Iこの記事で

によって

Hazem Alhalabi

Web3、FinTech、暗号、その他現代的なトピックなど、幅広いコンセプトのライターです。自分の学んだ知識を分かち合いたいという情熱から、様々な読者に向けて魅力的なコンテンツを作ることに専念しています。日々学ぶことに努め、複雑な概念を誰もが恩恵を受けられるような理解しやすいコンテンツにすることを目指しています。

もっと読むLinkedin

校正者

Tamta Suladze

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

三角持ち合い裁定取引のチャンスを活用する方法

記事

Reading time

数十年にわたり、トレーダーたちは動的な金融市場向けにいくつかの戦略を見つけました。 アービトラージは、市場の非効率性から利益を得て、それを利益をもたらす取引の機会に変える戦略の一つです。

三角裁定取引の仕組みは複雑であり、多くのトレーダーは市場の違いを利用する最適な機会を見極めることができません。つまり、細心の注意を払って行わなければならない。しかし、豊富な経験と多額の資金を持つトレーダーにとっては、有益なものとなります。以下に、三角アービトラージ取引を始めるために必要な知識をすべて紹介します。

キーポイント

  1. 三角裁定取引は、トレーダーが3つの異なる資産を使用して、ある市場から購入し、別の市場で売却する裁定取引と同様に、市場の不均衡を利用します。
  2. アービトラージャーは、機会を見つけることを目的とし、一方、資産Aを資産Bに交換し、次に資産Cに交換することは、資産AをCに直接取引するよりも収益性が高いです。
  3. 三角裁定取引の成功には、機会を見つけ、期待される結果を見つけるための慎重な計算が必要です。

アービトラージ取引とは何ですか。

裁定取引とは、異なる市場間の差を利用して利益を上げることを意味します。例えば、ある市場である資産を購入し、別の市場でより高い価格で売却し、差益を得ることです。 

裁定取引は主に、1つのアセットが地理的に異なる市場で売買できる場合に行われます 

たとえば、トレーダーはニューヨーク証券取引所の市場で100ドルで会社ABCの株式を購入し、ABC社が上場している別の市場で売却することができます。この例では、トレーダーはこれらの株式をロンドン証券取引所で1株102ドルで売却し、市場の違いと為替レートを利用して1株あたり2ドルの利益を得ることができます。

これはわずかな利益のように思えるかもしれませんが、これを何度も繰り返し、大量の株式で行うと、取引はかなりの利益を生むでしょう。

この戦略は、ある資産が1つの市場で取引されている場合には機能しないかもしれません。たとえば、S&P 500FTSE 100 のような指数は、地理的に分散した市場で利用できないことがあります。

三角裁定取引のほとんどはFX市場で行われ、1日の取引高が5兆ドルという流動性の高さを利用しています。

事実

三角裁定取引について

価格差を利用して利益を上げるために、三角裁定取引では、同じ市場または他の市場で少なくとも3つの異なる資産で取引を行います。三角裁定取引の機会を見つけるには、広範な市場知識と分析が必要であるため、三角裁定取引は慎重に実行する必要があります

三角裁定取引に取り組むトレーダーは、株式市場や債券よりもダイナミックでチャンスがあるため、暗号通貨や外国為替市場を利用することがほとんどです。 

さらに、為替はペアで取引され、その価格は互いに依存し合い、ペアで動くため、裁定取引のチャンスがあります。同じことが、いくつかのコインやデジタル通貨が利用可能な暗号市場にも当てはまり、トレーダーは、例えば、BTCとETHを直接交換することができます。

しかし、暗号市場は、価格が素早く、さまざまな方法で動くため、裁定取引トレーダーにとって危険である可能性があり、トレーダーはサイクルを終えるまでに裁定取引の機会を失うかもしれません。

三角裁定取引はどのように機能しますか?

三角矢印取引は、資産1を購入し、資産2と交換し、資産3と交換し、最終的に資産1と取引することで行われます。このプロセスは、市場価格の違いを利用してトレーダーにとって利益を生む機会を作り出します。

たとえば、トレーダーは異なる通貨を使用し、1つの暗号通貨を別の暗号通貨に交換する能力を活用して、暗号市場で三角取引を行うことができます。

トレーダーは、USDT の保有を使用してBTCを購入し、ETHに交換し、最終的にUSDTに戻すことができます。最終的に、これらの3つの通貨間の価格差が得られます。

また、三角取引は外国為替市場で実行することもでき、異なる通貨ペアをお互いに交換することで、市場の非効率性から利益を得る複数の機会を作り出します。

外国為替市場で三角矢印取引から利益を得るための最も有名なトリオは、EUR/USD、EUR/GBP、およびUSD/GBPです。つまり、ドルをユーロに変換し、EURをGBPに交換し、結果として得られるポンドを米ドルに戻すことです。

また、EUR/USDペアに他の通貨を使用することも可能で、例えば日本円やスイスフランを使用できます。最終的に、トレーダーは第三の資産を介して2つの資産間で取引することにより、初めに投資した額よりも多くの利益を得る方法を探しています。

三角取引の機会を見つける方法

上記に示した暗号の三角アービトラージの例によると、あるトレーダーがUSDTを30,000ドル持っており、三角アービトラージの機会を探したいとします。

トレーダーは、保持しているUSDTをビットコインに交換し、そのBTCの金額を使ってイーサリアムに交換することができます。その後、BTCで取り戻したETHを売却します。これは、市場における異なる売買価格を裁定することによって行われます。 

この3つの取引後の最終金額が30,000ドルと異なる場合、それは三角アービトラージの機会でした。いうまでもなく、トレーダーは最初に投資した金額以上、この例では30,000ドル以上を得たいものです。

トレーダーは30,000 USDTを使ってBTCを購入して、1.13205899 BTCを取得します。その後、獲得したBTCを使用してETHを購入し、18.38846931 ETHを獲得します。その後、トレーダーはETHをUSDTで売って、見返りとして29,825USDTを受け取ります。

このシナリオでは、トレーダーはこの三角取引で175 USDTを失い、これは勝ち組の三角矢印取引を表していません。したがって、三角矢印取引に参加する前に、異なる通貨トリオに対して同様の分析が行われるべきです。

トライアングルアービトラージトレードを行うための異なる方法があり、買い-買い-売り注文のような、上記の例のような方法や買い-売り-売り注文があります。

外国為替での三角取引戦略

外国為替市場は最もダイナミックな市場の1つであり、多くの取引商品が1日に数回変動します。数十の通貨ペアがあり、三角取引に参加する絶好の機会を提供しています。

外国為替アービトラージャーは、通貨市場でスポットおよび先物契約を通じて価格の不一致を利用し、低価格の通貨ペアを購入し、高価格の通貨ペアを売却することを目指しています。

外国為替での三角取引は他の市場と似ており、三角矢印取引を開始する有名な方法がいくつかあります。

外国為替の三角矢印取引

伝統的なFXのポジションにおいて、トレーダーは2つの通貨を特定し、一方をもう一方に交換する必要があります。例えば、EUR/USDは1ユーロで何米ドルが手に入るかを表しています。

しかし、三角貿易の裁定取引では、トレーダーは、AをBとCに交換する方が、AをCに直接交換するよりも有益である3つの通貨を特定しなければなりません。

例えば、EUR/USD、GBP/USD、EUR/GBPの「暗示的価値」が、EUR/GBPの「実質的価値」を直接交換するのと異なる場合、裁定取引の機会が存在します。

現在、ペアのEUR/USDは1.07ドル、すなわち1.07ドルで取引されており、カップルのGBP/USDは1.24ドルです。そこで、米ドルで表示されたEUR/GBPのレートを求める必要があり、その値は1.07/1.24 = 0.8629となります。

3 つの通貨間の価格の乖離の結果、インプライドバリューがリアルバリューより大きくなったので、買わなければなりません。

一方、もしインプライドバリューがリアルバリューより小さければ、私たちはそれを売ることになります。

逆に、インプライドバリューがリアルバリューより小さければ、売ることになります。

FX統計アービトラージ

三角裁定戦略ではありませんが、為替市場における統計的裁定取引は、2種類の通貨を比較し、その価格差が将来も残る可能性が高いことを発見することを意味します。

FX 統計的アービトラージでは、2つの通貨バスケットを作成します。1つはパフォーマンスの高い通貨、もう1つはパフォーマンスの低い通貨です。トレーダーは、価値の高いバスケットを売り、価値の低いバスケットを買います。

ここで考えられるのは、2つのバスケットの価値は変動しやすく、将来的には平均価格に戻る可能性が高いということです。この情報を使って、トレーダーは為替市場で三角裁定の機会を見つけることができるかもしれません。

リスクのない利益

三角裁定取引について、リスクのない取引、あるいはリスクのない利益と表現する人もいるかもしれません。しかし、これは事実とは程遠い。三角裁定取引戦略を成功させるには、慎重かつタイムリーな実行が必要です。そうでなければ、トレーダーは時間内に捕まり、価格はトレーダーにとって有利な方向ではなく、変化してしまうでしょう。

加えて、通常、得られる利益はわずかであり、トレーダーが数十ドルを超える実利を得るためには、10万ドルや100万ドルといった多額の資金を使って三角裁定取引を試みる必要があります。

自動化した三角裁定取引戦略

金融市場は早いペースで動いており、裁定取引の機会はめったにありません。しかし、市場は自己修正するものであり、三角裁定取引のチャンスが現れても、価格はすぐに元に戻り、裁定取引のチャンスはなくなってしまう。

さらに、先に挙げた例で示したように、三角裁定取引には、このような機会を発見し、それが勝てるものであるかどうか、または期待されるリターンはいくらか、を調べるための一連の計算が含まれます。

これらの計算には、市場が再調整するのに十分な、数秒から数分かかる場合があり、見積もりは無効になってしまいます。

そのため、一部のトレーダーたちは、このプロセスを自動化し、価格が再調整される前に、三角アービトラージのボットを使って、三角アービトラージを素早く行います。

これは、トレーダーが条件を入力し、トレーディングボットがアクションを実行し、市場に参入・退出し、その他の操作を行う自動取引ボットや自動取引機能を提供する取引プラットフォームを使用して行う必要があります。

トライアングルアービトラージの利点

トライアングルトレードを活用することで、市場のダイナミクスと価格の乖離を利用して、以下の利点を享受することができます。

取引リスクの低減

三角裁定取引は、計算された数字とリスクを用いて行われるため、無作為性や運が入り込む余地がありません。さらに、タイムリーな取引であるため、長期にわたって資産を保有する必要がなく、予測不可能な将来の変動の余地がありません。

高い市場の流動性

三角裁定のチャンスは、ある通貨を別の通貨に交換できるFXや暗号市場で最もよく見つかり、市場価格の不均衡を利用してこのような取引を行う機会が増えます

同時に、この2つの市場は流動性が高くダイナミックであり、価格が毎日急速に動くため、複数の裁定取引の機会が生まれます。 

オートメーション化することができます

これらの取引は、与えられたルールと条件を使用して行われ、手動で行う場合でも、トレーダーは同じ手順を踏む必要があります。しかし、こうした手順を取引ボットを使って自動化することで、プロセスをより迅速かつ安全に行うことができます。

三角裁定取引のデメリット

以上の情報を踏まえると、三角アービトラージ取引は利益を生み出す理想的な取引戦略に見えるかもしれません。しかし、トレーダーは以下の課題に注意しなければなりません。

スリッページのリスク

価格は迅速に動きます、そして、一瞬のうちにアービトラージトレードの機会全体を台無しにすることがあります。異なる取引プラットフォームには異なる執行システムがあり、スリッページのリスクが発生する可能性があり、意図した価格と異なる価格でポジションを買い/売りすることがあります。

非常に速い約定が必要

裁定取引には、タイムリーで素早い約定が必要なため、トレーダーはこのプロセスを自動化するためにボットを使用します。 

しかし、ボットを利用できなかった場合、取引は機会を見つけ、リスクと期待値を計算し、市場価格が変わる前に取引を実行する必要があるため、これは困難になる可能性があります。

複雑になる可能性があります。

その複雑な計算や概念を考えると、初心者には最適な取引戦略ではないかもしれません。さらに、意味のある結果を見るためには、多額の資本投資が必要な場合があり、新米トレーダーには手が出せないかもしれません。

まとめ

三角形の手法でアービトラージ取引に取り組むことは、2つの資産の間で第3の資産を利用して取引を行い、価格格差と市場の非効率性を利用することを意味します。このように、トレーダーは第3の通貨や資産を通じて売買ポジションを取ることができ、同じ資産で直接取引するよりも高い利益を実現できる可能性があります。

このためには、適切な裁定取引の機会を発見し、期待される結果を計算し、トレーダーが買いポジションに従事しなければならないか売りポジションに従事しなければならないかを決定するために、慎重に検討する必要があります。しかしながら、このプロセスは、数秒以内に開始、完了するため、より低いリスクを伴い、さらなる価格変動や予測不可能な市場の動きの余地を残しません。

よくある質問

三角裁定取引は合法なのですか?

裁定取引による金融市場での資産の売買は、価格操作を含まないため、法律に違反するものではありません。

三角裁定取引はどのように行うのですか?

三角取引とは、第3の資産をベースとして、2つの資産間で間接的に取引を行うことです。この方法で、トレーダーは最初の資産を別の資産に直接取引するよりも多くの利益を得ようとします。

三角裁定取引はどのくらい収益性がありますか?

三角裁定取引は、注意深く計算した上で適時に行われ、将来の価格変動の余地を残さないため、適時に正しく実行されれば、非常に利益を上げることができます。

裁定取引で本当に儲けることができますか?

はい、トレーダーたちは市場の非効率性や異なる資産間の価格差を利用してお金を稼ぎます。適切な計算とタイムリーな執行を行うことで、トレーダーは裁定取引で本当に儲けることができます。

によって

Hazem Alhalabi

Web3、FinTech、暗号、その他現代的なトピックなど、幅広いコンセプトのライターです。自分の学んだ知識を分かち合いたいという情熱から、様々な読者に向けて魅力的なコンテンツを作ることに専念しています。日々学ぶことに努め、複雑な概念を誰もが恩恵を受けられるような理解しやすいコンテンツにすることを目指しています。

もっと読むLinkedin

校正者

Tamta Suladze

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア