低く流動性が高い市場においてより効果的となる場合があります。

When to Use Stop and Limit Orders

ストップ注文が持つ2つの主な目的

逆に、ストップ注文はよりリスク軽減戦略として機能します。例として、投資家が将来価値が下がると予想される資産を購入したとしましょう。この望ましくない結果を制御するためにも投資家は逆指値注文の取引価格を価値Xに設定できますが、資産がその評価額Xを下回った場合には自動的に売却が開始されて損失は軽減されます。

一方でストップ注文はトリガーツールとしても機能します。資産が特定の市場価格に達した場合には、その資産の価値が急騰すると予想されることは広く知られています。

したがって、ストップ注文はこれを自動的に検出することでより低い価格またはより良い評価での資産購入が可能になるのです。この戦略はポートフォリオ内で多数の資産タイプを扱うトレーダーにとっては非常に有益となります。

市場に関してはどのセクターでも特定の期間に劇的な価格の急騰や下落が発生する可能性があるために外国為替、仮想通貨、株式市場、コモディティにおいてストップ注文とリミット注文が重宝されています。したがって、市場の状況の変化に合わせてストップリミットの有効化価格などのメカニズムを用意しておくとさらに便利です。

まとめ

ストップ注文とリミット注文は取引業界における興味深い議論であり、どちらの方法にも特有の使用例があるために片方が他方よりも優れていると言い切るのは非常に困難となります。また、熱心な投資家は市場の変化に応じてストップ注文とリミット注文を上手く組み合わせて使用したりすることがよくあります。

したがって、自身の利益を最大化してポートフォリオの成長指標を高めるためにもこれらのメカニズムの適した使用タイミングを知ることが非常に重要となります。成長の促進とリスクの最小化の両方が一気にカバーできるリミット注文およびストップ注文ですが、それらのメリットを最大限に使用するにはその他全ての取引メカニズムと同様に多少の経験や練習が必要になります。

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア