Iこの記事で

によって

Anna Churakova

常に世界について新しいことを学ぶことに貪欲で、外国語を学ぶのが好きな私は、技術翻訳者、フィンテック製品のテクニカルライター、コピーライターとして働きながら、さまざまな分野の文章を経験しました 

もっと読むLinkedin

校正者

Tamta Suladze

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

トップ10の暗号通貨フレンドリーな国 2024

記事

Reading time

暗号通貨は金融を革命的に変え、投資家やビジネスに新たな機会を提供しました。しかし、世界中の国々はこの新興市場の規制に取り組んでいます。ある国々は暗号通貨の支払いを受け入れ、好意的な環境を作り出している一方で、他の国々は慎重または制限的なアプローチを取っています。

2024年には、多くの国々が暗号通貨を受け入れ、投資、取引、支払いにおける仮想通貨の使用が増加しています。

この記事では、最も暗号通貨に友好的な国々を探り、2024年に暗号通貨ビジネスを始めるための選択肢をご紹介します。

主要ポイント

  1. 暗号通貨フレンドリーな国は、支援的な規制、低税率、発展したインフラを提供することで暗号通貨の運営を容易にします。
  2. 暗号通貨税は他の資産や財産に対する税金と同様に機能します。
  3. 中国、エジプト、カタールは最も暗号通貨にフレンドリーではない国です。
  4. ポルトガル、スイス、エルサルバドルなどは暗号通貨に友好的な国です。

暗号通貨フレンドリーの定義

暗号通貨フレンドリーな国は、暗号通貨産業の成長を促進します。これらの国々は明確で支援的な規制、税制優遇、高い採用率と受容度、発展したインフラ、そして革新的な思考を提供します。これらの国々は、暗号通貨分野で活動する企業や個人にとって確実性と安定性を提供し、暗号通貨活動に対するキャピタルゲイン税、所得税、付加価値税(VAT)を低くまたは免除します。

これらの国々は、暗号通貨産業を支えるための発展したインフラも持っており、暗号通貨取引所ウォレット決済処理業者などの関連サービスが含まれます。このエコシステムは暗号通貨のシームレスな使用と統合を促進します。この考え方は、国内での暗号通貨産業の成長と発展を促進します。

crypto ownership distribution in 2024

暗号通貨フレンドリーな国々は、2009年の暗号通貨の誕生以来進化しており、多くの国々が技術に対する姿勢を緩和し、グローバルトレンドに乗じています。ある国々は世界で最も暗号通貨にフレンドリーな国の一つと見なされることを目指しており、他の国々は外国投資機会の創出や最低限の暗号通貨税を通じた収益の創出に焦点を当てています。

この相互に有益な関係は、暗号通貨保有者にとってその国をトップの選択肢にし、投資家が稼いだお金を節約するのに役立ちます。しかし、国の暗号通貨フレンドリーなステータスが必ずしも多くの暗号通貨ユーザーを意味するわけではありません。

暗号通貨課税の説明

暗号通貨フレンドリーな国には、最低限の暗号通貨キャピタルゲイン税、所得税、取引所税が必要です。暗号通貨の税法は常に進化しており、最新情報を常に把握することが重要です。米国国税庁(IRS)は、暗号通貨を変換可能な仮想資産として分類しており、NFTステーブルコインを含み、従来の財産取引と同じ原則に従います。資産がデジタル資産の特性を持っている場合、連邦所得税目的でデジタル資産として扱われます。

暗号通貨取引所、取引、および暗号通貨からの収入は、ほとんどの政府によって課税されます。課税対象となる取引には、デジタル資産を現金に売却すること、デジタル資産を取引すること、暗号通貨を支払いとして使用すること、暗号通貨をマイニングまたはステーキングすること、エアドロップされたトークンを受け取ること、暗号通貨で支払いを受け取ること、暗号通貨で利子や収益を受け取ることが含まれます。

ただし、すべての暗号通貨取引が課税対象となるわけではなく、現金でデジタル資産を購入すること、ウォレットやアカウント間でデジタル資産を転送すること、ブロックチェーンのお金を贈与すること、暗号通貨を寄付することなどの活動は税控除の対象となります。

暗号通貨の税金は他の資産や財産の税金と類似しており、所有者が使用し利益が実現した際に課税イベントが発生します。これらのイベントには、デジタル資産を法定通貨に売却すること、デジタル資産を財産、商品、またはサービスに交換すること、別のデジタル資産に交換または取引すること、支払いとしてデジタル資産を受け取ること、ハードフォークによって新しいデジタル資産を受け取ること、マイニングまたはステーキング活動、エアドロップ、およびデジタル資産に対する金融的利益のその他の処分が含まれます。

暗号通貨ビジネスの国を慎重に選ぶ理由

2024年には、ブロックチェーンコイン投資のための国の選択が、その規制環境、税制政策、市場アクセス、法的保護、受容度と採用率、地政学的安定性、革新性のために重要です。

好意的な規制環境を持つ国は、暗号通貨投資の実現可能性と安全性を決定できる一方で、厳しい規制や一貫性のない政策を持つ国は、暗号通貨関連の活動の合法性と実施の容易さに影響を与える可能性があります。暗号通貨市場へのアクセスも国によって異なり、ある国々にはよく確立された取引所とインフラがある一方で、他の国々はアクセスが限られています。

legality of crypto in 2024

暗号通貨ユーザーと投資家のための法的保護も国によって異なり、ある国々は包括的なフレームワークを提供し、他の国々はそのような保護を欠いています。暗号通貨の受容と採用も国によって異なり、ある国々は政府の支援、投資インセンティブ、および活気あるスタートアップエコシステムを通じてブロックチェーンプロジェクトの革新と発展を促進しています。

安定した政治的および経済的環境を持つ国を選ぶことで、暗号通貨投資に関連するリスクを軽減できます。国際的な暗号通貨投資を検討する際には、遵守を確保しリスクを軽減するために法的および財務的アドバイスを求めることをお勧めします。

最も暗号通貨にフレンドリーではない国とは?

世界で暗号通貨の人気が高まっているにもかかわらず、一部の国々はまだデジタル通貨を受け入れず、使用を禁止しています。

そのため、カタール、エジプト、バングラデシュ、モロッコ、中国は最も暗号通貨にフレンドリーではない国々です。

中国は2017年に一部の暗号通貨取引所を禁止し、2021年に暗号通貨の購入とマイニングに対する包括的な禁止措置を導入しました。この禁止措置はまだ有効であり、違反者には刑務所の刑が課されます。

カタールは、暗号通貨の運営と取引を領土内で禁止しており、2020年の法律で銀行や金融機関が暗号通貨を交換、受け取り、送信、アカウントを作成することを禁止しました。この禁止措置は、マネーロンダリングやテロ資金供与の懸念から生じました。テクノロジーに精通したカタールは、代替手段として中央集権型デジタル通貨の発行の可能性を探っています。

エジプトは2018年から暗号通貨のマイニングと運営を禁止しており、ブロックチェーンの操作がギャンブルや投機に似ているとするダル・アル・イフタの宣言を引用しています。2018年1月に発行されたファトワは法的に拘束力を持つようになりました。

バングラデシュは2014年に暗号トークンを違法と宣言し、モロッコは2017年にすべての暗号活動を禁止しました。

トップ10の暗号通貨フレンドリーな国

2024年における暗号通貨の取り組みのための国の選択は、投資の成功と安全性に大きな影響を与える重要な決定です。ここに2024年にビジネスを始めるための最も暗号通貨フレンドリーな国のリストをご紹介します。

Top countries to launch your business

1. マルタ

進歩的な規制と有利な税制構造を持つマルタは、「ブロックチェーンアイランド」として知られ、暗号通貨業界の大企業を引き付けています。暗号通貨ビジネスに対する明確な規制により、マルタはグローバルなブロックチェーン企業の主要な場所となっています。

マルタは、暗号通貨ビジネスと投資家の利益を保護し、市場に公平な競争環境を促進するための措置を講じています。これにより、暗号通貨業界の拡大が促進され、顧客の安全性が確保されます。

マルタはビットコインを「勘定単位、交換手段、または価値の保存手段」として認識しています。暗号通貨の取引は株式やシェアのデイトレードと同様に扱われ、法人所得税率は35%ですが、収益や居住状況によっては0%から5%に減少することがあります。マルタは革新的な発展、投資家保護スキーム、国際的な認知、安全な取引環境などの規制上の利点を提供し、2024年の暗号通貨取引にとって理想的な場所です。

2. シンガポール

シンガポールはアジアの主要なフィンテックハブであり、強力な規制フレームワークとキャピタルゲイン税の欠如のおかげで、暗号通貨とイノベーションにとって最高の法域の一つです。

この都市国家はデジタルトークンを税金から免除し、投資家や企業の税務義務の理解と遵守を簡素化しています。シンガポールは暗号通貨を支援し、明確な規制とイノベーションをサポートする取り組みを持っています。また、シンガポールでの取引プラットフォームは、運営するためにライセンスが必要です。取引に従事しない限り、シンガポールでは暗号通貨収入に対する税金を支払う義務はありません。

暗号通貨の取引は物々交換と見なされ、所得税を回避します。シンガポールの中央銀行は暗号通貨を支援し、ブロックチェーンエコシステムを密接に監視して違法行為を防止するべきだと述べています。しかし、イノベーションは歓迎されるべきであり、規制当局によってサポートされる合法的な暗号通貨またはブロックチェーン企業を設立するのに理想的な場所となっています。

3. ポルトガル

ポルトガルは、その有利な税制環境、暗号通貨フレンドリーな体制、ブロックチェーンイノベーションのサポート、および暗号資産に対する明確な規制フレームワークにより、暗号通貨起業家や投資家にとって魅力的な場所です。

ポルトガル税務当局は、個人に対して暗号通貨取引と取引を非課税と宣言しており、利益は主要な収入源でなく、トークンが365日以上保有されている場合は免税です。ただし、2023年には暗号通貨取引に対する税金が導入され、28%の税金が課されます。

ポルトガルは遊牧民の拠点として人気があり、簡単な税居住プロセスとフレンドリーなデジタル通貨課税を提供しています。暗号通貨サービスを提供する企業はキャピタルゲインに対して課税されます。さらに、ポルトガルはNearcon23やWebサミットなどの国際的な暗号通貨イベントを開催しています。

4. スイス

スイスは金融とイノベーションの主要国であり、ブロックチェーンおよび暗号通貨企業を引き付けています。クリプトバレーにはイーサリアムやカルダノ財団などの主要企業があります。

この国は好意的な暗号通貨規制、ICOに関する明確なガイドライン、および個人および企業に対する低税率を提供しています。プロの暗号通貨トレーダーには0.5%から0.8%のわずかな富税が適用されることがあります。

この国は暗号通貨を資産として分類し、有価証券ではなく、その高度な金融取引インフラにより、暗号通貨企業にとって好ましい目的地となっています。暗号通貨は富税システムの下で課税され、個人投資家は個人資産に対するキャピタルゲイン税を支払いません。プロのトレーダーを介して売買することは事業所得と見なされます。

マイニングは自営業と見なされ、事業所得税が適用されます。個人の暗号通貨取引はキャピタルゲイン税から免除されており、リモートワーカーは給与所得として暗号通貨の賃金を申告する必要があります。

5. エストニア

バルト海沿岸の国であるエストニアは、その先進的な電子政府サービスで知られており、暗号通貨を早期に受け入れたことで暗号通貨フレンドリーな国となっています。エストニアは取引所とウォレットプロバイダーのためのライセンス制度を確立し、発展したデジタルインフラを持っています。エストニアはブロックチェーンスタートアップを引き付け、電子居住プログラムを通じて暗号通貨とデジタル企業を促進しています。これにより、リモートでデジタルサービスにアクセスできます。

エストニアは暗号通貨を所得税の対象とし、通常の税金と売買のキャピタルゲインが適用されます。ただし、売買はVAT免除ではありません。エストニアはEU加盟国の中で数少ない暗号通貨を規制している国の一つであり、3年以上前に最初の規制フレームワークを開発しました。

ビジネスライセンスの取得は迅速かつ簡単で、料金は3,300ユーロです。エストニアの競争力のある税政策は、ビットコインやオルトコインに対する所得税とVATを除外しています。

エストニアは暗号通貨企業の利益に対して20%の法人所得税を課し、株主に配当を分配する際に税金を支払う必要があります。

6. ドイツ

ドイツはビットコインを合法的な交換手段として認めており、暗号通貨セクターを詐欺やマネーロンダリングから保護するための厳格な規制を持っています。この国は潜在的なリスクに対処し、コンプライアンス基準を強制することで、安全でオープンな暗号通貨産業を支援しています。ドイツでは暗号通貨は私的なお金と見なされ、VATと長期キャピタルゲイン税が免除されており、1年以上保有してから売却することで得られる収益も免税です。

ただし、暗号通貨取引に関与する企業は法人所得税の対象となります。これにより、ドイツで働く遊牧民やリモートワーカーにとって暗号通貨は好意的な税制扱いを受けます。ルールは1年以内のビットコイン売却に適用されますが、1年以内には適用されません。

ドイツの強力な経済と規制フレームワークは、特にベルリンで多くの暗号スタートアップを引き付けており、ヨーロッパの暗号イノベーションの拠点となっています。

7. スロベニア

スロベニアは暗号通貨に対して進歩的なアプローチを持ち、イノベーションを促進する暗号通貨フレンドリーな国です。この国は、人口一人当たりの暗号通貨およびブロックチェーンプロジェクトの市場価値が最も高く、世界中から暗号企業と投資家を引き付けています。

スロベニアはデジタルトランザクションに関与する企業に有利な税率を提供しています。暗号通貨投資から得られる収益は課税対象です。ただし、コインの売却による利益は個々の状況によって免税となる場合があります。

スロベニアは暗号通貨に強い関心を持ち、市場に多額の資金を投資しています。この地域の多くのブロックチェーン企業は繁栄しています。この国では暗号通貨のマイニングは税金がかからず、ルールは厳しくありません。ただし、暗号通貨マイニングに従事する個人は収益に対して25%の税金を支払う必要があります。

8. カナダ

カナダはブロックチェーンと暗号通貨技術のグローバルリーダーであり、投資家の利益とイノベーションのバランスを取る明確な規制構造を持っています。暗号通貨は商品として分類され、キャピタルゲイン課税の対象となり、2024年には明確な基準と報告要件があります。

カナダには強力なビットコインコミュニティがあり、その使用を制限する法律はありません。最近の暗号通貨市場の中央集権化の試みにもかかわらず、政府は技術を歓迎しています。暗号通貨企業は金融取引分析および報告センター(FINTRAC)に登録する必要があり、カナダには世界で最も多くのBTC ATMが存在します。また、いくつかのカナダの銀行は暗号通貨取引を許可しており、投資家や企業にとって便利です。

9. ルクセンブルク

西ヨーロッパの国であるルクセンブルクは、暗号通貨とブロックチェーン技術を完全に受け入れることで主要な金融センターとなりました。2016年、ルクセンブルクはBTCを有効な支払い手段として認めました。

金融規制当局は最初のヨーロッパの暗号通貨取引所にライセンスを与え、ルクセンブルクはヨーロッパ市場で存在感を確立しようとするブロックチェーンイノベーターにとって魅力的な拠点となりました。

この国は金融革新を優先し、暗号通貨関連製品を開発し、ブロックチェーン技術を金融システムに統合しています。ルクセンブルクの2023年の世界暗号通貨採用指数スコアは0.002です。

10. エルサルバドル

エルサルバドルは2024年に最も暗号通貨にフレンドリーな国の一つになりつつあります。この国は2021年にビットコインを法定通貨として認めた最初の国であり、現在は暗号通貨投資家や税金に優しい環境を求める企業にとって税金の楽園です。この国の規制は企業にビットコインを受け入れることを要求し、公共利用のためのユニバーサルウォレットへの投資も行っています。ビットコインの使用を通じてエルサルバドルは資金の増加と経済の刺激が予測されており、デジタル通貨に関する革新的な概念の拠点としての地位を確立する可能性があります。さらに、この国は暗号通貨の運営に対する税制優遇措置を提供し、デジタル通貨から得られる利益や資産を非課税にしています。

まとめ

2024年には、多くの国々がブロックチェーンコインの利点を認識し、市民が安全かつ容易に利用できるようにするための措置を講じています。暗号通貨のグローバルな使用の増加に伴い、暗号通貨フレンドリーな国々は 未来の通貨に大きな影響を与えると予測されています。これらの国々は、ブロックチェーン技術を活用した取り組みを支援し、新しい概念を育成し、公平かつアクセス可能な金融システムを目指しています。

FAQ

暗号通貨に最適な国はどこですか?

シンガポール、スイス、マルタ、エストニア、ポルトガルなどの国々は、有利な規制と政府の支援的な政策で知られており、最も暗号通貨にフレンドリーな国とされています。

暗号通貨税のない国はありますか?

バミューダ、ケイマン諸島、エルサルバドル、ジョージア、ドイツ、香港、マレーシア、マルタ、プエルトリコ、シンガポール、スロベニア、スイスなどの国々は暗号通貨税がゼロの国々です。

暗号通貨フレンドリーな国で暗号通貨で税金を支払うことはできますか?

一部の国では、デジタルマネーを使用して税金を支払うことは標準的な慣行ではありません。

によって

Anna Churakova

常に世界について新しいことを学ぶことに貪欲で、外国語を学ぶのが好きな私は、技術翻訳者、フィンテック製品のテクニカルライター、コピーライターとして働きながら、さまざまな分野の文章を経験しました 

もっと読むLinkedin

校正者

Tamta Suladze

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア