Iこの記事で

によって

Anna Churakova

常に世界について新しいことを学ぶことに貪欲で、外国語を学ぶのが好きな私は、技術翻訳者、フィンテック製品のテクニカルライター、コピーライターとして働きながら、さまざまな分野の文章を経験しました  私が目指しているのは、読者にトピックに関する包括的な情報を与えるだけでなく、記事を創造的で興味深いものにし、複雑なことを理解しやすくすることで、読者が読書から利益を得るだけでなく、楽しむことができるようにすることです

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

為替レートの固定相場と変動相場の違いを説明する

記事

Reading time

投資家や ディーラー、さらには国家全体の経済が為替相場の方向性に大きく依存しているため、為替レートは関係者全員にとって重要な指標となっています。この記事では、為替レートとその種類について説明します。

キーポイント

  1. 為替レートとは、ある一国の通貨の価値を他の通貨で表示したものです。
  2. 為替レートは、ビッド/アスクの水準によって自己修正されます。
  3. 為替レートはビッド/アスクの水準によって変動します。
  4. 各国の政府は、金融政策において両方のタイプの要素を組み合わせることが多い。

為替レートは何を意味するのか

通貨とは、国家の公式通貨単位である。為替レートとは、ある国の通貨の価格を他の国の通貨で表現したものです。

通貨の交換レートは、通貨需要や通貨市場への供給に応じて、法律(つまり国家が定める)によって決定されることもあれば、市場の状態の影響だけで形成されることもあります

通貨の交換は多くの側面から影響を受けるが、その中には次のようなものがある:

  • 中央銀行の行動 – 中央銀行は、国の通貨の為替レートをある方法で制御することができます。 規制当局 は、通貨介入を行ったり、準備金や政府証券とのさまざまな取引操作を行ったり、金利を変更したりすることができます。
  • 市場における為替レート – 通貨の商業的な価値は、人々がそれをどれだけ使用したいと考えているか、およびそれがどれだけ利用可能かに依存します。
  • 国内の経済環境 – 為替レートは、国内経済の状態、生産の動向、商品の輸出入のボリューム、資本の流入と流出、投資のボリューム、社会経済的要因などを反映しています。
  • 外部要因 – 為替レートは、経済的および政治的危機、大規模な自然災害、地政学的な緊張(戦争、制裁など)など、マクロ経済的なショックによって大きな影響を受けることがあります(通常、負の影響があります)。

変換レートには固定と浮動の2つのタイプが存在します。それらについて詳しく話し合いましょう。

為替固定レートとは何ですか?

為替レートの一種にペッグ(固定)レートがあります。中央金融当局は、米ドル、英ポンド、ユーロなどの主要通貨の価値について固定レートを設定します。これは、為替レートが固定されている国と頻繁に取引するトレーダーは、常に同じレートと価値を得ることができることを意味します。

この種類の為替レートは、安定した通貨と予測可能な貿易収支を求める国に好まれます。しかし、それは自国通貨の価値が、ペッグされている通貨と連動し、変動することを意味します。

一つの固定通貨への依存を減らすため、中央銀行の中には、自国通貨を複数の通貨に異なる割合でペッグすることで、このリスクを分散しているところもあります。例えば、米ドルに60%、ユーロに30%、英ポンドに10%といった具合です。こうすることで、自国通貨が固定されている他の通貨の変動リスクにさらされにくくなります。

政府は通常、通貨の安定を維持し、一貫した予測可能な金融取引を保証するために、ペッグレートを設定します。

政府機関または中央銀行が固定レートを設定することも、金価格に基づいて設定することもできます。

為替レートのペッグ制は、中央銀行または政府によって設定される。その目標は通貨の価値を安定させることである。このペッグ制を調整するために為替レート・メカニズムを利用し、貿易を正常化し、インフレを抑制することで、通貨ペッグ制の一貫性を保つことができます。

メリットとデメリット

為替レートの柔軟性と同様に、固定レートにも長所と短所があります。

以下のようなメリットがあります。

  • 為替変動のない利点 – 固定為替レートは購買力を維持し、市場の変動に関係なく通貨を一定に保ち、通貨の安定性を確保し、裁定機会を排除します。
  • 安定したインフレーション – 固定為替レートは国の通貨を他の通貨に固定することでインフレーションを防ぎ、商品やサービスの価格を手ごろに保ち、安定した経済を創り出します。
  • 投資促進 – 固定為替レートシステムは、安定性を確保し、資産や収入の変更を防ぎ、通貨を簡単に所望の通貨に変換できるため、両国の投資と成長を促進し、州間の貿易を促進します。

以下は一部の欠点のリストです:

  • 高い保守コスト – 中央銀行は市場を一貫して監視し、重要な経済変動を防ぐために介入する必要があり、不適切な管理は大きなコストと経済危機につながる可能性があります。
  • 訂正の自由が制限される – 中央銀行が利子率を調整し、経済を活性化させる場合、それを適切に行う自由が制限されるため、それを適切に行うことができない可能性があります。
  • 複雑性 – 固定為替レートは浮動為替レートの再均衡や自動修正機能を失い、より複雑になります。
  • 大きな準備金要件 – 通貨が圧力を受け、支援が必要な場合、大きな準備金が必要です。

浮動為替レートとは何ですか?

浮動(時折柔軟または自己訂正とも呼ばれる)為替レートは、売値と買値に従って変動することが特徴です。

ですので、この場合、為替レートは日々変動するのでしょうか?多くの人々が通貨を購入したい場合、またはそれがあまり利用可能でない場合、その特定の通貨は他の通貨よりも価値が上がります。 市場指標が変わると、通貨が変換されるレートも変わります。

簡単に言えば、もしある通貨の需要が少なければ、その価値は下がり、他の国から輸入される商品の価格が高くなります。しかし、多くの人がその通貨を買いたいと思えば、その価値は上がります。

国の柔軟なシステムを導入することで、為替レートの修正における中央当局の干渉を最小限に抑えることができる、つまり、為替レートは自己修正されることになります。

インフレーション、金利変動、海外投資などの要因は、需要と供給に影響を与える可能性があります。

国が海外投資家から多くの資金を得ると、その通貨を買いたい人が増えるため、通貨の価値が上がります。これらの側面は、為替がどれだけの価値を持つかにかなりの影響を及ぼし、自己修正コースの変化を引き起こします。

メリットとデメリット

メリットとデメリットの両方が、浮動為替コースに関連しています。 

以下は一部の利点です:

  • 適応的な取引 – 柔軟な通貨は、金融当局や政府の管理がない市場で独自に取引できます。これにより、厳格な監視と制限なしに柔軟な取引が可能となります。
  • 市場の効率性 – 柔軟な為替レートは国々間で柔軟な投資を可能にし、投資家にとって国への魅力を高め、国の経済と国内生産の活性化に寄与します。
  • 準備資金の要件低減 – 柔軟なレートにより、為替レートの調整をバランスに保持する必要がないため、中央金融当局や銀行は準備資金を使用できます。代わりに、これらの準備資金は資本財の購入を通じて経済発展を刺激するために使用できます。
  • インフレ対策 – 柔軟な為替レートを持つ国々は、収支の黒字や上昇する輸入コストから発生する輸入インフレの問題を回避します。
  • 収支 – 自己訂正の為替レートは規制の不足により、資源とキャッシュフローが解放されるため、収支 を安定させます。

ただし、浮動為替レートの欠点もあります:

  • ボラティリティリスク – 自己訂正通貨はその固有の不安定性と予測不可能性のため非常にボラティルです。これらの通貨は一つの取引日内で価値を下げ、供給と需要の変動を含む予測不可能な市況条件に大きく影響を受けます。
  • 経済問題の解決能力の制約 – 通貨が減価すると、高い失業率、高いインフレーション、低いGDPなどの国の経済問題を解決できない可能性があります。これにより、インフレと商品への需要が増加する可能性があります。
  • 経済成長の制約 – 為替レートに対する厳格なコントロールの不在は、経済成長と回復を妨げる可能性があります。特に高いインフレーション時に通貨が減価すると、経済力の弱い国々では輸出と輸入に関する問題が発生する可能性があります。
  • 投資流出 – 為替レートの変動は、外国の企業が国の経済に投資を行うのを阻止する可能性があります。

どちらのレートが良いのか

変動レートとペッグレートのどちらを選ぶかは、その国の財政状況によって異なります。

経済と財政政策が堅調で健全な場合、自己修正レートは財政的なメリットとみなすことができます。しかし、市場心理が弱まれば、通貨価値の下落につながる可能性があります。 

この競争は、どちらのレートが優れているということはないため、勝者はいません。国は自国に合った金利タイプを選択するのが一般的で、多くの場合、両方の方法の要素を用いたハイブリッドモデルになります。

国際通貨基金 は、浮動為替レートが国の経済的成熟度を示すと提案しています。しかし、一部の国々は管理された浮動方法を選択し、為替レートがあまりに低いか高い場合には、政府がレート調整に介入できるようにします。

まとめ

為替の変動相場はアスクレベルとビッドレベルに関連して動き、固定相場は金融当局や政府当局が設定します。国は自国の経済システムと各タイプの利点に基づいて為替レートを選択します。ただし、単一の為替レートを選択する国はまれです。多くの場合、1つの為替コースタイプの要素をもう1つの為替コースタイプに組み込み、両方のアプローチから利益を得ています。

によって

Anna Churakova

常に世界について新しいことを学ぶことに貪欲で、外国語を学ぶのが好きな私は、技術翻訳者、フィンテック製品のテクニカルライター、コピーライターとして働きながら、さまざまな分野の文章を経験しました  私が目指しているのは、読者にトピックに関する包括的な情報を与えるだけでなく、記事を創造的で興味深いものにし、複雑なことを理解しやすくすることで、読者が読書から利益を得るだけでなく、楽しむことができるようにすることです

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア