Iこの記事で

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

フィル・オア・キル注文とは何でいつ使用できますか?

Medium
Reading time

現代の取引は非常にペースが速く、良い機会が現れても数時間や場合によっては数分後には消えてなくなっていってしまいます。良いチャンスを逃すと言うことは、たとえ利益を伴う多くの取引が単独で行われても成功に繋がらない可能性があります。

しかし当然のことながら、全ての取引を手動でコントロールして実行のタイミングを完璧に合わせるのはほぼ不可能です。一部のトレーダーは手動で取引を監視することに成功していますが、ほとんどのトレーダーはスリッページに悩まされており、最終的には彼らが望んでいなかった取引になる可能性があります。

しかしフィル・オア・キル (FOK) 注文を使用ことで、トレーダーは自身の取引結果をより細かく制御できるようになるのです。

この記事では素早い実行が必要となる取引におけるFOK注文の重要性について説明していきます。

重要なポイント

  1. フィル・オア・キル注文とは、取引を完全に実行するか全てをキャンセルするかの自動取引プロトコルを指しています。
  2. トレーダーは前提条件としてFOKを使う事で自身が希望する資産価格と数量の指定を行うことができます。
  3. FOKは主に利益率が低い大量生産市場に最適です。
  4. IOCのような時間に敏感な一般的な注文と比べた場合には、FOKの方が約定の可能性が低くなります。

時間に敏感な取引注文を理解する

オンライン取引の時代では取引実行の多忙なプロセスを簡素化するための貴重なツールやメカニズムが多数導入されており、それには分析からライブデータフィードからソーシャル取引の実践に至るまで多くの強化方法が複数存在しています。その中でも、自動注文執行はデジタル取引ソリューションが提供する最高のツールの1つでしょう。

What is a Time-Sensitive Order?

これらのプロトコルを使用することでトレーダーは所定の条件を設定することができます。指定された条件が全て満たされた際の取引注文は直ちに約定されますが、条件が満たされない場合の注文は自動的にキャンセルされます。

トレーダーがこのようなシステムを使用することでと、自信が希望する取引を確実に受け取ったりスリッページやその他の市場状況の変化による損失の発生を回避することができます。この事から、投資家は以前のような人的ミスや不利なシナリオを引き起こしていた取引を手動でキャンセルする必要がなくなりました。

時間制限のある注文にはフィル・オア・キル(FOK)、イミディエイト・オア・キャンセル(IOC)オール・オア・ノン(AON)グッド・ティル・キャンセル(GTC)などが含まれます。それぞれの自動注文は特定の目的を果たしており、異なる状況下においてトレーダーを支援してくれます。

これらのプロトコルの1つの共通の強みとしては、投資家が信頼できる取引戦略を構築することで頻繁に変化する資産価格に翻弄されることを避けることができるという点です。

フィル・オア・キル (FOK) 注文の定義

FOK注文は多くの自動取引注文の1つですが、主にFOK注文は注文全体を履行するか取引を無効にするように設計されています。このようにして、トレーダーは自身が作成した注文がすぐに約定されるか完全にキャンセルされるかを確認することが可能となります。

さらに、FOK注文ではアクティブなトレーダーがオンライン取引システムで買い注文や売り注文を出すことで異なる時間や価格で返品を受け取ることができないように設計されています。

The Function of FOK

すでに上記で説明したように多くの取引は特定の価格と短い期間でのみ利益が得られるため、前提条件が守られない場合にはFOK注文では契約全体がキャンセルされます。FOK注文において、トレーダーは自身が希望する数量や価格を指定するだけ良いのです。

その後のトレーダーは自動マッチング注文による調査を待つだけであり、結果としては市場で有利な取引を見つけるか損失を被ることなくポジション全体を決済するかのどちらかとなります。

FOK注文のメリット

FOK注文は高い流動性の指標を持っている事から高い収益性は厳しく、このような市場ではトレーダーは主に大量の資産の購入および売却を行います。したがって、トレーダーは指定された価格または可能な限り最良の市場価格で取引全体を実行する必要があります。

FOK Advantages

FOKがなければ多くの取引が許容可能な時間枠内に成立しないため、大規模な市場での投資や取引にはリスクが伴う可能性があります。その結果トレーダーは希望する取引量の一部しか入手できず、多くの場合において不利な市場評価となってしまいます。

当然のことながら、このような取引においても重大な損失の可能性は拭えません。この場合のより重大な問題は市場の信頼性が低いことであり、トレーダーは予期せぬ結果を招くことなく信頼できる戦略の策定および実行を行う事が出来ませんでした。

しかしFOK注文を使用することでそのようなシナリオの発生を防ぎ、トレーダーが間もなく実行されるトレーダー注文について明確な期待を形成できるよう取引の即時実行または無効化が保証されるのです。

FOK注文は利益率が低く取引量が多いために外国為替分野で広く普及しています。

基本概要

フィル・オア・キル注文の一例 

FOK注文のメリットをさらに視覚化するために、一つ例を出しましょう。投資家Xが200万株のGoogle株を評価額$50で売却しようとしていると仮定し、さらに投資家XはここでFOK注文を発注します。

現在の市場ではGoogle株100万株が$50の評価額で売り出されており、価格は一致しますが取引量が希望の金額にさえ近づいていないために彼の取引は無効となります。

これは大きな損失のように見えるかもしれませんが、多くの投資家は資産の量に基づいて取引戦略を構築することから、指定された資産を十分に売買できない場合の取引にはあまり価値がありません。

市場がGoogle株200万株を売り出していて価格が$50.5まで上昇したとしたら、同様にFOK注文によって彼の取引は自動的に完了されます。

市場の状況によっては一見取るに足らない$0.5の価格下落によって投資家Xの利益率が最小限に抑えられるかマイナスになる可能性もありますが、FOK注文はそのようなシナリオを防いで潜在的な取引の排除を促します。

トレーダーXがFOK注文を自由に使える場合には成行注文のみを受け取ることで価格的にも量的にも有利となり、その結果トレーダーXは信頼できる取引戦略を立てることができ、どのような取引がすぐに実行されるかをしっかりと予測することが可能となります。

フィル・オア・キル(FOK)またはイミディエイト・オア・キャンセル(ICO)

IOCとFOK論争は時間に敏感な注文執行の領域で広まっています。イミディエイト・オア・キャンセル (IOC) 注文とは、指定された取引の部分的な約定を提供することで価格が一致した場合に投資家が少なくとも契約の一部を回収できるようにします。

ここでの契約の未履行残高は直ちにキャンセルされることから、IOC注文とFOK注文は“即時執行”という堅牢な性質を共有していることからIOC注文の方が使用される可能性がはるかに高くなります。

簡単に言うと、IOCの指値注文は取引価格を優先することで数量に対してはソフト制限のみを設けます。IOC注文では出来高が一致しない場合でもキャンセルされないため、資産の購入を希望して価格に確固たる優先順位を持っているトレーダーにとってはより有益となる可能性があります。

その結果IOC注文は様々な状況下において役立つ可能性があることから、実行される可能性が高いためにFOK注文よりも人気があります。

Fill or Kill and Immediate or Cancel Order Comparison

しかし強制執行が行われるFOK注文は、トレーディング分野において取引の実行が常に唯一の優先事項ではないために一部の市場ではメリットと見られる場合があります。つまり、両方の注文タイプにはそれぞれ適切な用途があるのです。取引量が少なく価格に敏感な市場はIOC注文の方が適切ですが、取引量が多い市場参加者はFOK注文の方を頻繁に使用しています。

まとめ

FOK注文は、熱狂的な取引環境において当面の将来をコントロールするための優れたメカニズムです。 FOK は IOC の命令ほど頻繁には採用されないかもしれませんが、その特定の前提条件により、トレーダーは取引をより細かく制御できるようになります。

スリッページや実行遅延のリスクを防ぐためにも、予測不可能に変化するために望ましくないシナリオを防ぐための自動化された安全策としてFOK注文を知っておくことは決して悪い考えではないでしょう。

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア