Iこの記事で

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

時間指値注文とは何でいつ使用されますか?

Easy
Reading time

取引市場では常にタイムリーな執行が重要であり、最も安定した取引資産であっても常に頻繁かつ大幅な変動リスクを抱えているために取引環境全体が時間に敏感になっています。

これまではトレーダー自身が自らの知識と組織力に従って手動での注文入力が必要されていましたがこれによって多くの取引の失敗、スリッページ、ポートフォリオの損失などを引き起こしていました。

しかし現代では時間指値注文によって、トレーダーはデジタル取引ツールの力を活用して非常に正確な取引を実行できるようになりました。この記事では時間指値注文に関する説明とそれが価格変動性および全体的な取引効率に及ぼすプラスの影響について説明していきます。

重要なポイント

  1. 時間指値注文とはトレーダーが取引の前提条件を設定できる非常に効果的な自動ツールであり、それぞれの時間指値注文は自動的に実行および発注されます。
  2. トレーダーは時間指値注文を使用することで人的エラーを最小限に抑えながら取引スケジュールをより効率的に自動化することが可能になります。
  3. 時間指値注文の4つの主な種類にはIOC、FOK、AON、GTC注文が含まれます。
  4. それぞれの注文種類はタイプは特定の市場および状況下においてより効果的に機能することから、まずは各注文の長所や短所について学ぶことが重要になります。

時間指値注文とは何ですか?

時間指値注文とはデジタル取引革命において最も革新的かつ不可欠なツールの1つであり、これらの時間指定注文は全て自動的に実行されるために遅延やスリッページの心配は必要ありません。また、トレーダーは様々な種類の前提条件として希望の価格や数量およびその他の取引の詳細を選択することが出来ます。

その結果として取引は全ての条件が満たされた場合にのみ実行されることから、トレーダーは望ましくない取引結果のリスクを効果的に排除することが可能になります。

Why Time-in-Force Orders are Essential

時間指値注文には多数のバリエーションがあり、それぞれの種類には様々なレベルのカスタマイズ機会および基本的な機能が備わっています。市場で最も人気のあるオプションにはイミディエイト・オア・キャンセル(IOC)フィル・オア・キル(FOK)good til cancelled order and オール・オア・ノン(AON)などが挙げられます。これらのサブタイプにはそれぞれ独自のメリットが備わっていますが、実際に使用する際には対応するトレードオフを考慮する必要があります。

取引をより強力に制御できるこれらのツール機会によって全ての取引が統合されることで、トレーダーは頻繁に変化する市場状況や不安定な資産量に翻弄されるシーンを避けることができます。

実際に健全な取引戦略は変数が変化しない場合にのみ機能することから、時間指値注文は取引執行の精度と予測可能性を実現するために作成されています。

時間指値注文の中でも最も人気のある種類

上でもすでに述べたように、高度な使いやすさと高い柔軟性により市場内で最も人気のあるオプションとしてはIOC、FOK、AON、GTC注文などが挙げられます。以下では、時間指値注文の中のこれらの各種類が持つ個々のメリットを見ていきましょう。

Main Time-in-Force subtype orders

イミディエイト・オア・キャンセル (IOC) 注文

高い成功の可能性と多様性を持つIOC注文は、トレーダーにとって非常に頼りになる選択肢となります。IOC注文には主に資産価格と資産量という2つの前提条件が備わっています。

ただし、これらの条件はIOC注文におけるソフト制限であり、特にボリュームを埋める必要はないことから価格条件はIOCのサブタイプによって異なります。以下では、トレーダーがリミット注文サブタイプを選択したと仮定します。

その際の価格条件は厳しい制限となることから、トレーダーが選択した特定の価格が正確に一致するか取引が完全にキャンセルされるかの二択となります。

成行注文が有効な期間の場合の価格はわずかに変動する可能性がありますが、問題の資産が強く需要されている際の取引は依然として成立します。当然のことながらリミット注文の方が精度が高くなりますが、成行注文の方が約定される可能性がはるかに高くなります。

ただし、資産量が部分的に履行される可能性がある場合にはIOC注文によってその取引は引き続き実行されます。このようにして、トレーダーは取引全体を失うのではなく少なくとも希望する戦略の一部を達成することが出来るのです。

フィル・オア・キル(FOK)注文

一方でFOK注文はIOC注文よりもはるかに厳格であり、この場合の価格条件と出来高条件の両方の注文全体が一致しなければすぐにキャンセルされます。

当然ですが、FOK注文には完全なボリュームという追加要件があるためにそれが受け付けられる可能性はかなり低くなります。ただし、その有用性は高い流動性を持つ外国為替や利益率の低いセクターの株式市場などでより高く評価されています。

FOK注文では取引が即座に約定またはキャンセルされることが保証されるため、トレーダーは大量の投資を同時に管理することがはるかに簡単になります。さらに、FOK注文は不採算取引を自動的にキャンセルするように設定できるために人的ミスの心配もなくなるのです。

オール・オア・ノン(AON)注文

オール・オア・ノン(AON)注文の条件はFOK注文とほぼ一緒ですが、両者には1つ大きな違いがあります。FOK注文が持つ即座実行という大きな要件の代わりに、AON注文での取引は日中アクティブなままとなって価格と数量の両方が完全に一致するものが検索されることで、取引がより尊重されて成功に繋がる可能性が高くなります。ただし、最終的に契約が締結されたとしてもその履行にはかなり長い時間がかかる可能性があります。

AON注文は公募市場を調べて一致するものがないかどうかを確認することからこれには数日、場合によっては数週間かかる場合もあります。つまりこのアプローチは価格と量を優先する個人にとっては非常に優れていますが、時間に敏感な取引に対してはあまり有益性を見出せない可能性があります。さらに場合によっては、AON注文を使用するトレーダーは特定の時間枠で有利な取引を取得する必要があることからそのような状況下では完全に一致することがありません。

グッド・ティル・キャンセル(GTC)注文

最後に、時間指定注文における最も基本的なタイプにはグッド・ティル・キャンセル(GTC)注文が挙げられます。基本的だからと言ってGTC注文には人気がなく価値がないとは言いません。それどころか、実際にGTC注文は様々な取引市場にて広く普及されています。GTC注文は概ねIOC注文と同様に機能しますが、クライアントが取引のキャンセルを決定するまでオープンの状態を保ちます。

GTC注文はそれぞれのトレーダーの好みに応じて通常30~90日ほどかかる場合があり、この期間はIOC注文を即座に実行するよりもはるかに重要であることからより長い戦略ロードマップを持つ投資家には非常に最適です。

GTC注文は投資家のポートフォリオに対する潜在的なリスクを持つ為にNYSEでの使用は認められておらず、自動執行は一時的なボラティリティの急上昇によってトリガーされる可能性があることから大きな投資の損失に繋がる可能性があります。

基本概要

それぞれのバリエーションを使用する最適なタイミングはいつですか?

上記4つの時間指定注文のサブタイプにはそれぞれに独自の使用例があることから、特定のトレーダーの好みによって異なります。ただし、全てのタイプに共通している点としてはそれら全てに幅広い用途と優先市場があるという点です。

例えば、IOC注文は株式市場やび暗号セクターで頻繁に採用されています。これらの市場ははどちらも価格に非常に敏感であるため、IOC注文では全量を配信できない可能性がありますが価格が正確に一致した場合には即時執行されるために株式や仮想通貨との相性は抜群だと言えるでしょう。

Best-Suited Markets for Each Order Type

一方で、FOK注文においてはセクターの取引量が必要不可欠であるために外国為替などの高い流動性において人気があります。取引量が適切かつ多い場合にのみ一部の通貨での取引には大きな意味がもたらされますが、そうでなければそこから利益は非常に僅かなものとなるでしょう。

AONおよびGTC注文はFOKやIOC注文の拡張および変更されたバージョンであり、これら2つを上手く取り入れることでトレーダーは好みの戦略を選択することができます。AON注文ではトレーダーが十分な量の取引を実行するより良いチャンスを得ることができるために外国為替市場において非常に優れた戦略となる可能性があります。GTC注文はIOC注文の優れた代替手段でもあり、それによってトレーダーは時間をかけてオープン注文の制限なしで取引約定のチャンスを増やすことができます。

まとめ

業界は関係なく現在では時間指定注文は取引に必要不可欠なメカニズムです。その有効性は株式市場、仮想通貨、外国為替、その他の主要な取引セクターにおいて比類のないもの言えます。

ただし、それらをうまく活用できるかどうかは特定の状況下と個人の取引戦略によって大きく異なってきます。それぞれのサブタイプは適切な取引状況下において優れた効果を発揮することから、個人のポートフォリオの収益を大きく左右するために時間指値注文のバリエーションを検討する前に必ずそれらの選択肢をじっくり検討してください。

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア