Iこの記事で

によって

Hazem Alhalabi

Web3、FinTech、暗号、その他現代的なトピックなど、幅広いコンセプトのライターです。自分の学んだ知識を分かち合いたいという情熱から、様々な読者に向けて魅力的なコンテンツを作ることに専念しています。日々学ぶことに努め、複雑な概念を誰もが恩恵を受けられるような理解しやすいコンテンツにすることを目指しています。

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

”オプション取引”とは何ですか?

Medium
Reading time

金融市場での取引においてはお金を稼ぐための様々なツールや方法を理解する必要があります。その中で最も簡単な方法は商品価格が高騰した後にそれを売ることですが、市場の動向に対処するためのオプションや先物およびその他のデリバティブなどの代替手段も使用することができます。

オプション取引とは一般的に株式や債券などの取引可能な有価証券の将来の価格を予測する経験や推測を基に外国為替通貨、商品、仮想通貨などの金融商品の潜在力を活用するために使用されます。

これだけ聞けばオプション取引 は非常に簡単そうに思えるかもしれませんが、もちろんオプション取引にはいくつかの種類や戦略が存在します。以下では、オプション取引とは何でどのようなメリットがあるのかを詳しく見ていきましょう。

重要なポイント

  1. ”オプション”とは合意された価格と日付での粒子資産の取引に同意する金融契約を指しています。
  2. オプション取引には言及された資産を売買するための有効期限、権利行使価格、注文タイプなどが記載されています。
  3. コールオプションはトレーダーに対して指定された価格での契約証券の購入権利を与えます。
  4. プットオプションはトレーダーに対して契約した証券を指定された価格での売却権利を与えます。

オプション取引とは何ですか?

オプションとは特定の日に所定の価格で特定の資産を売買する権利を締結する取引契約を指しており、トレーダーが株式を購入する際のオプション契約を締結する場合の初値、将来価格、約定日などが記載されます。

トレーダーは指定日にオプションを行使する権利を持っていますが、それを行う義務はありません。

それに関連した様々な用語には権利行使価格 (執行日の資産価格)、本源的価値 (権利行使価格と実際の市場価格の差)、インザマネー ( 実行されたオプション契約が利益を生む場合)。 アウトオブザマネー(実行されたオプション契約が損益を生む場合) などがあります。

how options trading works

オプション市場の仕組み

金融商品に対するオプション取引は、特定の資産の将来の値動きを推測して特定の価格および日付を固定して商品を売買するために使用されます。

例としては、オプション取引における資産Aに対して今後の市場価格が$100まで上昇すると予想して1単位あたり$90で購入するとします。そして、その有効期限までに株価が$105に上昇した場合は権利行使価格での購入権利を行使して資産を$105で売却することで$5の利益を得ることができるのです。

上記のコールオプションを使った購入例における本質的価値は$5ですが、市場が下落して資産価格が$100を下回った場合には契約を締結せずに過度の損失を回避する権利があります。

コール&プットオプション

これらの契約を実行する2つのタイプにコールオプションとプットオプションがあります。ただし、それらは関係者に対象商品の売買を義務付けるものではありません。

トレーダーが原資産(s)を所定の値(権利行使価格)で購入できる権利を所有することをコールオプションと呼び、一般的に市場価格が上昇するとコールオプションの価値は高まります。

そして、プットオプションとは空売りと同じく実行日に原資産を権利行使価格で売却するトレーダーの権利を指していることから、市場が下落するとより低い価格で証券を購入できるためにプットオプションの価値が高まります。

アメリカ&ヨーロッパオプション

アメリカおよびヨーロッパオプションとは注文の実行時間を指しており、ヨーロッパ取引では有効期限日に資産を売買する権利を行使する必要があります。 一方、アメリカ取引では契約日から有効期限までの間でいつでも行使することができます。

通常アメリカオプションのような取引にはより高いプレミアムな支払いが必要となります。その理由としては、それにはオプションを早期に実行する権利にある程度の価値があることからより魅力的なオプション取引となっているからです。

american vs european options

オプション取引の種類

主にオプション取引の種類はコールとプット (買いと売り) として理解して良いですが、それぞれが市場ポジションのオープンまたはクローズに使用できるためにオプションの種類は計4種類として説明できます。

バイ・トゥ・オープン (BTO)

バイ・トゥ・オープンではコールまたはプットのいずれかでのロング取引を行う権利が与えられることから、トレーダーは原資産を売買する市場ポジションをオープンにすることができます。

例えばABC株について強気な考えを持っているトレーダーは、これからの潜在的な価格急騰を推測してこれらの株をBTOにすることで後にその価格がリターンポイントに達したときに売却できるようにします。

セル・トゥー・オープン (STO)

セル・トゥー・オープンでは、投資家は特定の株式に対して弱気であるため、空売り取引を行う権利が与えられます。 したがって、対象資産を有効期限日(または有効期限前)に売却する契約を締結し、後でより低い価格で購入して価格差から利益を得ることができます。

ただし、市場が予想外に急騰した場合、トレーダーは元の貸し手から原証券を市場価格で購入する必要があるため、これは危険な戦略です。

バイ・トゥー・クローズ (BTC)

決済のための買いとは、以前に売りからオープンまでのオプションとして行使されたショートポジションを手仕舞うことを指します。 トレーダーが特定の証券を売却するためにオプション契約を締結する場合、ほとんどの場合、注文を実行する前に満期日を待つ必要があります。または、STO 契約を相殺するために買いからクローズまでのオプションを開始することもできます。

バイ・トゥ・クローズは市場が不利な動きをした場合にトレーダーの損失を軽減するヘッジ戦略のように機能します。

セル・トゥー・クローズ (STC)

このオプション取引はトレーダーのロングポジションを閉じるために使用されます。トレーダーがバイ・トゥ・オープンを購入する場合には、有効期限が来るまで待つことで対象資産の所有権を主張することができます。

ただし、もし市場がトレーダーに望ましくない方向に動いた際には、トレーダーは売りから決済までのオプションを入力してこの取引から利益を得ることで買いから決済までの損失を相殺することで損失の軽減を図ることができます。

オプション取引を行う主な理由

オプション取引は現代の電子取引プラットフォームの成長および証券取引や金融サービスの多さに伴い、OTC取引やその他の商品に比べて非常に手頃な価格帯へと移行しつつあります。また、以下の複数のメリットも含んでいます。

options trading benefits
  • リスク軽減:オプション取引ではトレーダーに指定された注文を実行する義務はないことから、予期せぬボラティリティや価格変動にも柔軟な対応を取ることができます。
  • 価格の低下:トレーダーはオプション取引を選択する際に株価を支払う必要がありませんが、代わりにトレーダーは株式自体を購入するよりもはるかに安い本質的価値とその他の市場要因から構成されるプレミアム料金を支払います。
  • より高い利益:オプション取引はコストが低いため、市場がトレーダーの予想どおりに動けば潜在的な利益はより高くなります。そして、トレーダーは資産の購入価格全額ではなく取引を結ぶ権利に対して支払いを行います。
  • ヘッジ戦略:オプション取引が提供するポートフォリオ分散機能に加え、特に契約満了日を待つ必要があるヨーロッパ取引においてはポジションの損失や予期せぬ価格変動に対するヘッジとしても機能します。

オプション取引の起源としては、1872年にアメリカの金融家ラッセル・セージが米国の標準化されていない非流動性市場であるOTCコールおよびプットオプションを設立したことから始まります。

基本概要

株式取引でのオプション

オプションは株式投資や株式の直接購入などの代替手段として使用されます。 これらの取引は比較的手頃な価格であり、資産所有権の移転の複雑さが少ないために取得と管理が容易となります。

オプションと株式

オプションには特定の株式を取引する権利の購入が伴うことから、トレーダーは株価全額を支払うのではなく通常であれば市場価格の数分の一ほどになるプレミアム料金が請求されます。

Appleの株式に対してオプションを適用すると仮定した場合、この資産に関連するオプション取引を締結すると市場価格 (ここでは$100) ではなく1株あたり数セントまたは数ドルの費用がかかってしまいます。

そこでトレーダーが権利行使価格として$110のオプション取引にて1株あたり¢30 ($0.30) を支払って株価が$112まで上昇した場合には、トレーダーはコールオプションを行使して原株を購入することができます。

トレーダーは現在の市場価格の$112に従って株式を売却することで1株あたり$2の利益を得ることができます。つまり、1株あたり$0.30を費やすことで1株あたり$1.70の利益を得ることができます。

stocks vs options

オプション取引の使用方法:ステップバイステップガイド

オプション取引の際に適切な銘柄を選択して適切な注文を実行するには、これまでとは少し異なるアプローチや慎重な分析が必要になります。株取引の際のオプション取引の使用方法は次の通りです。

ステップ1:オプション取引の口座を開設する

各証券会社のウェブサイトや取引プラットフォームではオプション取引専用の別のアカウントが用意されており、通常であれば過去に実際の実務経験がある熟練した個人に対して用意されています。

オプション取引は過去に実証済みの取引履歴がある人や、市場の動向を追跡してタイムリーな意思決定を下すのに十分な時間を持っている人に強く推奨されています。一般的にブローカーはオプション取引専用の口座を開設する前に、トレーダーが関連するリスクや必要な資本などに関する慎重な審査を実施します。

ステップ2:適切な資産を選択する

次のステップはリスクヘッジまたは補償する必要がある資産を選択することですが、これは取引される全ての証券とオプション取引を結ぶことを意味するものではありません。オプション取引は変動の激しい株式やレバレッジ取引などの予測が難しい市場ポジションに対する保険のように機能します。

オプション取引の種類を選ぶには、以下に記載される予測された値動きに依存します:

  • 価格の上昇が予想される場合は、コールオプションを買うかプットオプションを売ります。
  • 価格の下落が予想される場合は、プットオプションを買うかコールオプションを売ります。
call and put options

ステップ3:市場を分析する

オプション取引では大きな義務も負わずに特定の資産を売買する権利が与えられます。したがって、このツールを使用することで別の取引で予想される損失を補うことができます。

予測される市場の動きに対して提示された権利行使価格を評価することで、利用可能なオプション契約を慎重に分析します。理想で言えば、コールオプションは予想市場価格がプレミアム手数料分だけ権利行使価格を超えて利益が得られるようにする必要があります。

逆にプットオプションを選択した場合は、潜在的な市場価格が権利行使価格よりも低いことで原資産の空売りによる利益を得ることができます。

ステップ4:取引の期間を特定する

自分に都合のよい取引の有効期限を決定します。ここでの期限は数日から数週間、数ヵ月、数年に及ぶ場合があります。証券には変動および希望する権利行使価格に到達するのに十分な時間がないために短期のオプションにはそれなりのリスクが伴います。

したがって、初心者や平均的なトレーダーは市場を追跡するための時間と柔軟性がより多く得られる長期取引が望ましいと言えます。

オプション取引のメリットとデメリット

これまでにすでに述べたように、オプション取引も市場が予測できない動きをする場合にはそれなりのリスクが伴います。以下では、コールオプションが抱えるリスクとそれがもたらすメリットを見てみましょう。

pros and cons of options contracts

メリット

  • 経済的損失においては株価を支払うのではなく適切な売買取引を行っているため、株価の数分の一となる契約プレミアムの支払いのみに限定されます。
  • 実際に株を買って取引するよりも手間や手続きが少なくなります。
  • オプション取引の種類や取引に応じた幅広い取引戦略を実践することができます。

デメリット

  • オプション取引を真に理解するのは非常に複雑なため、一般的には経験豊富なトレーダーに適した選択肢となっています。
  • オプション取引専用口座を開設するための証拠金要件は様々であり、取引の種類によっては高額になる場合があります。

まとめ

オプション取引とはトレーダーに契約証券を売買する権利を与える金融商品であり、これらのツールは主に株式取引で一般的に使用されておりその他にも商品、外国為替、暗号通貨などの市場でも使用されています。

その中でも資産を売買する権利を指しているのがコールオプションとプットオプションの2種類です。オプション取引はリスクの高いポジションに対するヘッジ戦略として主に使用されていることから、トレーダーはオプションの成行注文を利用して別の取引で予測される損失を相殺できるようになります。

ただし、オプション取引はトレーダーの推測と予測可能性に大きく依存するため、実際にそれを使用するにはオプション取引の複雑さを考慮した上での慎重な分析および検討が必要になります。

よくある質問

オプション取引はどのように機能しますか?

オプション取引はトレーダー対して指定された価格と日付での金融資産の売買権利を与えます。ここでは契約満了日に前述の注文タイプを実行できることから、トレーダーの価格予測が正しければ大きな利益を得ることができます。

オプション取引ではいくら損する可能性がある?

ほとんどの場合、トレーダーの損失は支払うべきオプション取引のプレミアム価格によって決まります。ここではトレーダーは、基礎となる証券の価格を支払うのではなく株式を売買する権利を得るためにお金を支払うことになります。

オプション取引での売りは儲かるの?

オプション取引の売りテは取引の販売に対して支払われるプレミアム手数料から主に利益を得ていますが、実勢市場価格が指定された権利行使価格と一致せずコールオプションの買い手が損失を被った場合にも利益を得ることができます。

なぜ株ではなくオプションを買うのか?

オプションは株式よりも安く、ほとんどのプレミアムは1株の価格と比較して数セントまたは数ドルほどで購入することができるのです。さらに、トレーダーの価格予測が正しければ原資産をさらに売買することでより多くの利益を得ることができます。

によって

Hazem Alhalabi

Web3、FinTech、暗号、その他現代的なトピックなど、幅広いコンセプトのライターです。自分の学んだ知識を分かち合いたいという情熱から、様々な読者に向けて魅力的なコンテンツを作ることに専念しています。日々学ぶことに努め、複雑な概念を誰もが恩恵を受けられるような理解しやすいコンテンツにすることを目指しています。

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア