Iこの記事で

によって

Tamta Suladze

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin

勤勉で目標志向の豊かな人間として、私はどのような仕事でも常に質の高い仕事をするよう努力しています。人生で困難な仕事に直面したとき、私は合理的かつ創造的に考えて問題を解決する習慣を身につけました。

もっと読むLinkedin
シェア

2024年に、オンライン取引仲介ビジネスを始める方法

記事

Reading time

トレーディングは、最も有利でシームレスなオンラインビジネスの開始方法の1つとなっています。不換紙幣、暗号、株式市場が繁栄し、新たな高みに到達したことで、成功の舞台は整った。しかし、トレーディング・シーンは数多くの失敗も目撃してきました。 

最初の収益印象を超えた多くのリスクと損失の可能性が存在します。しかし、十分な準備と継続的なアプローチにより、オンラインブローカービジネスの立ち上げは管理可能で非常に収益性の高いものとなります。それでは、ゼロからブローカービジネスを始める基本について話しましょう。

キーポイント

  1. ブローカーの立ち上げには、市場知識、綿密な事業計画、取引のためのシームレスなオンライン・プラットフォームの融合が必要です。
  2. ブローカー会社は、手数料とフィーから利益を得る金融の仲介者としての役割を担っています。ブローカーの成功は、経験と市場洞察力に根ざしています。
  3. ブローカーには、ダイレクト型、ブローカー・ディーラー型、フルサービス型、ディスカウント型があり、それぞれに明確な責任と収益モデルがあります。
  4. 市場に参入して成功するには、バグのない取引プラットフォームと、ブランドプレゼンスを確立するための強固なオンライン・マーケティングが必要です。

ブローカー会社とは?

ますます始めに、プロセスとしてのブローカージを定義しましょう: 

ブローカージ会社 は市場でさまざまな金融資産を買い取り、売却する営利法人です。ブローカーは通常、願望する投資家と対象となる資産市場の仲介役として、クライアントのためにさまざまな市場で取引を行います。

通貨と暗号通貨の取引から株式市場まで、ブローカージ会社は利益を上げるために最も有望なオプションを選択し、購入および売却を行います。引き換えに、ブローカーは手数料、取引手数料、または成功した取引からの収益を得ます。

ブローカージ会社はさまざまな形状と形式で存在します。一部は単純な外国為替に対処し、複雑な金融メカニズムを避けます。

他のものは上場投資信託オプション契約などの複雑な金融資産に取り組みます。オンラインブローカーも範囲が異なります。一部のブローカーは数量を制限して取引し、一部は純粋な取引能力によって完全な取引プラットフォーム全体と競り合うかもしれません。ただし、すべてのブローカーは同じ使命のもとに団結しており、できるだけ長い間クライアントに専門的なサービスを提供し、クライアントを投資し続けることです。

その高い目標を達成するためには、ブローカー会社は、成功した取引から常に勝利の結果を示さなければなりません。したがって、証券会社を開業するには、多くの経験、深い市場知識、そして時には運も必要です。

初めてのオンライン・ブローカーはK.アウフハウザー・アンド・カンパニーです。1994 年 8 月、同社はオンライントレーディングプラットフォーム、WealthWEB を発表しました。これが、個人がインターネット上で株式取引を実行できる最初の事例であり、証券業界に大きな変化をもたらしました。

速報

オンラインブローカーを理解する

オンラインブローカーは、昔ながらのブローカー機関とよく似ていますが、重要な違いがあります。オンラインブローカーは、顧客がブローカー口座を開設し、合理化されたブローカーサービスを利用できるようにします。 

従来のブローカーとは異なり、オンラインのブローカーはすべての希望する取引をデジタルで実行するため、大規模な電話や時間のかかる会議などの活動は必要ありません。現在、お客様は自分の投資口座を持ち、直感的なオンラインシステムを通じてブローカーとコミュニケーションをとることができます。 

本日は、オンラインブローカーの設立方法について、最初の決断から自信を持って市場に参入するまでを取り上げます。

オンラインブローカーのさまざまな種類

まず第一に、自分の希望にぴったり合うオンライン証券会社のタイプを選ぶ必要があります。一般的に、ブローカーの主なタイプには、ディーラー、ブローカー、およびその両方のミックスの2種類があります。 

オンライン・ブローカー・エージェンシー

オンラインブローカーとして、主な責任はお客様の代わりに市場取引を行い、彼らの要求を完了することです。簡単に言えば、さまざまな金融市場でお客様の直接の仲介役として、お客様の代理で行動します。この場合、お客様の投資ポートフォリオの公式な所有権や義務を持たず、したがって仲介者としての役割を果たします。

ただし、これは責任が限定されていて無責任なものではないことを意味するものではありません。オンラインブローカーは一流のセキュリティを確保し、アクセス可能なユーザーインターフェースを提供し、低い取引手数料を提供し、スリッページのリスクなしに取引を実行する必要があります。したがって、オンラインブローカーには課題が不足していないのです。ただし、高い取引ボリュームと顧客の需要の増加の可能性により、このサービスは潜在的に収益性が高いです。

オンラインブローカー・ディーラーエージェンシー

逆に、オンラインブローカー・ディーラー エージェンシーは、お客様と自身の代わりに取引を実行します。この場合、手数料の利益だけでなく、すべての収益を自分自身で保持できます。ほとんどの場合、ブローカー・ディーラー会社は単純なブローカーから始まり、自分自身の条件で取引を行うために十分な資本を蓄積した際に、このビジネスの段階に入ります。ブローカー・ディーラーは通常、多くの国々にまたがり、重要なリソースを持っている大規模な実体です。

この非常に収益性の高い事業は、ブローカー会社により多くの自由とビジネスのコントロールを提供します。ただし、これは非常にリスクが高く、資本集約的な活動であり、新参者のブローカー会社にはお勧めできません。

フルサービス対ディスカウントブローカー

次に、提供するオンラインブローカーサービスの範囲を選択する重要な選択肢です。フルサービスブローカーになる場合、各クライアントは包括的なパッケージでの個別の支援が必要です。アドバイザリーサービスから長期の投資戦略まで、フルサービスブローカーはクライアント全体にわたり、取引市場での彼らのすべての動きを指導します。

フルサービスのオンラインブローカーは、お客様の数は少ないですが、包括的なサービスを提供しているため、手数料はかなり高くなります。ですから、1人のクライアントに膨大なリソースを投資するかもしれませんが、多くの場合、そのリターンはコストを正当化することができます。

一方、ディスカウントブローカーがあり、オンラインブローカーの大半を占めています。このケースでは、ほとんどのブローカーは、顧客が関与するための取引プラットフォームを設定するだけです。このトレーディング・プラットフォームにより、顧客は特定の手数料でさまざまな取引の執行を依頼することができます。一部の割引ブローカーは、リサーチ、分析、高度な取引ツールなど、中核となる取引サービスを補完する追加サービスを持っています。

フルサービスブローカーとは異なり、ディスカウントブローカーは大量の顧客とそれに対応する手数料を通じて利益を生み出します。一回あたりの手数料は微々たるものかもしれませんが、成功しているディスカウントブローカーのほとんどは、取引プラットフォームを使って定期的に取引を行う多くの取引参加者を抱えています。 

したがって、この場合は量が重要な要素であり、あなたの主な目標は、直感的に使用でき、オンライントレーダーがシームレスに取引を実行できる最先端の取引プラットフォームを持つことです。また、多様な顧客の関心に対応するためには、最も人気のある為替市場へのアクセスが必要です。ウォール街からロンドン証券取引所まで、知名度の高い取引所市場への道を切り開かなければなりません。 

オンライントレーディングブローカーの開始 – ステップバイステップガイド

さて、オンラインブローカーを開業する際に必要不可欠なステップを、本題に入りながら概観していきましょう。

ブローカービジネスのためにしっかりとしたビジネスプランを持つ

オンラインブローカービジネスの野望をさらに進める前に、きちんと設計され、完全に考え抜かれたビジネスプランを作成する必要があります。ビジネスプランには、オンラインブローカービジネスモデル、スタートアップコスト、詳細な業務チャートなどに関するすべての関連情報が含まれるべきです。

完璧なビジネスプランを作成するというテーマは広範囲にわたるため、1つの記事でカバーすることはできません。あらゆる変数を考慮し、疑いの余地のない揺るぎない事業計画を立てるには、何週間、何カ月もの調査と準備が必要です。これは、経済状況や社会政治状況、市場予測、計画されたマーケティングキャンペーンなどを含みます。 

大まかな計画が終わったら、多くの財務的な詳細を考慮しなければなりません。例えば、オンラインブローカーはキャピタルゲイン税を支払わなければなりませんし、金融サービス補償制度もあります。ビジネス活動を始める前に、このような技術的な詳細も含めて、きちんと整理しておかなければなりません。 

ただし、すべての税務の影響、政府の規制、および財務の予測を考慮するのに十分な知識がない場合、技術的な側面で援助を提供する適切な専門家を雇うことをお勧めします。ビジネスプランの構築は非常に集中的で挑戦的ですが、常に最初からブローカージプラン全体を理解する方が良いです。このようにして、不快な驚きに遭遇する可能性がはるかに低くなります。

ターゲット市場を選ぶ

オンライン証券会社を始めるには、ニッチ市場を選ぶことが重要です。暗号通貨、株価、FX、その他の金融形態は、数多くある選択肢のほんの一部に過ぎません。それぞれの市場に特有のニュアンスや難しさ、将来性があります。

暗号通貨への投資家は、非常にボラティリティの高い世界に足を踏み入れることになりますが、多大な報酬を得ることができます。株式市場は、数多くの企業や経済に関する深い知識と引き換えに安全性を提供する、試行錯誤を重ねた方法です。通貨が取引される外国為替市場は非常に規模が大きく、24時間活発です。

ブローカーの中には、一度に二つ以上の市場で営業することを選択する人もいます。これにより、潜在的な収益源を増やすことができますが、各分野の専門的な知識も必要となります。会社の目標、利用可能な資金、利用可能なスキルセットのすべてが、あなたの決断に影響するはずです。多数の市場で凡庸であるよりは、1つの市場で成功する方が望ましいということを心に留めておいてください。

すべての関連するリスクを考慮する

計画的な努力と同時に、オンライン取引市場で起こりうるリスクと損失のシナリオをしっかりと把握する必要があります。取引市場をどのように選択するかにかかわらず、業務には重大な変動リスクや不確実なリスクがつきまといます。ですから、適切な安全策を講じることが不可欠です。取引環境において、ある程度の損失はほぼ避けられないことを忘れないでください。 

すべての取引が同じ高いボリュームの利益をもたらすわけではなく、小さな危機を経験することもあります。ただし、これらは継続的な調査、適切な資本、およびリスクヘッジで管理できる固有の市場リスクです。潜在的な取引リスクは最初は恐ろしく思えるかもしれませんが、多くのオンラインブローカーはそれらを緩和する信頼性のある方法を見つけています。したがって、これらのリスクに落胆せず、マスタービジネスプランで注意深く考慮するべきです。

流動性プロバイダーを見つけて十分な資本を確保

適格な専門家がビジネスプランを完成させ、承認すると、スタートアップ資本を探す時です。オンラインブローカーはスタートアップキャッシュが必要です。その主な理由は、取引を実施するための初期の現金資本を持つこと、取引プラットフォームとマーケティング、給与などの一般的なビジネスコストを開発するための資金を持つことです。

多くの場合、綿密に練られたビジネスプランを持つ新興企業は、潤沢な資金を獲得できる可能性が高い。ただし、コンセプトの証明が必要です。多くの投資家は、多額の資本を投入する前に、あなたのビジネスモデルがすでに機能していることを知る必要があります。 

そのために、多くのオンラインブローカーは、すでに成功している会社の同様の例を提示し、場合によっては、ビジネスモデルのデモを用意しています。最低限の機能とシンプルな取引口座を備えた取引プラットフォームの簡易版を構築するのです。投資家は具体的な事例を手にすれば、初期資金を提供することをより熱望するようになり、あなたに経営を軌道に乗せるチャンスを与えるでしょう。 

オンライントレーディングプラットフォームを構築する

さて、スタートアップの中で最も技術的に複雑な部分がやってきました。オンライン取引プラットフォームの設計、実装、および開発は、複数の専門の開発者の協力を必要とする複雑なプロセスです。ここには一般的に三つのオプションがあります – 自社内で取引プラットフォームを構築する、サードパーティの企業に外部委託する、またはホワイトレーベルプロバイダを見つけることができます。

すべてのアプローチには長所と短所があります。社内チームを使えば、高度にカスタマイズされ、パーソナライズされたデジタル・プラットフォームを手に入れることができるのは確かですが、ビジネスの初期段階ではコストがかかりすぎるかもしれません。

逆に、プラットフォームの開発をアウトソーシングすれば、コストは大幅に下がりますが、企業のビジョンとのズレや潜在的なコミュニケーションの障壁のリスクがあります。加えて、インフラコストは節約できるかもしれませんが、外注開発者それぞれに支払う給与は高額になります。 

最後に、白塗りによって、あらかじめ構築されたソリューションを採用し、自社のブランドとして確立することができます。市場への最短ルートであり、多くの場合、コスト効率に優れていますが、企業がカスタムビルドのプラットフォームに求めるような独自性や特定の機能が欠けている可能性があります。

play
23:44
ソフトウェアの開発: インハウス vs アウトソーシング vs ホワイトレーベル
B2BrokerのCPOで、Ivan Navodnyyが、ソフトウェア開発と異なるモデルの長所と短所について論じています。

ブローカーの取引口座システムをセットアップする

取引口座は技術的にはプラットフォームの一部ですが、あなたの全精力を注いで注目すべきです。何しろ、あなたのビジネスの最も重要な部分は、顧客を完璧に受け入れ、彼らが不便なく取引を開始できるようにすることです。信頼性のある決済ゲートウェイの統合を確認し、クライアントがあなたのシステム内で口座を開設するとすべてがスムーズに流れるようにしてください。取引プロセスに遅延、スリッページ、または過度の手数料が侵入しないようにします。

さらに、お客様は彼らのトレーディングダッシュボードですべての適切なツール、機能、およびサービスをすぐに利用できるべきです。お客様には取引のさまざまなオプションも提供されるべきです。株式、通貨、仮想通貨から上場投資信託などの高度なツールまで、お客様にはすべての関連する取引オプションがすぐに利用できるべきです。

わずかな不便や遅れでも、見込み客が競合他社に流れてしまう可能性があることを忘れないでください。だから、デジタル製品やサービスの品質は、非の打ちどころのないものにすべきです。 

強力なローンチに備える

最後に、すべての計画、資金調達、開発を終えて、オンラインブローカー市場に参入する準備が整いました。さあ、あとはすべてを完璧にするのみです。デジタルプラットフォームはバグがなく、最適なパフォーマンスを発揮するはずです。また、強力なオンライン・マーケティングを通じて、新しいビジネスの認知度を高めることができればベストです。第一印象が重要であり、最初から確固たるブランドプレゼンスを確立することが不可欠です。 

概要

独自のオンラインブローカービジネスを始めることは、冷静さと長期的な計画、そしてかなりの経験を必要とする挑戦です。トレーダーや 投資家は世界中に多くの選択肢を持っており、高品質のサービスを提供できなければ、すぐに他の取引プラットフォームに乗り換えてしまうでしょう。そのため、オンラインブローカービジネスには野心的な上昇と有利な可能性がある一方で、厳しい競争に対する十分な準備と、関連するすべてのリスクを考慮する必要があります。 

地域の競争相手、市場の動向から社会的・政治的な動きまで、取引のすべてを理解しなければなりません。自分の経験と勤勉さが、大成功と不本意な失敗の決め手になることを忘れないでください。だから、選択肢を慎重に吟味し、この厳しい環境を生き抜くための現実的な計画を立てましょう。

よくある質問

ブローカー会社はどうやって儲けているのですか?

手数料、取引手数料、および購入価格と売却価格のスプレッドです。

ブローカーの口座を開設するには何が必要ですか?

個人的な身分証明書、住所証明、初回入金または投資。

オンラインブローカーのリスクは何ですか?

マーケットのボラティリティ、サイバーセキュリティの脅威、潜在的なプラットフォームのダウンタイム。

ブローカーが失敗した場合はどうなりますか?

多くの場合、規制機関は限度額まで資産を保護しますが、現金はリスクにさらされる可能性があります。特定のブローカーの保険や保護方針を常に確認してください。

によって

Tamta Suladze

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin

勤勉で目標志向の豊かな人間として、私はどのような仕事でも常に質の高い仕事をするよう努力しています。人生で困難な仕事に直面したとき、私は合理的かつ創造的に考えて問題を解決する習慣を身につけました。

もっと読むLinkedin
シェア