Iこの記事で

勤勉で目標志向の豊かな人間として、私はどのような仕事でも常に質の高い仕事をするよう努力しています。人生で困難な仕事に直面したとき、私は合理的かつ創造的に考えて問題を解決する習慣を身につけました。

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

様々なタイプの流動性比率: 何が分かりますか?

記事

Reading time

流動性は、問題がなく事業が機能するための前提条件であり、企業が短期的な財務責任を支障なく果たせることを保証するものです。流動性比率は、企業の浮動資金を速やかに決済する能力を測る基準として機能します。

これらの指標は、企業が資産を売却して債務を償還する能力をどれだけ効率的に行うかについての洞察を提供します。高い流動性比率は、債務を管理し支払いの遅延を防ぐ能力がより高いことを伝えます。企業は、健全な流動性ポジションを維持することで、財務の安定性と市場での良好な地位を保護することができます。

この記事では、流動性比率とその種類、そして最後に、その実用的な使用条件を示すためにその中の1つの計算例が提供されます。

キーポイント

  1. 流動性比率は、企業の業績の財務検査の一環として使用される指標であり、債務を考慮した場合の経済的可能性を判断するものです。
  2. 流動性指標には、アシッドテスト、流動比率、現金比率など多くのものがあります。

流動性比率は何を表しますか

流動性比率は、短期負債を支払うために資産を現金に変換する企業の能力を評価するために使用される統計的指標です。この比率は、企業の短期的な財務の可能性と、混乱や財務上の困難を引き起こすことなく当面の財務上の障害に対処する適性を判断する上で非常に重要です。

流動性指標は経済分析においても重要な役割を果たし、企業が財務責任を効果的に処理する能力について投資家や債権者に重要な洞察を提供します。

different liquidity ratios

流動性比率の分析については、比較的に使用するのが最も有益です。この比較は内部的なものと外部的なものがあります。

流動性指標の内部分析には、同じ会計原則で作成された複数の会計期間のデータを調べることが含まれます 

過去の期間と現在の財務実績を比べることで、アナリストは組織内の変化を監視することができます。一般に、流動性比率が高い企業は、流動性が高く、未払い債務をカバーできる強い立場にあることを意味します

一方で、外部分析では、企業の流動性比率を、同じセグメントやニッチに属する他の企業の流動性比率と比較します。この種の分析により、企業の競争力を評価し、ベンチマーク目標を設定することができます 

逆に、流動性比率の分析では、セクターごとに資金調達のニーズが異なる可能性があるため、異なるセクターの企業を評価する場合、効率が悪くなる可能性があります。同じように、ある企業の口座にどれだけの資金があるかを、異なる場所にある他の企業と比較することは、十分な有益な情報を与えないかもしれません。

流動性比率とは対照的に、健全性指標は企業が長期の負債や全体的な財務的義務を果たす能力を考慮に入れます。健全性は、企業が負債の支払いを遵守し、その運営を維持する意向に関連しており、一方、流動性は主に現在または短期の財務口座を調査します。

ファースト・ファクト

流動性比率と財政検査

全ての流動性比率タイプは、あらゆる企業のミクロおよびマクロ経済的パフォーマンスの評価プロセスにおける重要なツールであり、その重要性は以下の規定によるものです:

1. 短期支払能力を評価する

流動性指標は、企業が差し迫った財務責任を果たす能力について透明性のある見方を提供します。貸し手、ベンダー、および株主は、会社が債務を適時に決済するのに十分な流動性リソースを保有しているかどうかを評価するために、これらの指標を頼りにしています。堅牢な流動性スタンスは、企業が財政的混乱に見舞われる代わりに、日常的な財務的コミットメントを管理できることを保証します。

2.財務状況の評価

流動性指標は、企業の全体的な財務パフォーマンスの評価に役立つ必須の財務評価ツールです。これらの比率は、キャッシュフローを管理して、資産を正しく活用し、財務リスクを軽減する企業の能力を評価するために使用されます 

強固な流動性を維持する企業は、一般的に財務的に安定しており、財務上の不確実性に対して脆弱でないと見なされます。結論として、流動性比率は、企業の財務状況について貴重な見識を提供し、投資家やアナリストが十分な情報に基づいた意思決定を行う際に役立ちます。

3.営業成績の概況

流動性比率は、企業の業務効率の指標となります。溢れかえる在庫や遅々として進まない請求書は、流動性比率の低いものによって示されるかもしれませんが、比率の高いものは、資産が十分に活用されていないことを示唆しているかもしれません。企業は流動性比率の把握により、業務や資本フローの管理における強化すべき領域を特定することができます。

4.事前警告システム

流動性比率をモニタリングすることは、企業が潜在的な財務上の課題を予測する上で非常に重要です。これらの比率の突然の低下が、キャッシュフローの問題や、あるいは、流動性危機が迫っていることを知らせるかもしれませんので、経営者は状況を迅速に緩和し、悪化を防ぐために適切な行動をとる必要があります 

流動性比率を常に注視することで、企業は財政義務を果たし、長期的に経済を安定させるのに十分な手元資金を確保することができます。

5. 投資ソリューションの取り方

投資の手配をする際、流動性比率が特に重要な役割を果たします。これらの指標は、投資家が企業がキャッシュを生み出し、財務業務を効果的に管理する能力を判断するのに役立ちます 

さらに、債権者は会社に融資や与信条件を提供する際に、流動性比率を利用して信用リスクを評価します。その結果、これらの比率は会社の財務の安定性と健全性を洞察するために不可欠であり、利害関係者が慎重な意思決定を行う際に役立ちます。

さまざまなタイプの流動性比率

今日の実務では、いくつかの比率を使用して、短期的な負債を満たすために企業が資産(資産の流動性)をダウンマネーに変える能力を評価します。以下に主な流動性比率の例を示します:

流動比率

流動比率は、企業の資産を現在の担保と比較する財務指標です。流動(または変動)資産は、現金、発行可能な有価証券、借方負債、および棚卸資産を含み、流動負債は、1年以内に決済しなければならないすべての短期債務を含みます。

current ratio formula

流動比率を100倍すれば、パーセンテージで表すことができます。このパーセンテージは、流動資産を使って、流動負債を支払う会社の能力を反映しています。流動比率が高ければ高いほど、企業はより多くの資源を持ち、流動性が高いことを示します。

現在比率が100%を超えると、企業は現在の無担保負債よりも多くの流動資産を所有しています。これは通常、財務的に健全な企業にとって好ましいシナリオと見なされます。

逆に、現在比率が100%未満になると、企業は既存の資産で現在の借入金を返済するのに苦労する可能性があります。ただし、この状況が繰り返し起こるパターンになった場合にのみ、直ちに懸念を引き起こすべきです。

酸性テスト比率(クイック比率)

クイック比率は、在庫を除いた流動資産を使用して企業が短期の負債を遂行する能力を評価する財務の基準です。流動資産を使用しますが、在庫は除外されます。現在比率と同じ変数を共有していますが、在庫を計算に含めません。クイック比率の式は次のとおりです:

quick ratio formula

簿記は、クイック比率の計算に考慮されるため、登録可能な証券と見なされます。これらの証券は高度に流動的であり、短期間で現金にすぐに換金できます。クイック比率に発行可能な証券を取り入れることで、企業が最初の社債を遂行する能力をより正確に評価することができます。

当座比率は、企業の資金繰りの実行可能性を示す重要な指標です。在庫を除いた流動性資本に依存して、企業がどれだけ短期資金調達の約束を守ることができるかを測定します 

当座比率が高ければ、企業は在庫の売却に依存することなく、債務やその他の負債を返済する能力がより重要であることを示唆しています。この比率は、会社の流動性ポジションと予期せぬ財務上の課題に対処する能力を評価するのに有益です。

絶対流動性比率(キャッシュ比率)

絶対比率、または流動性現金指標は、流動性のポジションを計算する際に、口座の請求書や在庫を除外します。この流動性比率の式は次のとおりです:

Absolute Liquidity Ratio formula

最も流動性の高い資金に焦点を当てることで、この比率は企業が現在の取引に従う意欲をより詳細に分析します。

これらの流動性の高い資金は、企業が必要に応じて予期しない大きな金額を迅速に支払うことを可能にし、短期の財政的義務を管理する際に有益な利点となります。

防御的間隔比率

防御的間隔比率(DIR)、または防御的間隔期間(DIP)または基本的な防御的間隔(BDI)は、企業が非流動資本や第三者の金融リソースを引き出すことなく事業を維持できる日数を定量化する財務指標です。このメトリックは、現在の会計年度内に完全に実現できない長期資産を考慮しています。

defensive interval ratio

判決

流動性比率は、企業の異なる経済指標を財務的に評価するための不可欠なツールです。これらは組織の経済状態を正確に判断し、ビジネスプロセスやその運営全般の効率に影響を与える問題の箇所を特定するのに役立ちます。

勤勉で目標志向の豊かな人間として、私はどのような仕事でも常に質の高い仕事をするよう努力しています。人生で困難な仕事に直面したとき、私は合理的かつ創造的に考えて問題を解決する習慣を身につけました。

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア