Iこの記事で

によって

Hazem Alhalabi

Web3、FinTech、暗号、その他現代的なトピックなど、幅広いコンセプトのライターです。自分の学んだ知識を分かち合いたいという情熱から、様々な読者に向けて魅力的なコンテンツを作ることに専念しています。日々学ぶことに努め、複雑な概念を誰もが恩恵を受けられるような理解しやすいコンテンツにすることを目指しています。

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

なぜポートフォリオをバックテストすべきなのか?

記事

Reading time

プロの投資家は、経験からポートフォリオを構築します。金融市場に何年も参加していると、トレーダーは自分のトレードの欠点を発見し、これらの間違いを繰り返さないようにします。

堅牢な取引戦略を作成するもう一つの方法は、市場の過去のパフォーマンスを使用し、ポートフォリオ戦略をシミュレートするプログラムを使ってバックテストすることです。

ポートフォリオのバックテストとは、市場の過去のデータを使って取引モデルの有効性を評価するプロセスです。このテストモデルを実装するためのいくつかのツールと方法があります。

要点

  1. ポートフォリオをバックテストするには、過去の市場データを使用して、トレーダーのポートフォリオとトレーディングモデルの有効性を評価します。
  2. ポートフォリオ・パフォーマンスのバックテストは、過去の市場の動きをシミュレートするもので、通常は取引プラットフォーム上で行います。
  3. ポートフォリオをバックテストすることで、トレーダーは実際の資金を使わずにギャップを見つけたり、スタイルエクスポージャーを強化したり、戦略を試したりすることができます。
  4. バックテストは、歴史は繰り返すという概念と、以前市場で起こったことは将来も起こるという概念に依存しています。

ポートフォリオ・バックテストをプログラミングするには、Pythonを使うとより柔軟性があり、C+はAからZまでの開発に使われます。

事実

ポートフォリオのバックテストとは何ですか

ポートフォリオのバックテストとは、トレーディング戦略やモデルがどの程度優れているかを、過去の市場環境に適用して評価することです。バックテストは、トレーダーがプログラミングする必要があるソフトウェアを使用するか、すぐに使用できるテストプラットフォームを使用します。

バックテストの結果は、戦略の結果とリスク特性を表示し、トレーダーが考慮しなければならない関連する市場データを分析します。

ポートフォリオのバックテストの考え方は、市場は繰り返すということであり、前に起こったことはまた起こる可能性が高いということです。

その後、トレーダーが考慮しなければならないデータをもとに、ポートフォリオのバックテストを行います。

その後、トレーダーはテスト結果に従って戦略を強化し、再びバックテストを実行して戦略を比較・最適化します。

取引ポートフォリオのバックテストの重要性

バックテストは、ポートフォリオ戦略におけるギャップの可能性や、特定の市場への投資がどれほどリスクが高いかを発見するために不可欠です。

ポートフォリオマネージャーは、バックテストのポートフォリオ戦略を使って、リソースの配分や、与えられた取引モデルにどのような市場が反応するかを判断します。例えば、暗号を取引しているときに有効な戦略もあれば、株式取引のほうが有効な戦略もあります。

したがって、バックテストはリスク管理ツールのように機能します。また、トレーダーは、実際の市場で実際に使用する前に、新しい取引戦略を評価し、それがどのように機能するかを確認するために使用します。

ポートフォリオのバックテストを行うには?

トレーダーがプログラミング言語の十分な知識を持っていれば、自分の戦略をバックテストするためのソフトウェアを構築することができます。Pythonを使ったポートフォリオのバックテストは広く普及しており、開発者が行うのは比較的簡単です。

一方、トレーダーは、コードを書かずにバックテストのオプションを提供する取引プラットフォームを使用することもできます。しかし、トレーダーは以下のような重要なトレーディングの概念を知っておく必要があります。

  • バックテストは、情報を提供するためにデータに依存しています。したがって、ポートフォリオのバックテストを行う際には、正確なデータを使用することが極めて重要です。
  • テクニカル分析とファンダメンタル分析は、市場のセンチメントを分析し、市場のパフォーマンス予測を構築するために、すべてのトレーダーが知っておかなければならない重要な概念です。
  • 基本的な統計学を理解することは有用であり、平均、分散、偏差といった概念はトレーダーに有益な洞察を与えることができる。

ポートフォリオのバックテストツール

いくつかのツールは、トレーダーのバックテストを最大限に活用するのに役立ちます。ポートフォリオのバックテストに最適なツールを使用することで、正確なデータをプラットフォームに供給し、投資を最適化することができます。

したがって、お使いのバックテストプラットフォームが以下のツールを提供していることを確認してください。

  • ポートフォリオをアセットアロケーションする: このポートフォリオのバックテストツールでは、選択した市場と金融商品に基づいて複数の取引ポートフォリオを作成することができます。また、それらのポートフォリオに関連するリスクと期待されるトータル・リターンを示します。
  • フレキシブルなロジック: このソフトウェアは柔軟性があり、資本制限、レバレッジ、資産のリバランスなど、より多くの市場要因を考慮する必要があります。これにより、バックテストの信頼性が高まります。
  • 過去の正確な価格: ポートフォリオのバックテストでは、過去の価格を含む過去の値を使用します。そのため、ボラティリティ・レベルや倒産した企業の株式も含め、正確な価格を提供する必要があります。

ポートフォリオのバックテストを成功させるためのステップ

今日の取引活動は、かなりの部分がトレーダーに代わって取引を行うアルゴリズムを使って行われています。初めて自動テストを実行する場合、ポートフォリオのバックテストの方法は以下の通りです。

  1. バックテストを提供している取引プラットフォームを見つける。
  2. バックテストを行いたい取引モデルを選択する。
  3. ポートフォリオでバックテストしたいインジケーターとツールを決める。
  4. 条件が満たされたときの条件と適切な行動を決めます。例えば、条件 X に合致したら買い注文を出します。
  5. ETF、株式、投資信託、金融商品などの複数の市場でテストを実行します。

バックテストとフォワードテスト

バックテストとは反対に、フォワードテストでは、トレーダーは現在の市場状況で取引戦略を評価することができます。これは通常、ライブの市場シミュレーションで行われ、トレーダーは実際の市場で使用する前に、ツール、手法、モデルの有効性をテストします。

フォワードテストの支持者は、バックテストでは古いデータを使用するため、更新や信頼性が必要になる可能性があり、より効果的であると考えています。

フォワードテストでは、システムのロジックに従い、取引注文を実行しながらこのロジックを文書化する必要があります。

フォワードテストでは、システムのロジックに従い、取引注文を実行しながらこのロジックを記録する必要があります。

こうすることで、トレーダーは実際の市場でシミュレーションを実行した後に、自分のポートフォリオ戦略を評価することができます。

ポートフォリオのバックテストの利点

ポートフォリオのバックテストは、実際の市場で使用する前に、自分の戦略に欠点や利点があるかどうかを発見するために非常に重要です。したがって、プロセスを自動化すると、以下のようなメリットが期待できます。

  • 現実の資金をリスクにさらしません: バックテストでは、過去の市場データと価格を使用したシミュレーションが行われます。したがって、実際の取引は実行されず、実際の資金は使用されません。
  • ポートフォリオを方向付ける: バックテストのポートフォリオ・パフォーマンスは、トレーダーがどのような資産を取引し、どのような戦略を用いるべきかについて指示を与えます。
  • 改良の余地: ポートフォリオをバックテストすることにより、トレーダーは金融市場に適用する前に、テスト結果に従って戦略を調整し、強化することができます。

ポートフォリオのバックテストの欠点

いくつかの利点があるバックテストですが、バックテストを行うことには以下のような欠点があります。

  • バイアスがかかる可能性: バックテストを行っている間、バイアスを避けることは困難です。トレーダーは、無意識のうちに、最良の結果を得るために入力データを操作する可能性があります。
  • チェリーピッキング: トレーダーは、異なる変数や仮説を用いて複数のテストを行って、最良の結果をもたらすものを選ぶ可能性がある。
  • 制御不可能な要因: 金利、マーケットのアノマリー、自然災害など、バックテストに含めることができない変数があり、これらは取引活動やマーケットのセンチメントに大きな影響を与えます。

結論

ポートフォリオバックテストは、トレーディングモデルの長所と短所を判断するために不可欠です。ポートフォリオ資産配分のバックテストは、トレーダーが最適な業種や商品を選択し、ポートフォリオのリスクを評価するのに役立ちます。

これらのテストでは、過去の市場データと活動をシミュレートする取引プラットフォームを使用します。テストデータは、計算されて生成され、トレーダーに投資のアイデアと、何が最もうまくいったか、どのように戦略を改善するかについての方向性を与えます。 

ポートフォリオバックテスターは、シミュレーションをいくつかのツールと組み合わせることで、テストがより効率的になり、取引ポートフォリオを強化するための適切な方向性を生成することができます。

によって

Hazem Alhalabi

Web3、FinTech、暗号、その他現代的なトピックなど、幅広いコンセプトのライターです。自分の学んだ知識を分かち合いたいという情熱から、様々な読者に向けて魅力的なコンテンツを作ることに専念しています。日々学ぶことに努め、複雑な概念を誰もが恩恵を受けられるような理解しやすいコンテンツにすることを目指しています。

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア