17.02.2023

B2Coreアップデート:2種類の新モジュールとモバイルバナー設定オプションを導入。

Author: Iskander Ziyanurov

データインポートモジュールは、B2Coreへの取引データの入力を容易にし、手数料ペイバックモジュールは、ブローカーが顧客の手数料の一定割合を返済することを可能にするものです。また、B2Core Mobileでは、モバイルバナーのカスタマイズ方法が新たに追加されました。ブローカーは、自社ブランドを顧客に販売する方法について、より創造的な自由を得ることができます。ブローカーは、これらの追加ツールを利用することで、顧客により良い体験を提供することができます。

手数料キャッシュバックモジュール

取引所では、この分野の常識として、ユーザーが取引する際に手数料を徴収しています。B2Coreは、B2Trader platformと連動する新しいコミッションキャッシュバックモジュールを発表しました。このモジュールにより、ユーザーは暗号の売買やウォレットに暗号を保有する際の手数料をキャッシュバックされるようになります。ユーザーが取引すればするほど、そしてウォレットに保有する暗号が多ければ多いほど、受け取るキャッシュバックの金額は高くなります。

取引所の管理者は、ユーザー専用のカスタム手数料キャッシュバックプランを設計できるようになりました!キャッシュバックのパーセンテージ、保有通貨、キャッシュバック通貨、保有期間など、複数の変数から選択することができます。B2Coreチームは、ブローカーがこの新機能を簡単に利用できるよう、包括的なユーザーガイドと詳細なハウツー記事を作成しました。

データインポートモジュール

Back Office B2Core用に開発されたデータインポートモジュールは、管理者が自身のユーザーデータをインポートすることで、ユーザー、アカウント、IBデータのアップロードを簡素化します。この新機能により、管理者は.CSVまたは.TSVファイル形式を使用してデータを簡単に入力することができるようになりました。IBs (Introducing Brokers)のユーザー、アカウント、情報を素早くアップロードできるデータインポートモジュールは、正確さと効率性を求める管理者にとって優れたソリューションとなります。

データインポートモジュールを理解するために、管理者はユーザーガイドとハウツー記事を参照し、B2Coreにデータをインポートするためのステップバイステップのウォークスルーを提供することが可能です。

カスタマイズ可能なモバイルバナー

最新のアップデートでは、B2Core Back Officeに革新的な変更が加えられ、モバイルアプリケーションのバナーをJSONデータフォーマットで個別に設定することができるようになりました。この必要な機能により、ユーザーはモバイルアプリケーション内のバナーの外観と表示をより自由にコントロールすることができます。

まとめ

B2Coreの最新アップデートでは、ブローカーがより効率的にビジネスを展開できるよう、エキサイティングな新機能をいくつか搭載しました。手数料キャッシュバックモジュールは、ユーザーが取引手数料のキャッシュバックを受けることを可能にし、データインポートモジュールは、ユーザー、口座、IBデータの入力を簡素化し、カスタマイズ可能なモバイルバナーは、モバイルアプリケーション内のバナーの外観をよりコントロールすることができます。これらの新機能により、ブローカーは業務を強化し、顧客により良い体験を提供することができます。

B2Coreチームは、ブローカーにユーザー体験を向上させる最先端の包括的なソリューションを提供することに専念しています。近い将来、デバイス管理システム、ヘルプデスクサービスシステム、セキュリティアップグレードの改善など、さらなるアップグレードとアップデートにご期待ください。まだB2Coreをお試しでない方は、今がチャンスです。