Iこの記事で

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア

VWAPインジケータが価格動向の分析に役立つ方法

記事

Reading time

分析ツール、自動取引ボット、ライブ価格更新、および即時取引を容易にする多機能プラットフォームといったモダンな取引手法が一般に利用可能になりました。

しかし、小売トレーダーの増加と市場活動の拡大により、さまざまな投資市場での競争力の基準が引き上げられています。

したがって、外国為替や暗号などの市場へのアクセスが今まで以上に容易になりましたが、成功するトレーダーになるには、市場分析を簡素化するテクニカルインジケーターの深い理解に加えて、時間と労力が必要です。

出来高加重平均価格(VWAP)は、不可欠な取引指標であり、日中取引に携わる人にとって必須のツールとして有名です 

本記事では、市場心理を正しく評価し、将来の値動きを確実に予測するためのVWAP指標の役割について説明します 

キーポイント

  1. 出来高加重平均株価(VWAP)は、値動きと資産の取引量を組み合わせた指標です。
  2. VWAPにより、トレーダーは流動性の高いゾーンの中で、割安または割高の取引可能な資産を特定することができます。
  3. VWAPは短期の指標であり、単一の日中取引期間の情報のみを提供します。
  4. VWAP 戦略で最もポピュラーなのは、この計算式とボリンジャーバンドを組み合わせ、支持線または抵抗線を特定することです。

VWAP(出来高加重平均価格)指標の説明

VWAP指標は、経験を積んだトレーダーのツールボックスの中で特別な位置を占めています。この指標を使用することで、投資家は日中取引セッション内の値動きを迅速に理解することができます 

与えられた資産の平均価格とそれに対応する取引量を使用することで、VWAPインジケーターは資産が過大購入されているか過大売りされているかを正確に示すことができます。

VWAPインジケーターは価格と取引量のデータを組み合わせ、取引活動の増減を組み込んだより文脈のある指標を作成します。その結果、トレーダーはVWAPインジケーターを使用して、高い流動性ゾーンや売買可能な資産を売買するための利益を見つけることができます。

The VWAP Indicator Visualised

VWAPと価格を重視した取引指標との比較

他のテクニカルインジケーターのほとんどは、価格指標に焦点を当て、さまざまな計算式で価格の動きを分析しています。なぜなら、価格の動きは出来高を含まないからです 

そのため、価格とボリュームの関係を測り、その資産が特定の時間枠内で売買できるほど流動性があるかどうかを判断することは不可能です 

例えば、VWAPとシンプルな移動平均の指標は似ていますが、SMA指標は価格パターンのみを分析します。SMAが平均価格との乖離を示しているとします。その場合、ロングまたはショートのポジションを取得するのが得策です 

しかし、SMAの指標では出来高を考慮しないため、値動きが現在の市場で重要であると投資家を誤解させる可能性があります。流動性の不足によって価格が変動し、不利な取引が行われる可能性もあるため、必ずしもそうとは限りません 

VWAPの計算方法

VWAPの算出方法は比較的簡単で、取引可能な資産の価格データと対応する出来高レベルが必要です。価格データは、日中の取引パターンの平均価格(典型的な価格)を計算し、最高値、最安値、終値を取り、平均価格の数字を導き出します 

そして、それぞれの出来高は、計算された平均を加重します。これは、VWAP指標の最も重要な特徴です。その結果、ユーザーは価格の動きを測定し、価格の動きが取引可能な資産に関連する活発な取引活動によって支えられているかどうかを理解することができます。

How to Calculate the VWAP formula

VWAPメトリックは、大半の主要な取引プラットフォームやデータサイトで自動的に計算できますが、手作業で計算するのは簡単です。しかし、出来高の変化が最終的な指標に大きく影響するため、数分ごとにVWAP指標を更新する必要があります 

そのため、人為的ミスが発生する可能性を排除し、自動計算に依存することをお勧めします。取引所プラットフォームや ブローカー代理店として、VWAP計算機能を内蔵し、ユーザーがこの指標に素早くアクセスして分析できるようにすることをお勧めします 

VWAP上下バンド

上述したとおり、VWAPラインは、一定期間の総出来高によって加重された平均価格を示しています。古典的な公式は単に価格チャートに沿った線ですが、トレーダーはしばしばVWAP線に上下のバンドを伴うことを好みます 

バンドはVWAP指標の求められた標準偏差として機能し、支持線と抵抗線の対応するビジュアルを示します。

How Upper and Lower Bands Work

上下のバンドは、トレード可能な資産の買われすぎと売られすぎのレベルを示すために、価格チャートに従っています。価格が上限バンドよりも急上昇した場合、その資産は買われすぎで、すぐに弱気トレンドに入る可能性が高い。下限バンドはその逆で、資産が売り越しであることを示し、おそらく強気相場に入るでしょう

VWAPインジケータは、大規模な取引執行後、取引市場への悪影響を避けたい大手金融機関によってよく使用されます。

事実

リスク管理としてのVWAPインディケータ

VWAPインジケーターの読み方についての客観的な答えはありません。すべてはあなたの特定の目標とトレーディング戦略に依存します。ただし、VWAPはいつでも市場を判断し、好みの投資戦略を実行する準備を整えるために使用できます。

サポートおよびレジスタンスレベルの分析は、VWAP分析の中で最も価値のある部分であり、市場が特定の資産を大量に売買する準備ができている時期を示しています。

上記のように、すべての価格変動が優れた投資機会を示すわけではありません。増加した流動性が変動を支持しない場合があるためです。その結果、資産は波乱のために変動し、市場の関心の増加ではなく、増加する市場の関心によって変動する可能性があります。

したがって、VWAPはしばしばトレーダーに取引のタイミングを教え、急な決定を避ける時期を教えてくれます。このように、VWAP式は非常に効果的なリスク緩和メカニズムとして機能し、投資家が低流動性ゾーンを回避し、市場が取引を実行するのに十分な流動性があるときにのみ取引できるようにします。

人気のあるVWAPトレーディング戦略

最も人気のあるVWAPトレーディング戦略は、ボリンジャーバンドを方程式に適用することですが、このメトリックと併用して移動平均線と相対強度指数を利用することが推奨されます。

もしVWAPの結果が移動平均線やRSIと似ている場合、トレーダーはVWAPメトリックの妥当性を二重または三重にチェックしています。その結果、偏ったまたは誤解を招く結果の確率が大幅に低減されます。

市場トレンドとのVWAPバンド戦略

上記のように、ボリンジャーバンドをVWAPと組み合わせて使用することは、ほとんどのプロのトレーダーが使用する優勢な戦略です。サポートとレジスタンスレベルの特定は取引の重要なタスクの1つであり、これにより投資家は将来の価格変動を予測し、ロングまたはショートポジションの取得の間で選択することができます。

Using the Bollinger Bands to Predict Price Action

経験則として、上部バンドはレジスタンスレベルを示し、資産価格の下落を示します。逆に、下部バンドはサポートレベルを示し、資産を購入する絶好の機会を提供します。

ただし、サポートレベルとレジスタンスレベルは最終的ではない場合があり、資産はさらに価値を上げたり下げたりする可能性があります。サポートレベルとレジスタンスレベルが誤解されるリスクは、VWAPが単一の一日中の期間内でのみ使用されるため、さらに高まります。

したがって、トレーダーはVWAPバンド分析に頼り切ってはいけません。VWAPで使用される短期データは、時として単純に小さすぎるからです 

最終的な要点

VWAP インジケーターは、さまざまな市場のトレーダーにとって必須のツールとなっています。流動性ゾーンのある価格行動を識別することは非常に重要であり、取引注文を出す前に常に考慮する必要があります。

しかし、VWAPはあくまで短期的な指標であり、現在進行中の価格動向を完全に把握できるとは限りません。したがって、VWAP指標を他のもっと長期的な指標と混ぜて活用し、取引市場の歪んだイメージを得るのを避けることをお勧めします 

によって

Levan Putkaradze

経験豊富なコピーライターで、金融の深い知識を持ち、わかりやすく、魅力的で価値のあるコンテンツを制作することに長けています。この分野で魅力的なコンテンツを制作することで、フィンテックと暗号の世界を解明します。すべての複雑なコンセプト、アイデア、方法論は、理解しやすくエキサイティングな方法で提示できると信じており、新しいトピックのたびにその方法を見つけることが私の仕事です。読者が汗をかかずに複雑化するアイデアを理解できるような、ターゲットとする読者にとって欠かすことのできない価値を持つコンテンツを制作することに、私は常に挑戦しています

もっと読むLinkedin

タムタはグルジア在住のコンテンツライターで、報道機関、ブロックチェーン企業、暗号ビジネス向けに世界の金融・暗号市場を5年間取材した経験を持つ。高等教育のバックグラウンドを持ち、暗号投資に個人的な関心を持つ彼女は、複雑な概念を新しい暗号投資家向けに分かりやすい情報に分解することを得意としています。タムタの文章は専門的かつ親しみやすく、読者が貴重な洞察と知識を得られることを保証しています。

もっと読むLinkedin
シェア