Iこの記事で

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

暗号通貨におけるCFDと先物: 考慮すべき実用的な違い

記事

Reading time

暗号通貨取引は、多数の高度な取引ツールやテクニックを組み込んだ複雑な分野に進化しました。単純な交換やアービトラージの実践で短期利益を得る日々は過ぎ去りました。2024年には、トレーダーは計測可能で一貫した利益を生み出すために、指数関数的に複雑な複雑な取引戦略を習得する必要があります。

暗号では十分な知識を得るための基準が引き上げられており、個人トレーダーは競争力を維持するためにさまざまな取引ツールを知っておく必要があります。先物取引とCFD(差金決済取引)は、暗号と取引市場全般における2つの高度な仕組みです。この記事では、CFDと先物の性質と決定的な違いを分析し、完璧な取引戦略を選択する際に十分な情報を得た上で判断できるようにします

キーポイント

  1. デリバティブ契約は、原資産の価格に応じて価値が変化する未来志向の契約です。
  2. 先物契約は、将来の日付に特定の資産を固定価格で購入する契約です。
  3. CFDは先物と似ていますが、資産の所有権を要求するものではありません。代わりに、CFDは資産価格差額の支払いで決済されます。
  4. 先物契約はより透明ですが、より高い資本要件があるのに対し、CFDはより手頃ですが、時にはリスクが高くなります。

暗号デリバティブ市場を探る

先物契約とCFDは、金融派生商品カテゴリーに属し、将来に尊重される契約の一種です。派生契約は、2つの当事者の間で設定され、特定の資産を特定の価格と日付で交換、購入、または売却するためのものです。派生契約の価値は基礎となる資産にリンクされており、契約価格が増減します。

Crypto CFD Liquidity Explained by John Murillo, CDO at B2Broker | iFX Cyprus Keynote play
20:50
Crypto CFD Liquidity Explained by John Murillo, CDO at B2Broker | iFX Cyprus Keynote
At iFX Cyprus, John Murillo, CDO of B2Broker, presented a detailed analysis of Crypto CFD Liquidity. The speech covered the formation of this liquidity type, its distinction from perpetual futures, and its variance from crypto spot liquidity. This presentation offers valuable insights for those keen on understanding the nuances of crypto finance.

ほとんどの場合、派生商品はレバレッジを使用し、当事者が全体の資産所有権を支払わずにより多くの資産を取得できるようにします。先物取引、オプション、スワップ、差金決済契約など、派生契約には多くのバリエーションがあります。

Types of Derivative Contracts

各タイプには、取引市場や金融市場での契約上の義務や実用例が異なります。派生商品は、取引に限らず、企業がローン契約やその他のビジネス契約を自身の利益のために交換できるようにします。

Types of Derivative Contract Assets

暗号先物契約の説明

先物契約は、特定の資産を特定の価格と将来の日付で購入することに関する2つの市場参加者間の固定された契約です。

資産の現在の市場価格は、先物契約の価格に重大な影響を与え、資産価値がどちらの方向に上昇するかに応じて、安くなったり高くなったりします。たとえば、資産価格が将来の価格に近づくと、これらの契約の需要が増加し、投資家がより低い価格で資産を購入したいと考えるためです。

How Futures Contract Works

先物取引は一見わかりやすいが、リスクの軽減や収益性の最大化を望む個人や企業にとって、多くの実際的な意味を含んでいます 

例えば、先物を使って、特定の暗号資産の値動きを予測し、トレンドを正しく推測して利益を得ることで、投資家は仮想通貨を安い価格で購入したり、高い価格で売却したりすることができます 

また、トレーダーは主要な戦略と反対の先物契約を購入することでリスクをヘッジし、市場価格が横ばいになっても巨額の損失を被らないようにすることができます。この方法はブロックチェーン分野では特に重要で、投資家は不安定な暗号環境で比較的安全に過ごすことができます 

CFDとは何ですか?

先物と同様に、CFDも派生金融商品ですが、1つの大きな違いがあります。CFDは、2つの当事者が資産価格に関する同様の契約を設定する金融契約ですが、締め切りが近づくと価格差額の交換のみを行う必要があります。したがって、CFDには所有権が契約に組み込まれていないため、投資家は巨額な購入のコミットメントをせずに重要な価格変動から利益を得ることができます。

CFDのメリットは、予算に余裕のない投資初心者が、自分の資金範囲外のポジションを取得できることです。しかし、CFDは、値動きによってのみ利益を得ることができるため、先物と比べてより特殊です 

そのため、CFD投資は2者間の契約または資産の交換に使用することはできず、この商品は取引分野における潜在的な利益またはリスクの軽減にのみ有用です 

CFDと先物契約:決定的な違い

上記で分析したとおり、先物とCFDはどちらも、特定資産の将来の値動きに焦点を当てたデリバティブ契約です。CFDも先物も、FX、暗号、株式、コモディティ、その他事実上世界中の取引可能な資産市場に適用できます。しかしながら、これら2つの金融商品は多くの詳細において大きく異なるため、それぞれ異なる状況で適用することができます 

CFDs vs Futures Contracts

契約の仕組みと所有権

先物契約には、あらかじめ決められた有効期限があり、たとえ両当事者が合意したとしても、ロールオーバーの可能性はありません。一方、CFDにはロールオーバ機能があり、ユーザーは最初の期限を超えて契約を延長することができます。先物契約は主に先物交換市場で取引されるため、契約仲介のための第三者手数料や、全米先物協会(NFA)のような中央集権的な追加手数料が必要になります 

一方、CFDは頻繁に市場外(OTC)で取引されるため、専用の第三者からの重要な監視なしに2つの当事者が直接契約を結びます。そのため、CFDはデフォルトで関係する当事者に対して少ない費用がかかります。

市場タイプと資本要件

ほとんどのCFDはOTCメカニズムであるため、CFD契約を作成するブローカーは取引の反対側を頻繁に取ります。その結果、トレーダーはより経験豊富で強力な相手と対峙することがよくあります。さらに、OTC契約は中央集権型取引所契約ほど透明ではなく、これは経験の浅い投資家にとって潜在的に害を及ぼす可能性があります。

一方で、先物取引はより規制され、透明性が高い人気のある取引所で取引されます。これにより、契約およびそれに関連するレートに関するすべての必要な情報が提供されます。そのため、先物取引はより予測可能で安全であり、ブローカーや取引所はトレーダーの反対側の立場を取らず、代わりにトレーダーを直接第二の当事者と先物契約を取引させます。

資本要件については、CFDはより緩やかで、トレーダーはより少ない基本金額で契約を作成または購入することができます。一方、先物取引は基本要件が大きく、一般的に CFD よりもはるかに大きいです。

各メカニズムに最も適した戦略は?

CFDと先物契約の論争がしばらく続いており、初心者の投資家はこの2つのオプションを事実上同じ商品として混同することがよくあります。しかしながら、これらの仕組みは異なるシナリオで役立つものであり、同じように使うべきではありません。ご自身の状況や資金力を考慮し、それぞれの仕組みを活用するのに最適なシナリオをご紹介します 

先物契約を考えるとき

先物契約は、主に予算が大きく、特定の戦略タイムフレームを持つトレーダーに適しています。この商品は透明性が高く、トレーダーはブローカーに賭けることを避けることができますので、場合によっては危険な行為となります 

しかし、先物は必要資本が高く、期日が過ぎると全契約額を購入しなければなりません。そのため、先物契約は高額で時間的制約があり、小口投資家にとっては最適ではないかもしれません 

CFDを考慮するタイミング

CFDには厳しい有効期限がなく、トレーダーが契約終了までに資産を買い取る必要もありません。また、より柔軟性があり、必要資本が少なく、手数料も手頃です。そのため、CFD取引の口座を開設することは、投資初心者にとってより管理しやすくなっています 

しかし、CFD取引はそのカウンター越しという性質上、ハイリスクとみなされ、トレーダーはプロバイダーに対してポジションを取ることを余儀なくされます。ほとんどの場合は、ブローカーや取引所は価格の動きをはるかによく理解しており、長期的には利益を生まない可能性のあるポジションを取ることはありません。そのため、彼らに逆らって賭けることは、新米の投資家にとっては良い考えとは言えません。

Crypto CFDs, Futures and Spot Products – How Do They Differ? play
09:10
B2Broker Q&A | Crypto CFDs, Futures and Spot Products – How Do They Differ?
In this Q&A video, B2Broker CEO Arthur Azizov and CDO John Murillo explain the differences between crypto CFDs, crypto spot and perpetual futures. Discover how these financial instruments work, the advantages and limitations of each one, and the role of each in the cryptocurrency trading market.

最後に思うこと – CFD取引と先物取引

CFDと先物契約は外見上は似ていますが、かなり異なる目的を果たす2つのメカニズムです。経験豊富な投資家にとって、これらのメカニズムの両方を利用して、ボラティルなまたは頻繁に変動する取引市場で利益を最大化し、リスクをヘッジすることができます。

そのため、両方の契約をよく理解して、どのようなときに使うべきかを把握しておくことが不可欠です。経験則では、資産を購入する必要がない戦略にはCFDを、最終的に資産を所有する長期取引戦略には先物を取引するのが最適です。そのため、契約をよく選択し、特定の状況を考慮して、完璧なテクニックを考えましょう!

よくある質問

暗号先物とは何ですか?

暗号先物は、あらゆる面で普通の先物契約と似ています。暗号先物は、不安定なブロックチェーン分野のリスクの軽減に役立つため、ますます人気が高まっています。

暗号のスポットポジションとは何ですか?

暗号取引における直物ポジションは、デリバティブ契約とは正反対であり、将来の契約を作成する代わりに「スポーツで」資産を購入または売却することを伴います。

スポット市場と先物市場の違いは何ですか?

スポット市場は即時執行を目的としているのに対し、先物やCFDは価格投機や長期取引戦略に適しています。

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア